竿屋の独白

kurirod.exblog.jp
ブログトップ
2016年 08月 30日

研ぐ

去年の夏だったと思う。前橋のショップに遊びに行って使いやすそうなハサミを見つけた。
安い鋏は 4 ~ 5 個あるのだが、どれもしっくり馴染まない。多少切れ味に問題があっても、どうせ研いで使うから気にはしていないのだが、どれも指を入れるところが小さくて使いにくい(親指が人より太いだけなんだけど・・・)。奮発してゾリンゲンの刺繍鋏を使った事もあったのだが、もともと女性の指を想定して作ってあるのでゴツい男の指に合うはずも無く・・・・切れ味はさすがなんだけどねぇ。
d0287978_19531834.jpg

こいつなら太い指でも楽勝!と、即買い。DR.SLICK の RAZOR SCISSORS 。指の穴と同じくらい気に入ったのが、その構造。ネジで摺り合わせの強さが調整できて、ネジを外せば簡単に分解できる。切れ味は良く、ワインディングスレッドがスパッと切れる。先端まで同じように切れるので、ガイドを巻く時に重宝で、巻き専用で使っていた。
が、ある時指を滑らせて床に落とした。平らに落ちたのは不幸中の幸いだったが、半開きで落としたもんだから摺り合わせの部分が微妙にキズになった。よく見ないとわからないようなキズだけど、その部分は見事に切れない。鬱陶しくてしょうがないのでキズが無くなるまで研いだ。けっこう研ぎ減らしたのでそれなりの量の研ぎ返りが出たが、バフを当てて落とした。そのまま使っちゃうと悲惨なことになるからね。ハサミの場合は鉋の刃と違って摺り合わせの部分に砥石を当てるのは絶対 NG。
d0287978_20164769.jpg

分解できるタイプはこういう時にはすご~く便利。理容室や美容院でプロが使うようなハサミを作ってるメーカーから高価なヤツも出ているが、切れなくなったら研ぎに出さなきゃならないような繊細なものは向いてないみたい。
ハサミだって刃物。切れなくなったら自分で研ぐ! そのくらいのものが気楽に扱えて好きだ。
[PR]

by kurirod | 2016-08-30 20:26 | 道具 | Comments(0)


<< おいっ!      フェルール仕様 >>