竿屋の独白

kurirod.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 11日

またかよ・・・

また回り道しちまったぃ。
今まで仮り組みで調子を確認する時には、チノクロスを巻き付けて梱包用のフィルムで固定していたのだが、これだと振ってるうちに緩んできて具合がイマイチだった。たまたま近所のホームセンターで安い合成コルクの丸棒を見つけたので試してみた。
ただの丸棒なので、一度 13mm 厚に切って穴あけをしてから接着し、心金を通して整形した。使い回す事を考えて、汚れ止めのワックスまでかけた。見た目は悪くない。布よりシッカリしてるし・・・。

ところがどっこい。試投してみたらナンかしっくりしない。デキの良かったテーパーをさらに整理してアレンジしたのにナンか変。外して裸で振ると問題は無さそうなんだけど・・・。
d0287978_18155629.jpg

見た目がちょっと変わっているので、あわよくばそのまま本組になんて考えてたけどヤメ! 今まで通り天然コルクで削って本組みした。
d0287978_18202782.jpg

一番上のやつ。

接着剤の硬化待ちももどかしく、河原へ。ナンだよ、全然違うじゃないか!
グリップがほど良くたわんでくれて、全体の調子も予想通り。曲がって欲しいところが適度に曲がってくれて、" 竿の反発力でラインを飛ばす " というやり方を体感してキャストできる。右手で押さない、ボトムハンドを適切に使う、リリースは 1 時か 2 時くらいの角度で・・・・といったスペイキャストの基本がやりやすい。グラファイトほどスピードが無いので、アンカーを打つ時にほんの少し竿を持ち上げるという動作もタイミングがとりやすい。これだよ、これっ。
d0287978_18421226.jpg

左のやつが今回の。
Youtube で色んな動画を見たけれど、力の抜けた滑らかなキャストなのにトルクがあるきれいなループが出ているのは、それほど多くは見られない。これだったらオレでもあんなキャストができるかも、と身の程知らずに自惚れて河原を後にした。

どのスレッドで本組みしよっかな ♪

[ 追記 ]
可能性がありそうな方法や使えそうな材料を見つけると、とりあえずトライして自分で確認しないと納得できない性分なので、何かにつけて回り道が多い。ダメな時はダメな理由を確認するだけのハナシなんだけどね・・・・。つくづくメンドーな奴だと思うけど、今更どうこうする気も無い(爆)。
[PR]

by kurirod | 2016-09-11 18:55 | 竿 | Comments(0)


<< スッキリ      おいっ! >>