竿屋の独白

kurirod.exblog.jp
ブログトップ
2016年 10月 09日

新規開拓

深谷に引っ越してきて 25 年ほどになる。東に荒川、北に利根川が流れ、利根川より少し近い荒川にはちょくちょく出かけた。当時は河原まで車を乗り入れられたので(今はダメ)、子供達が小学校低学年の頃には散歩や雑魚釣りに連れ出したり、元気だった両親を呼んでBBQをしたりしたものだ。

子供達が成長するにつれ荒川からは遠ざかり、休日にはオヤジだけが神流川の上野村に出かけるようになった。しかし、これもダム建設が始まるまで。山間の上空にパレットを下げたヘリが飛ぶようになるとウンザリ。ダムが完成すると、けっこうなサイズのヤマメが釣れた渓はほとんどがダメになり、上野村界隈は工事車両のため道路が整備され、ダムの補助金で色々な施設ができ始めてだんだん足が遠のいていった。

次に行くようになった川は利根川。隣町の熊谷でショップを見つけ、時々行くようになってポイントやら河原への下り口やらをおしえてもらってから。会社を早期退職し、竿屋になって数年が経っていた。
ちょうど 2 ハンドロッドに手を出した頃。あ~れ~か~ら~十ウン年!(きみまろ風に)。紆余曲折の末、何となく定番の練習場になったのが荒川と利根川の河原なんだけど、惜しいことにどちらも右岸。どこかにイイ左岸はないものか、と走り回って見つけたのがここ。
d0287978_11383739.jpg

d0287978_11385810.jpg

道路から河原へはコンクリートのスロープがついているが、下りるとすぐに草叢。今年の記録的な台風のせいで、雨が流れたところが車が通れるくらいの踏み跡のようになっている。しかし、本流に近づくにつれ溝が深くなってアウト。水辺までは 30m ほど。渇水になるとあと 10m くらいは遠くなりそう。
d0287978_11542921.jpg

テスト用や練習用の竿・リールはできるだけコンパクトにまとめて担がないと・・・・。

ここに下りたのは今回が初めてだけど、土曜だというのに半日居て見た人は 3 人。ロケーションは言う事無いけど、今まで行ってたところから 15 分ほど遠くなる。どうなることやら・・・。
[PR]

by kurirod | 2016-10-09 12:02 | その他 | Comments(0)


<< 復活!      スッキリ >>