2014年 01月 27日

テーパー

古い竿のデータをとる機会に恵まれた。
アンティークと言うほど古くはなさそうで、かなり程度がいいので多分1900年代後半の製作じゃないかな。
英国は FARLOW'S Super Parabolic Longcast 8’7” #6-7 変則的な 2P。ガイドが小さめでシルクライン仕様。
材料の竹はフランスのペゾンから支給(?)されてるらしい。
d0287978_1140481.jpg

d0287978_1201128.jpg

以前納品したスプライスト2P のガイドを交換する事になったのだが、「こんなのがあるヨ。一緒に送るから振ってみて」と修理品と一緒にお送りいただいた。外観(シャフトの太さ)は一番最後に作ったスプライスト8’6”#6/7/8 にかなり近い。が、振ってみると全然張りが違う。何で?
d0287978_1205126.jpg
d0287978_12212535.jpg

ラインを通して見ると420gr. のスカジットヘッドが余裕で振れる。張りが強いので、ちょっと腕にくるが。でも、ちゃんとバットから曲がる。これはシルクラインで振ったら飛ぶんだろうなぁ・・・名前通り。こんなに強くなくてもイイんだけど、こういうタイプの竿が作りたかったのよ。

悔しいからデータをとらせてもらった。10年以上前にハーディーの竿を測った事があるが、それと比べるとディメンションの精度はダントツ。おかげでテーパーの全体構造が解かりやすい。グラフに起こしてみると一目瞭然。パラボリックな竿にするにはどーいうテーパーをベースにして、ここはこーしてこっちはあーして・・・とやってきたところがそのまんま見える。あー、やっぱりここ、こーやったんだとか、ここはヤングもこーやってたよねとか・・・。接着剤の種類まで特定できる。

今まで試行錯誤して積み上げてきた内容を、この竿1本が見事に証明してくれたようで、思わず笑いが出てしまった。うれしいっ! が、ひとつだけ大きな疑問が・・・・・・。どーしてこんなに張りがあるの?

思い当たるフシがふたつある。一つは「竹は裂かない」。も一つはエイジング。竹竿も寝かせる?

もう1本、削ってみよっかなっ!
[PR]

by kurirod | 2014-01-27 12:49 | 竿 | Comments(4)
Commented by a-taipe at 2014-01-29 14:39
竹は裂かない。。とは、鋸できるってことですか??
張りの違い。。。
変則的な2Pだからか?シャフトの色から焼き加減がちがう?
そもそもの竹の違い?経年変化????
やはり、まったく同じ長さ、継、テーパーで削るしか。。(笑)
Commented by kurirod at 2014-01-29 17:22 x
製作方法や張りの原因等は、見当はついてるけどナイショ。
トップセクションの強さに関してはずっと課題だったんだけど、どうやら解決できそう。さっきグルーイングが済んで、今乾燥室で接着剤の硬化待ちです。結果が待ち遠しい・・・。
Commented by a-taipe at 2014-01-29 18:02
え!?
もう、接着したんですか?!
なんという速さだ。。。
Commented by kurirod at 2014-01-30 13:00 x
あははっ、今回はせっかちとヒマがうまいことリンクしたもんで・・・。
思いついたら忘れないうちに「見える化」しとかないとねっ!


<< もう1本      ガイド・スペーシング >>