2016年 09月 15日

スッキリ

朝、TV の天気予報を見たら、どうやら今日は一日曇りらしい。ならば、と作りっ放しにしていたフェルール仕様の竿をまとめてライン合わせする事にして、昼前から河原に出かけた。
d0287978_19191127.jpg

こないだの台風は河原をきれいに掃除してくれて、ついでに大量の砂を運んでくれた。どこかのバカタレが残していった BBQ の残骸は跡形も無い。

改めてライン合わせをし直したのはこれ。
d0287978_19254451.jpg

もうふた月ほどかかりきりになっていた 11ft. と 12ft. のフェルール仕様。
d0287978_1928891.jpg

上から 12ft. 11ft. 12ft. 11ft. 。今回のデモロッドは下から二番目の 12ft. 以外は全部テーパーから起こし直した。既存のテーパーを整理して、ちょっと気になる部分を修正しただけなんだけど、かなり良くなっていると思う。
d0287978_19352711.jpg

こうしておかないと忘れちゃうからね。
順番に説明すると、

一番上:12ft. #7
作った順番では一番最後。使い方次第だけど 390gr. ~ 480gr. まで使える。無理なく距離を出せるのは 420gr. 。重めが好みだったら 450gr. 。480gr. は動作の切り替えのタイミングが難しくなってくるので、上級者にしかお薦めしない。
トップとミドルは今までより少し強めにしてあるので " 振りグセ " が付きにくくなっている。クセが付きにくくなっても " 投げ感 " が悪くなっては意味がないので、バットのテーパーとガイド位置で調整してある。

上から二番目:11ft. #6
トップとミドルの構造は上のヤツと同じ。330gr. ~ 420gr. の間で使える。無理なく使えるのは360gr. か 390gr. 。

上から三番目:12ft. #7/8
これは比較的バランスが良かった #8 のトップとミドルを生かしてバットを新しくしたもの。ミドルセクションの一部をシェイプして強さを調整した。バットの構造は一番上のと同じ。420gr. ~ 480gr. の間で使えるが、ノンストレスで振れるのは 450gr. 。

一番下:11ft. #6
トップとミドルは上から二番目のやつと同じで、バットの構造も基本的には同じなのだが、ちょっとアレンジしてある。適合ラインは同じ。バットの調子がビミョーに違うのだが、バットだけ交換して振ってみないと違いを感じ取るのは難しい。期待したほどの違いは出なかった。どっちがイイかはお好み次第といったところか。
d0287978_20374233.jpg

これだけのラインを竿 1 本につき 4 回ずつとっかえひっかえすると半日以上かかる・・・・。1 本仕上げたら、そのたびにデータ整理やライン合わせをしとかないとね・・・・反省。

使ったラインは RIO の Scandi Short のフローティングタイプ。太めのモノフィラをつけて使ったが、実釣ではポリリーダーを使う場合が多いと思うので、若干のズレは出てくると思う。オーバーハングの取り方でも変わってくるし、キャストの仕方でも当然変わってくるので、ひとつの目安として見てもらえるとありがたい。
[PR]

by kurirod | 2016-09-15 20:52 | 竿 | Comments(0)


<< 新規開拓      またかよ・・・ >>