2016年 12月 21日

9'6" #6

ず~っと気になっていたこいつ、やっと手をつけた。
d0287978_10244633.jpg

左から2番目のヤツ。この長さと番手では、けっこうデキがいい方なのだがトップにクセが付きやすいのが気になっていた。クセが付くのは竹竿の宿命みたいなものだと思うが、それも程度の問題。経験から判断すると、トップだけに振りグセがつくのは、他の部分と強さのバランスが良くない証明みたいなもの。特にバットとのバランス。なので、どちらかを作り直して調整する事になるのだが、大抵はトップをいじる。その方が簡単だから。
d0287978_10432732.jpg

山ほどのヤレの中から使えそうなやつを探して、修正したテーパーにシェイプする。フェルールは打たないで、メスに合わせてシャフトを削る。緩めでもビニテを巻けば問題は無い。
d0287978_10514843.jpg

トップガイドはホットグルーで固定するが、スネークガイドはアセテートテープで仮り止め。360gr.のスカンジヘッドがベストマッチだったので、その前後の重さのラインを入れて振り倒す。クセが出なければOK、出たらやり直し。今回は一発で合格。が、今度はバットをいじりたくなった。
[PR]

by kurirod | 2016-12-21 11:01 | 竿 | Comments(0)


<< 明けまして      終了しました >>