竿屋の独白

kurirod.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:釣り( 8 )


2016年 06月 12日

やっぱり楽しい

竹2本を裂いた束と、残っていた 3P 1 セット分(12ft. 用)の曲がり直しがやっと終わり、火入れをした。
真夏になってからじゃやりたくないからね。窓を全部開け、換気扇とサーキュレーターで使っている扇風機を回したんだけど、やっぱり暑かった。室温計は 30° を超えたまま。
4 時間ほどかかって 3 回火入れをしたら、終わったのは 4 時過ぎ。天気予報じゃ夜になってから雨ということで、イイ感じの曇り空。行かないては無いでしょ、すぐ出れば夕マヅメに間に合う。という訳で、矢も楯もたまらず利根川へ。
d0287978_21295886.jpg
d0287978_21302214.jpg

場所は前回釣ったのと同じ。河原まで車で入れる一番近い所。予想通りかなりの減水。ま、いいか、竿が振れれば、と思って 4 投目くらいにあっけなく手ごたえあり! ニジだけどね・・・・。前回より少し小さめで、ちょうど 30cmくらい。ライズはひとつも見えなかったが、こんな日は明るいうちからポツリポツリとヒゲナガが出る。なのでフライは迷わずこんな時用に巻いた羽化寸前のパターン(のつもり)。
d0287978_2142294.jpg

ニンフ用#10 フックにキジのセンターテイルで巻いたメイフライ風。
竿は毎度の Bizarre 10ft. #5 スプライスジョイント。ラインは不精してOPST の 200gr. に 85gr. のインタミティップ。減水してたら立ち込めば流心に届くと思ったんだけど、手前の緩いところで小手慣らしをしてたら釣れちまって拍子抜け・・・・。

ほんの 4 時間ほどだったけど、これだけイメージ通りに釣れるとたまらん。やっぱり釣りは楽しい!!
[PR]

by kurirod | 2016-06-12 21:56 | 釣り | Comments(0)
2016年 05月 25日

たまには釣りでも

このところ何かと慌ただしく、ちょっと落ち着いたら今度は連日真夏日で、竿を振りに行く気にもならなかった。
今日は久々の曇りで気温もそれほど高くなく、河原に行くには絶好の天気。で、昼から近所の利根川へ・・・・。

目的はキャス練。気が向いたらフライでも投げてみようかな、とスケベ心も忘れない、あはは・・・・。久々に2ハンドロッドをつないだ。なんとなく振り方がぎこちない。フェルールのやスプライスのやつを4本ほど組み立てて、まずは感覚を取り戻す。流れの感じはイイんだけど、こんな昼間っからライズなんてある訳も無く・・・。まして河原まで車で入れるところだし。
スカンジヘッドにポリリーダーという組み合わせでライン合わせをするつもりだったんだけど、なかなか思うようにならない。飽きてきたのでフライをつけて気分だけでも魚釣り・・・だったのだけど。
d0287978_1839716.jpg

釣っちまった。目の前でライズなんかするから。
竿:Bizarre 10’ #5 3P スプライス。ライン:Scandi Short 270gr. に 10’ のインタミポリリーダー。
時間は 16 時頃。ライズはこれひとつだけ。雲行きが怪しくなってきたのでさっさと帰ってきた。

30センチくらいのニジ。尾びれはきれいに丸いが丸々と太っていて色は銀色。きっと上から落ちてきたヤツだろう。ライトタックルだとけっこう楽しめる。流心からは外れたところで掛けたけど、流心にはオネエサンクラスのやつが居るはず。滅多にライズはしないけど。そのうち挑戦してみるかな・・・・。
[PR]

by kurirod | 2016-05-25 18:48 | 釣り | Comments(0)
2016年 03月 22日

ズルッ

仕事が一段落ついたので竿を振りに利根川へ。竿振りはもう 2 週間以上ご無沙汰している。
最近テストでヤーンを投げてる所、流れの具合がそそるので、そのうちちゃんとフライを投げてみようと思っていた。今日はいろいろ都合が良かったのでネオプレーンのチェストハイを持って行った。

いつもは長靴でくるぶしくらいまで入ってフローティングのヘッドを投げる。今日はシンクティップで流芯狙いなので太ももくらいまで立ち込もうとしたら・・・・ずいぶん浅い。が、10mくらい入ったところで急に深くなりはじめた。流芯まで25mくらい。楽勝!と思ったら届かない。使い慣れないシンクティップなんか入れたもんだからタイミングがとれない。ランニングラインはモノフィラじゃないから抵抗が大きくて、飛んでったヘッドが引っ張られて落ちる。ダメだこりゃ、とモタモタしてたら根掛かり。ゆっくり竿を上げると動く。ゴミか・・・引きずり上げて外そうと岸に向かって歩き出すと・・・・あれ、動いてる? ラインをたぐると寄ってくる。背中が見えた。コイ?それにしても・・・。なんだこいつかっ!
d0287978_1971018.jpg

[PR]

by kurirod | 2016-03-22 19:04 | 釣り | Comments(0)
2015年 07月 20日

釣果報告

群馬の知り合いというか、友人というか、当工房のサポーター(勝手にそう思ってる)というか・・・・、元トーナメントチャンプ。そんな方からいただきました。写真はめったに撮らないそうですが、ケータイの写真だけどと言って送ってくださいました。
d0287978_2049616.jpg

ラインはSAの九頭竜スペシャル 400gr. だそうです。竿はスペイロッドの 13ft. #8 。この竿 DTX の#9/10でも使えます。
分身なんて大袈裟なことは言わないけど、自分の手で作った道具で楽しんでもらえるのは、やはり嬉しい。
[PR]

by kurirod | 2015-07-20 21:01 | 釣り | Comments(0)
2015年 07月 02日

尺!

久々に羨ましい画像をいただきました。大阪在住のオーナーから、北陸の川で掛けた尺モノです。
シングルハンドでこのサイズだったら、かなり楽しめたんでしょうね・・・い~なぁ~。
d0287978_10172782.jpg

あれ?グリップの先に濃い色のラッピングが・・・。どうやらオーナーがご自分でフックキーパーを巻いたようです。うまいもんですね。そういえばこの方ロッドビルディングもすると言ってたなぁ。
d0287978_10174774.jpg

このフックキーパー、使う人とまったく使わない人がいる。使わない人はリーダーをリールに掛けて折り返し、ストリッピングかその上のスネークにフライを掛ける。メリットは、必要な長さのラインをすぐに引き出せること。気をつけなければいけないのは、リールにまわしたリーダーが外れてフライがどっかに行っちゃわないようにすること。ま、どうやっても大した違いは無いと思うのだが・・・。
道具として竿を見た場合には、キーパーが付いてる方が親切なんだろうね、きっと。
[PR]

by kurirod | 2015-07-02 10:43 | 釣り | Comments(0)
2015年 04月 15日

釣果報告

昨年末、納品したスペイロッド 14ft.#10 のオーナーから釣果報告をいただきました。

d0287978_12204973.jpg

竹竿でサクラを釣りたいということでオーダーをいただいたのが11月頃だから、半年くらいで望みをかなえた訳だ。羨ましい・・・。
竿はこれ。

d0287978_1234465.jpg

当工房で一番長くて強いモデル。グリップの形とリールシートのスペーサー、スレッドの色などはオーナーのご指定。サクラを掛けた川の名前や使ったフライ、ラインシステムなどは一切わからないが、とにもかくにも1匹。めでたいっ!竿屋も嬉しいっ!

[ 追記 ]
どうやらオーナーがブログを読まれたらしく、メールをいただきました。

ライン : スコットマッケンジーDTX56フィート、インターチェンジャブルtype3ティップ
フライ : スペイフック#7にオレンジ、ブラックのバックテイルストリーマー
その他 : 最上川、56センチ、4月12日

という事でした。ご連絡いただき、ありがとうございました。
[PR]

by kurirod | 2015-04-15 13:10 | 釣り | Comments(0)
2013年 06月 11日

釣果報告

PCのフォルダーを整理してたらこんな画像が出てきました。お客様が送ってくれた、おろしたての竿の1匹目です。
d0287978_18391847.jpg

d0287978_1840327.jpg

d0287978_18401333.jpg

[PR]

by kurirod | 2013-06-11 18:42 | 釣り | Comments(0)
2013年 05月 14日

利根川

おととい気晴らしに利根川に行った。川までの時間を計ったらよく行く荒川の河原より10分近く早い。が、河原まで車を乗り入れられないという難点がある。堤防の内側で畑ができるくらい泥が多いし・・・。
GWのリベンジというワケではない。そんなことを考えていたら行く気がなくなる。たまたま曇天で気温が少し高かったので「今日はどうかな?」というくらいのつもり。運が良ければ釣れるでしょ。なんたってこの広さ。
d0287978_983341.jpg

午後ゆっくり出て、明るいうちは12ft.のスカジットロッドを振りまわし、暗くなりはじめたら9ft.のシングルハンドでドライフライを流す。あらかじめフライをセットしておくのだが、この前ヒゲナガがけっこう飛んでたので#12のヒゲナガを結んでおいたら、おサカナさんはどうやらイマージャーを食されている様子。で、またボーズ。

結果はボーズでも、ちゃんとフライをつけて竿を振ったので少し気分が良くなった。だからというのではないが、なんとなく気になりつつも、なんとなく手をつけていなかったブランクを組んだ。
d0287978_985559.jpg

上が6’6”#3、下が6'9"#3のスウェルバット。長さと番手は確認できるのだが、どのデータで作ったのか不明なのでアウトレットに出しました。詳しい仕様も出ているのでご覧下さい。ミディアムアクションだけどけっこうシャキッとしてます。同様のブランクが2本出てきたが、こいつらもアウトレットかな~。
多分後者はAngler's Choiceのテーパーを組む時に使ったテストロッドだと思うが・・・。
[PR]

by kurirod | 2013-05-14 21:47 | 釣り | Comments(0)