カテゴリ:竿( 115 )


2017年 04月 21日

続・13ft.

5~6年前に組んだ 13ft. をテーパーから起こし直して組んだことは、前回アップした通りなんだけど、これには続きが・・・。
本組みしてライン合わせをしたら重いっ! 想像してたのをはるかに上回る重さ。その上強い。540gr. のスカンジヘッド(ショート)が楽勝で振れる。犀川あたりに通うんならともかく、利根川ではここまでの竿を使う事は無いと思う。最大の弱点は、重くて1日中使い続けるのは無理ということ。
なので、も少しライトなやつを作り直した。当然、気になった部分は全部修正。
d0287978_20312659.jpg

昔のやつと比べると、かなりバットが細くなってるがお分かりいただけるだろうか?
d0287978_2045644.jpg

データ上は全体に約 0.1mm 細くして、バットのテーパーを少しいじった。見た目ではどこが違うのかわからない。明らかに違うのは、持ち重りを軽減するためにアッパーグリップをコルク 3 個分長くしたところくらい。
d0287978_20513743.jpg

読みは大当たり。最初のが #7/8/9 くらいだったのが #6/7/8 くらいになって、バットのテーパーを工夫したので " 投げ感 " が良くなった。キッチンスケールで計ってみたら、1本目は約 396g 、2 本目は約 366g だった。グリップを長くしたので振った時の感じが 30g 以上差があるような気がする。 ちゃんとスペイキャストができれば、多分 1日中通しで使えそう。利根川でもオーバースペックにはならないと思う。
d0287978_2110134.jpg

また 1 本 " お気に入り " が増えたかも。
ご希望があればラインを通して振っていただけます。ご連絡ください。

[ 追記 ]
2 本目、かなりイイ出来! ベンディングカーブはスムーズだし、" 投げ感 " イイし、簡単に距離が稼げるし・・・。フェルールの首のバーニッシュに出るクラックがかなり少ない。ということは、シャフトにかかる負荷がちゃんと分散されてるというのを証明してるようなものだ。けっこうブン回したけど見て確認できるほどのクセはほとんどつかない。使ったラインがスカンジのショートタイプなんだけど、ノーマルタイプの方が合うようだ。460~510gr. で無理なく使える。番手表示は#7/8かなぁ・・・。個人的には 480gr. で軽快楽ちんに使いたい。
[PR]

by kurirod | 2017-04-21 21:13 | 竿 | Comments(0)
2017年 04月 10日

新作 13ft.

色々あってココロがちょっと風邪気味だったのだが、やっと回復のきざし。
で、手慣らしに 13ft. のやり直し。ずいぶん前に組んではあったのだがどこか気に入らなくて、そのうちいじり直そうと思っていた。今回はグラフからテーパーを見直して丁寧に修正した。ちょっと頭が重い気もするが、スペイロッドのトップは強いに越したことはないと思う。こんな感じ。
d0287978_17255426.jpg

どうも下半身が強めになる傾向があるようなので、上半身の強さを気にしながらテーパー起こしをした。長さのわりにはシャンとしてるようだ。
d0287978_1730343.jpg

ベースになってるのは昔々の #8/9 なので、#7/8 くらいの強さにしたかったのだが・・・・。
d0287978_17333495.jpg

バットセクションのガイド位置を探りながらライン合わせをしたら、下半身をかなりシェイプアップしたにもかかわらず、充分な強さがあったのにはちょっと驚いた。キャスティングが " なんちゃってスペイ " を卒業しつつあるので、そのへんも影響してるのか・・・? (前のやつ、どれだけ強かったんだヨ。)ライン合わせに使ったのはスカンジナビアンのショートとノーマル。今回は DTX の #7/8(8/9?)も。400 ~ 540gr. の間で使えるが、 450 ~ 510gr. あたりが使いやすそう。
気になる曲がり方をする箇所は無かった。
[PR]

by kurirod | 2017-04-10 18:22 | 竿 | Comments(0)
2017年 02月 19日

10ft. #5/6/7 プロダクトモデル

しつこくいじくり回していた 10ft. 3P の 2 ハンドロッドがようやく完成した。
360gr. のスカンジ・ショートで使えるように調整して本組みまでしたのだが、なんか納得しきれなくて結局再調整した。

で、またライン合わせ。もちろん " 振り感 " も含めてのテストな訳だけど。
個人的な好みと言われればそれまでだけど、スピードは無くてもトルクのあるループが作れるような竿を竹で作りたい。ラインが力強くガイドを滑っていくあの感触が、何とも言えず気持イイ。
思い通りにフライを流せて魚を掛けられたら、もう言う事は無い。

360gr. にこだわっていたので、どこかイメージしてたのと違う感覚をキャスティングのせいだと勘違いしたらしい。試しに入れた 390gr. の方がイメージに近い。それじゃあ、と 420gr. を入れたら・・・これこれっ! やっと腑に落ちた。調子に乗って 450gr. を入れたら、さすがにこれはかったるかった。
d0287978_18163277.jpg

下のが今回の 10ft. 。上はベースにした 11ft. 。テーパーデザインが共通なので同じような調子で、そのままプロダクトモデルにするつもりだ。振り方を加減すれば、使えるラインはかなり幅があるので、番手指定は #5/6/7 。

気分がイイので、次は 13ft. に再挑戦するつもりだ。
[PR]

by kurirod | 2017-02-19 19:00 | 竿 | Comments(0)
2017年 02月 16日

10ft. #?

竹 4 本分のクセ取りがやっと終わって下ごしらえのストックができた。
d0287978_20241371.jpg

3P 用のが 4 セット分、2P 用のが 6 セット分。3P 用のはデモロッドにする割合の方が多い(何をやってんだか・・・)。火入れまで済ませておくと納期が大幅に短縮できる。注文したら早く届いて欲しいでしょ?
今回は 10ft. の 2 ハンドロッドをフェルール仕様で作るという目的があったので、下ごしらえはそれほど苦にはならなかった(それでもこの作業はキライだ)。で、早速取り掛かった。思うところがあって、テーパーから起こし直した。ベースにしたのは 11ft. #6/7 。10ft. は#5/6くらいにするつもりで、ありったけの経験を総動員した。できたのがこれ。
d0287978_20444755.jpg

小雨が降るのにガイド位置の確認とライン合わせのために河原に行った。我ながら「アホか」と突込みたくなる。雨天決行のかいあって(?)アクションについてはほぼ想定通りの仕上がり。一か所気に喰わないところがあったけど、ガイドで調整できる程度だったので良しとする。全体に張りのある感じでパワフル。スペイロッドにしては強すぎるくらい。

気を良くしてすぐに本組み。ワインディングスレッドは好みのガーネット。バーニッシュの硬化をジリジリして待ち、実用強度に達しているのを確認すると河原に行って再びライン合わせ。キャスティングってその時々で微妙に変わるから、しつこいくらい繰り返して確認する必要がある。適合ラインもテストの時の調子で重めになったり軽めになったりする。
半月ほどのブランクの後で練習すると、やたらに力んじゃったりすることはよくある。今回も、どうやらやっちゃったみたい・・・。

何となく気にはなってたんだけど、テーパーを変えたせいだと思ってた・・・違うみたい。
300~390gr. のレンジで使えるのはほぼ予想通り。しかし、360gr. がオーバーヘッドで投げられちゃう???
アンカーを打つキャスティングは竿全体が曲がってくれる方が、キャストでも無理が無く距離も出る。他にもいくつか条件はあるが、これが最大の特徴だと思う。しかし、キャスティングのクセは千差万別、ラインの重さの好みも十人十色。つまり、幅があって「絶対これ!」というのが言いにくい訳で・・・。
これはこれでイイんだろうけどと思いつつも、自分に言い訳したって始まんねえだろとツッコミを入れて、結局やり直すことにした。
あ~~ぁ。
d0287978_21483598.jpg

d0287978_21485999.jpg

[PR]

by kurirod | 2017-02-16 21:49 | 竿 | Comments(0)
2017年 01月 12日

続・9'6" #6

年末からいじり始めた 9'6"#6 。シャフトはできたのに発注したフェルールが来ない。クリスマスと年始がぶつかるので、届くまで 2 週間ほどかかるというメールが入った。しからばヒマ潰しに、と竹を 4 本裂いた。
d0287978_15254276.jpg

裂いた竹は伸ばしたり火入れをしたりの下ごしらえを済ませてストックしておくのだが、この下ごしらえが一番嫌いな作業。裂くのはまだイイが、クセ取りと節の処理は面白くない。これだけあると 10 日はかかる。で、グズグズしてたらフェルールが届いたので、渡りに船とばかりに組み立てを始めた。
d0287978_15382426.jpg

d0287978_1539181.jpg

ストリッピングの位置は毎回迷うが、何とか決めた。仮り止めしてキャストを繰り返しながら 10mm刻みでずらしていくとノリのいいところがあって、そこが一番楽にキャストできる位置になる。が、シャフトのテーパーとの関係で、必ずしもそこがベストの位置とは限らない。キャストのし方は十人十色、アクションの好みも然り。" フツーの竿 " を作るのってけっこう難しい。
あータラこータラいじくり回してまとめたのがこれ。
d0287978_15545867.jpg

竿は、先っぽに重りをぶら下げるのと、ラインを通して先端を固定するのと、キャストしてる時では曲がり方が違う。これは魚を掛けた時に一番近い曲がり方だと思う。

やっとガイドの位置が決まってあとは仕上げるだけというところで、予報通りの強風が吹き始めたので七五三もどきの「記念写真」を撮って早々に河原から退散した。
d0287978_1675154.jpg

上から 9’6”・10’・11’・12’ 。#6 ~ #7 。2 ハンドロッドは #5 ~ #9 までのラインナップだけど、たまたま連れてったのを並べたらこうなった。
興味のある方はお問い合わせください。
[PR]

by kurirod | 2017-01-12 16:15 | 竿 | Comments(0)
2017年 01月 02日

明けまして

       新年 明けましておめでとうございます
d0287978_1828162.jpg

昨年末からいじり始めた 9'6" 3P #6 もいよいよ本組みに入りました。かなりイイできになりそうです。
昨年はHPの内容も編集し直さなければと思いつつ、ついに手付かずのままでした。今年はなんとかしたいと思うのですが、2ハンドロッドが面白くて・・・。

ま、何はともあれ本年もよろしくお願いいたします。
[PR]

by kurirod | 2017-01-02 18:45 | 竿 | Comments(0)
2016年 12月 21日

9'6" #6

ず~っと気になっていたこいつ、やっと手をつけた。
d0287978_10244633.jpg

左から2番目のヤツ。この長さと番手では、けっこうデキがいい方なのだがトップにクセが付きやすいのが気になっていた。クセが付くのは竹竿の宿命みたいなものだと思うが、それも程度の問題。経験から判断すると、トップだけに振りグセがつくのは、他の部分と強さのバランスが良くない証明みたいなもの。特にバットとのバランス。なので、どちらかを作り直して調整する事になるのだが、大抵はトップをいじる。その方が簡単だから。
d0287978_10432732.jpg

山ほどのヤレの中から使えそうなやつを探して、修正したテーパーにシェイプする。フェルールは打たないで、メスに合わせてシャフトを削る。緩めでもビニテを巻けば問題は無い。
d0287978_10514843.jpg

トップガイドはホットグルーで固定するが、スネークガイドはアセテートテープで仮り止め。360gr.のスカンジヘッドがベストマッチだったので、その前後の重さのラインを入れて振り倒す。クセが出なければOK、出たらやり直し。今回は一発で合格。が、今度はバットをいじりたくなった。
[PR]

by kurirod | 2016-12-21 11:01 | 竿 | Comments(0)
2016年 09月 15日

スッキリ

朝、TV の天気予報を見たら、どうやら今日は一日曇りらしい。ならば、と作りっ放しにしていたフェルール仕様の竿をまとめてライン合わせする事にして、昼前から河原に出かけた。
d0287978_19191127.jpg

こないだの台風は河原をきれいに掃除してくれて、ついでに大量の砂を運んでくれた。どこかのバカタレが残していった BBQ の残骸は跡形も無い。

改めてライン合わせをし直したのはこれ。
d0287978_19254451.jpg

もうふた月ほどかかりきりになっていた 11ft. と 12ft. のフェルール仕様。
d0287978_1928891.jpg

上から 12ft. 11ft. 12ft. 11ft. 。今回のデモロッドは下から二番目の 12ft. 以外は全部テーパーから起こし直した。既存のテーパーを整理して、ちょっと気になる部分を修正しただけなんだけど、かなり良くなっていると思う。
d0287978_19352711.jpg

こうしておかないと忘れちゃうからね。
順番に説明すると、

一番上:12ft. #7
作った順番では一番最後。使い方次第だけど 390gr. ~ 480gr. まで使える。無理なく距離を出せるのは 420gr. 。重めが好みだったら 450gr. 。480gr. は動作の切り替えのタイミングが難しくなってくるので、上級者にしかお薦めしない。
トップとミドルは今までより少し強めにしてあるので " 振りグセ " が付きにくくなっている。クセが付きにくくなっても " 投げ感 " が悪くなっては意味がないので、バットのテーパーとガイド位置で調整してある。

上から二番目:11ft. #6
トップとミドルの構造は上のヤツと同じ。330gr. ~ 420gr. の間で使える。無理なく使えるのは360gr. か 390gr. 。

上から三番目:12ft. #7/8
これは比較的バランスが良かった #8 のトップとミドルを生かしてバットを新しくしたもの。ミドルセクションの一部をシェイプして強さを調整した。バットの構造は一番上のと同じ。420gr. ~ 480gr. の間で使えるが、ノンストレスで振れるのは 450gr. 。

一番下:11ft. #6
トップとミドルは上から二番目のやつと同じで、バットの構造も基本的には同じなのだが、ちょっとアレンジしてある。適合ラインは同じ。バットの調子がビミョーに違うのだが、バットだけ交換して振ってみないと違いを感じ取るのは難しい。期待したほどの違いは出なかった。どっちがイイかはお好み次第といったところか。
d0287978_20374233.jpg

これだけのラインを竿 1 本につき 4 回ずつとっかえひっかえすると半日以上かかる・・・・。1 本仕上げたら、そのたびにデータ整理やライン合わせをしとかないとね・・・・反省。

使ったラインは RIO の Scandi Short のフローティングタイプ。太めのモノフィラをつけて使ったが、実釣ではポリリーダーを使う場合が多いと思うので、若干のズレは出てくると思う。オーバーハングの取り方でも変わってくるし、キャストの仕方でも当然変わってくるので、ひとつの目安として見てもらえるとありがたい。
[PR]

by kurirod | 2016-09-15 20:52 | 竿 | Comments(0)
2016年 09月 11日

またかよ・・・

また回り道しちまったぃ。
今まで仮り組みで調子を確認する時には、チノクロスを巻き付けて梱包用のフィルムで固定していたのだが、これだと振ってるうちに緩んできて具合がイマイチだった。たまたま近所のホームセンターで安い合成コルクの丸棒を見つけたので試してみた。
ただの丸棒なので、一度 13mm 厚に切って穴あけをしてから接着し、心金を通して整形した。使い回す事を考えて、汚れ止めのワックスまでかけた。見た目は悪くない。布よりシッカリしてるし・・・。

ところがどっこい。試投してみたらナンかしっくりしない。デキの良かったテーパーをさらに整理してアレンジしたのにナンか変。外して裸で振ると問題は無さそうなんだけど・・・。
d0287978_18155629.jpg

見た目がちょっと変わっているので、あわよくばそのまま本組になんて考えてたけどヤメ! 今まで通り天然コルクで削って本組みした。
d0287978_18202782.jpg

一番上のやつ。

接着剤の硬化待ちももどかしく、河原へ。ナンだよ、全然違うじゃないか!
グリップがほど良くたわんでくれて、全体の調子も予想通り。曲がって欲しいところが適度に曲がってくれて、" 竿の反発力でラインを飛ばす " というやり方を体感してキャストできる。右手で押さない、ボトムハンドを適切に使う、リリースは 1 時か 2 時くらいの角度で・・・・といったスペイキャストの基本がやりやすい。グラファイトほどスピードが無いので、アンカーを打つ時にほんの少し竿を持ち上げるという動作もタイミングがとりやすい。これだよ、これっ。
d0287978_18421226.jpg

左のやつが今回の。
Youtube で色んな動画を見たけれど、力の抜けた滑らかなキャストなのにトルクがあるきれいなループが出ているのは、それほど多くは見られない。これだったらオレでもあんなキャストができるかも、と身の程知らずに自惚れて河原を後にした。

どのスレッドで本組みしよっかな ♪

[ 追記 ]
可能性がありそうな方法や使えそうな材料を見つけると、とりあえずトライして自分で確認しないと納得できない性分なので、何かにつけて回り道が多い。ダメな時はダメな理由を確認するだけのハナシなんだけどね・・・・。つくづくメンドーな奴だと思うけど、今更どうこうする気も無い(爆)。
[PR]

by kurirod | 2016-09-11 18:55 | 竿 | Comments(0)
2016年 09月 04日

おいっ!

先月から変な天気で、クソ暑い日が続いたかと思うと、台風が3個まとめて来たり・・・。
釣りのために遠出をする気にもならず、かと言ってヒマだから下ごしらえでもしとけばイイのにそんな気にもならず。You Tube でイギリスやアメリカのキャスティングの動画をハシゴしていたが、ついにエアコンがヘソを曲げた(どうやら 15 年目にして基盤がイカレたらしい)。PCがある 2 階は、放っとくと室温が 38 度くらいまで平気で上がるので下の作業室に避難。手持無沙汰で始めたのが長物のデモロッドの整理。初期のやつをバラしてリールシートやガイドを回収。
d0287978_214313.jpg

調子に乗ってデータをいじり直して新しいデモロッドの製作。で、できたのがこれ。
d0287978_21452896.jpg

ほぼ完成はしているが、細かいところの詰めが残っている。今日、やっと詰めが終わった。11ft. #7 が 2 本、12ft. #7/8 が1 本。11ft. の1 本はバットだけの作り直し。たまたま回収したフェルールが同じサイズだったので新規のやつと差し替えてみたりして・・・。
d0287978_21555436.jpg

別々に振ると似たようなアクションだけど、差し替えるとビミョーな違いがわかって面白い。

12ft. には手を焼いた。トップとミドルを少し強めにしたくてテーパーを起こし直したのだけど、当然バットもそれなりに強くしないとイケナイ。どの辺をどういう風に強くしたいのか、具体的なイメージがあったので、そういう構造にした。実は新規の 11ft. も同じ構造。狙いは当たったのだが、確かめる手段がはっきりしない。ラインを通してタメてみたり、素でタワタワと揺らしてみたり、実際にキャストしてみたり・・・・。で、まだちょっと強いかなと少しシェイプしてみたのだが、どうもハッキリしない。しょうがないから土・日にはキャス練に人が集まる河原まで出かけて顔馴染みに振ってもらった。そしたらナンと、シェイプの必要無かったかもというベンドカーブが見えた。
タメたりキャストしたりして出るベンドカーブと、実際にキャストしてみた感覚的なカーブではかなりズレがある。素でタワタワ揺らしてみるのが、キャスト時のカーブに一番近いかも知れない。ラインを通してタメてみるのとはだいぶ違う。
そんなこんなで四苦八苦したけれど、最終的にはガイド位置の調整でなんとか収めた。
d0287978_2224144.jpg

一度試してみた位置(マーキングのところ)からはかなりズレた。強くした分ちょっと重くなったけど、全体の調子はステップアップしたんじゃないかと思う。
[PR]

by kurirod | 2016-09-04 22:28 | 竿 | Comments(0)