竿屋の独白

kurirod.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 29日

その後

グラスがあーだ、グラファイトがこーだ、バンブーがどーだと、世の中には色々な見解があるが所詮は“魚釣り”の道具。竿屋が言えるのは「好きなの使えば? でもそれぞれ特徴があるから適切な使い方してね」という事だけ。
ユーザーは「この調子、オレ好きかも」と思ってオーダーしてくれる(と勝手に思ってる)わけだから、入手した竿が予想を裏切らなければかなりウレシイのだと思う。
d0287978_9143010.jpg

これは群馬県渋川市のショップ、カーティス・クリークとのコラボで企画したロッド。入魂式だそうです。
d0287978_9195817.jpg

d0287978_9205321.jpg

これは Angler's Choice のブランクを使ったオーダーのロッド。ワインディングスレッドも「これで巻いて」と支給。グリップなんかこちらが予想もしなかった握り方をするというので、話を聞きながらその場で整形した。
こだわりを絵に描いて我儘の額縁にはめ込んだみたいな竿。気に入って使っていただいてるようなので私もウレシイ。

奇しくもお借りした画像はどちらも日光湯川での撮影。竿屋の楽しみは竿を作る以外、こういう話を聞くことデス。
[PR]

by kurirod | 2014-06-29 09:35 | 竿 | Comments(2)
Commented by 凡人代表 at 2014-07-02 00:21 x
おぉ~!気に入ってるよ~。
しかし・・・
もう少し大きい魚の写真も撮ればよかった・・・。ガハハ
Commented by kurirod at 2014-07-02 09:13 x
凡さんご無沙汰! 利根川は機嫌が悪いみたいね。
今度はデカいイワナでも・・・(爆)。


<< やった!      追記・テスト─3 >>