竿屋の独白

kurirod.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 04日

おいっ!

先月から変な天気で、クソ暑い日が続いたかと思うと、台風が3個まとめて来たり・・・。
釣りのために遠出をする気にもならず、かと言ってヒマだから下ごしらえでもしとけばイイのにそんな気にもならず。You Tube でイギリスやアメリカのキャスティングの動画をハシゴしていたが、ついにエアコンがヘソを曲げた(どうやら 15 年目にして基盤がイカレたらしい)。PCがある 2 階は、放っとくと室温が 38 度くらいまで平気で上がるので下の作業室に避難。手持無沙汰で始めたのが長物のデモロッドの整理。初期のやつをバラしてリールシートやガイドを回収。
d0287978_214313.jpg

調子に乗ってデータをいじり直して新しいデモロッドの製作。で、できたのがこれ。
d0287978_21452896.jpg

ほぼ完成はしているが、細かいところの詰めが残っている。今日、やっと詰めが終わった。11ft. #7 が 2 本、12ft. #7/8 が1 本。11ft. の1 本はバットだけの作り直し。たまたま回収したフェルールが同じサイズだったので新規のやつと差し替えてみたりして・・・。
d0287978_21555436.jpg

別々に振ると似たようなアクションだけど、差し替えるとビミョーな違いがわかって面白い。

12ft. には手を焼いた。トップとミドルを少し強めにしたくてテーパーを起こし直したのだけど、当然バットもそれなりに強くしないとイケナイ。どの辺をどういう風に強くしたいのか、具体的なイメージがあったので、そういう構造にした。実は新規の 11ft. も同じ構造。狙いは当たったのだが、確かめる手段がはっきりしない。ラインを通してタメてみたり、素でタワタワと揺らしてみたり、実際にキャストしてみたり・・・・。で、まだちょっと強いかなと少しシェイプしてみたのだが、どうもハッキリしない。しょうがないから土・日にはキャス練に人が集まる河原まで出かけて顔馴染みに振ってもらった。そしたらナンと、シェイプの必要無かったかもというベンドカーブが見えた。
タメたりキャストしたりして出るベンドカーブと、実際にキャストしてみた感覚的なカーブではかなりズレがある。素でタワタワ揺らしてみるのが、キャスト時のカーブに一番近いかも知れない。ラインを通してタメてみるのとはだいぶ違う。
そんなこんなで四苦八苦したけれど、最終的にはガイド位置の調整でなんとか収めた。
d0287978_2224144.jpg

一度試してみた位置(マーキングのところ)からはかなりズレた。強くした分ちょっと重くなったけど、全体の調子はステップアップしたんじゃないかと思う。
[PR]

by kurirod | 2016-09-04 22:28 | 竿 | Comments(0)


<< またかよ・・・      研ぐ >>