カテゴリ:その他( 50 )


2017年 03月 14日

思えば遠くに・・・

深谷市内にある工房は、利根川と荒川が近い。ちょっと荒川寄り。
川の規模は利根の方が圧倒的に大きいので「ちょっと河原へ」と行くところは、利根では完全に中流域で荒川だと上流域の下部になる。水質やロケーションの良さは文句なしに荒川。利根は汚いが、それでも鮭やサクラが遡上したりヤマメやニジが居たりする。なので、竿のテストやキャス練は荒川、釣りは利根川と使い分けている。

河原で知り合ったトーナメンターの石材屋さんが「練習するならイイ所があるよ」と玉淀河原をおしえてくれた(いつもは玉淀大橋のあたりで、玉淀河原はその 1km ほど上流)。左岸から投げられるというので何度か探しに行ったのだが見つけられなかった。Yahooの地図検索でも河原に出る道が分からなかったのだが、ゲタ代わりに使っていた 17 歳の軽を新しい中古(ん?)にして最新版のナビを付けたら 1 発で行けた。ここ。
d0287978_11101099.jpg

d0287978_11103544.jpg

d0287978_11105974.jpg

竿を振っていると寄居町役場の軽トラが下りてきて、暫くするとわらわらと車が集まり人が下りてきて河原の清掃を始めた。竿を置いて役場のおっちゃんに話を聞くと、どうやら玉淀ダムができて川が死んでしまったらしい。減水は自然のものではない。
振り返って河原全体を眺めてみると妙なデジャブが・・・。河原に下りる道がどこかで見たような気がする。
d0287978_11291349.jpg

d0287978_11293158.jpg

さらに役場のおっちゃんから話を聞くとデジャブが確かな記憶となって甦った。ここ、来たことある! もともと、この玉淀河原と上流の長瀞は都心に近い行楽地だった。あと多摩川の上流。もう半世紀以上前になるが(!!)新宿区の端に居た頃、夏休みに何度か連れてきてもらってる。道の両脇にある玉石の石積みは、賑やかだった頃軒を連ねていた土産物屋や食事処の痕跡。上の方に見える 3 階建ての四角い建物は、当時は景勝地を見下ろす旅館だった。今は放置されているようだが。
川に向かって突き出た何本かの頑丈な出っ張りは船着き場だ。こんな物でも見つけなきゃ気が付くまでにちょっと時間がかかる。
d0287978_11503043.jpg

よく見れば、はるか対岸にも同じ構造物がいくつか見える。おぼろげな記憶では、夏には都内や近郊から涼を求める人で賑わっていたような・・・・・。今は長瀞だけになっちゃったけど。

川で竿を振ってると漁協が来たりしてメンドーなので、そのへんを役場のおっちゃんに確認すると、川が死んでから漁協も自然消滅したとか。それでも鮎は成魚放流しているので、季節によってはちょっとウルサくなるらしい。清掃作業をしていたかなり年配のおっちゃんの話では、数年前に倅がルアーで 60cm くらいの幅広イワナを上げたんだとか。細々とではあるけれどヤマメの遡上もあるらしい。「鯉とブラックバスなら沢山いるよ」だってさ。

子供の頃、オフクロが作った弁当を持って家族でバスと電車を乗り継ぎ、 2 時間以上かかって川遊びに来てた所が、今は車で 30 分だ。すっかり様子は変わっちゃったけど、ジジーになってまたここで " 川遊び " をするなんて想像もできなかった。玉淀の駅は今でもこじんまりと現役だ。
d0287978_12282740.jpg

[PR]

by kurirod | 2017-03-14 12:28 | その他 | Comments(0)
2016年 10月 31日

便利、か?

ロッドケースが十数年ぶりに復活したので、早速活用することにした。
d0287978_1110198.jpg

工房の玄関先に置いてある2ハンド・デモロッドの収納。今まではタオルケットを縫い合わせたこれ ↓ を使っていた。
長さが足りないので 12’ までのはこれに入れ、13’ と14’ は一緒に立て掛けただけ。で、よく使う竿は出しっ放し。
d0287978_1194585.jpg

ところが、見た目は片付いた感じでイイんだけど案外不便。
見た目ガサッと立て掛けただけの方がず~~っと便利なのだ! キャス練に行く時、連れてく竿を選んで持ってくんだけど、きっちり整理しちゃうと一々蓋を開けて中を覗かなきゃいけない。だらしが無いように見えるけど、あらかじめ使いそうなやつを別にしといて、出がけにこれとこれと・・・って選ぶ方がよっぽど便利。あ、たまにはこいつも、なんて事もあるのにケースに入れちゃうと、当たり前だけど中身が見えないのでそういうことができない。結果、河原に出てから、あれも持ってくれば良かったなんてことが増えたような気がする。
整理整頓された印象があってイイんだけど・・・戻そうかなぁ・・・。
[PR]

by kurirod | 2016-10-31 11:37 | その他 | Comments(0)
2016年 10月 18日

復活!

こいつを買ったのはずいぶん前になる(10年以上)。長さを調節してロックできるようになっているのだが、ロックの部分がプラスチックで常にテンションがかかっている状態なので、倒れると簡単に壊れた。
d0287978_17113253.jpg

何回か展示会に持って行ったのだけど、一応長さを固定できるようにはして工房での保管用になった。
d0287978_1716059.jpg

d0287978_17183613.jpg

自分で言うのもナンだけど、よくやったよなぁ・・・こんなこと。

最近になって誰かがシェアした FB の記事で、数量限定だけどパーツの別売りをしているのを知った。迷わず購入。パーツは頭とケツとロック機構の部分のセットなんだけど、使うのはロック機構の部分だけ。作業は簡単。交換する部分を切り落として、新しいやつをかぶせて接着するだけ。たった5分の作業で十数年ぶりに生き返った。しかし、何で今頃? 廃盤になって何年も経っているのに。

とまれ、完全に機能を回復できたので、今度は2ハンドのデモロッドでも入れようか。スプライスやフェルールのやつ、けっこう作っちゃったのよね・・・・。
[PR]

by kurirod | 2016-10-18 17:34 | その他 | Comments(2)
2016年 10月 09日

新規開拓

深谷に引っ越してきて 25 年ほどになる。東に荒川、北に利根川が流れ、利根川より少し近い荒川にはちょくちょく出かけた。当時は河原まで車を乗り入れられたので(今はダメ)、子供達が小学校低学年の頃には散歩や雑魚釣りに連れ出したり、元気だった両親を呼んでBBQをしたりしたものだ。

子供達が成長するにつれ荒川からは遠ざかり、休日にはオヤジだけが神流川の上野村に出かけるようになった。しかし、これもダム建設が始まるまで。山間の上空にパレットを下げたヘリが飛ぶようになるとウンザリ。ダムが完成すると、けっこうなサイズのヤマメが釣れた渓はほとんどがダメになり、上野村界隈は工事車両のため道路が整備され、ダムの補助金で色々な施設ができ始めてだんだん足が遠のいていった。

次に行くようになった川は利根川。隣町の熊谷でショップを見つけ、時々行くようになってポイントやら河原への下り口やらをおしえてもらってから。会社を早期退職し、竿屋になって数年が経っていた。
ちょうど 2 ハンドロッドに手を出した頃。あ~れ~か~ら~十ウン年!(きみまろ風に)。紆余曲折の末、何となく定番の練習場になったのが荒川と利根川の河原なんだけど、惜しいことにどちらも右岸。どこかにイイ左岸はないものか、と走り回って見つけたのがここ。
d0287978_11383739.jpg

d0287978_11385810.jpg

道路から河原へはコンクリートのスロープがついているが、下りるとすぐに草叢。今年の記録的な台風のせいで、雨が流れたところが車が通れるくらいの踏み跡のようになっている。しかし、本流に近づくにつれ溝が深くなってアウト。水辺までは 30m ほど。渇水になるとあと 10m くらいは遠くなりそう。
d0287978_11542921.jpg

テスト用や練習用の竿・リールはできるだけコンパクトにまとめて担がないと・・・・。

ここに下りたのは今回が初めてだけど、土曜だというのに半日居て見た人は 3 人。ロケーションは言う事無いけど、今まで行ってたところから 15 分ほど遠くなる。どうなることやら・・・。
[PR]

by kurirod | 2016-10-09 12:02 | その他 | Comments(0)
2016年 05月 03日

熱出そう

9年ほど使ってた PC が、いよいよ危なくなってきた。何かにつけてサポートを頼んでる若者に話したら、普通は5~6年もてばイイ方なのに9年は使い過ぎでしょ、と言われた。
そんなこと言ったって、まだフツーに使えるんだから・・・。ま、ぼちぼち兆候は出てたんだけどね。

6~7年目くらいに起動したときのファンの音が大きくなった。これは CPU と放熱板の間に入ってるグリスが劣化したからだということで、グリスを交換して解決。その次には電源が入らなくなった。電源関係は劣化が早いらしい。近所のPCショップにかついで行って診断してもらったら買い替え時だと。でも、起動してしまえば、あとは何の支障もないのだからと食い下がったら裏ワザをおしえてくれた。が、正しい対処の仕方ではないので、やるならご自分でどーぞ、だって。しょうがないから自分でやった。その後は順調。

その時はさすがに買い替えを考えたが、何事もなく使えるようになったのでズルズルと・・・・。のど元過ぎれば ── というやつ。しかし、昨年あたりから異変が。まず Outlook のメールの仕分けができなくなって、少しだけ不便になった。しばらくすると、今度は動画サイトがおかしくなった。いきなり音が出なくなり、そのうちエラーメッセージが表示されて動画が見れなくなった。Outlook では「削除済みアイテム」や「迷惑メール」フォルダを空にするとケースの中で警告音が鳴るようになった。前述の若者に話したら、とうとうマザボが限界らしい。やれやれ・・・・。
d0287978_10183239.jpg

そんな訳でとうとう買い替えた。イテテッテの大出費!

使い慣れた Vista から、いきなり Win.10 を使うハメになった。クラウドが当たり前になっちゃったもんだから、PC の環境が全く変わってて、モロ浦島太郎状態。32 ビットが 64 ビットになったり、当たり前に使ってたアプリが無くなっちゃったり、サーバーのアクセスを設定し直したり・・・・。

引っ越しはまだ半分も終わってない。熱出そうだぃっ!
[PR]

by kurirod | 2016-05-03 10:46 | その他 | Comments(2)
2016年 04月 19日

春!

ナニやら慌ただしくしているうちに、工房のスズランが芽を吹いた。
坊主頭の伸び始めみたいに枯葉の下からツンツンしてきたのを見つけたのは、まだ朝晩が寒い頃だった。
これからが伸びるの早いんだよなと思ったのだが、気がついたらもうこんな。
d0287978_9484391.jpg

去年の実が干乾びて残ってる・・・・世代交代?
工房には群れが二個所あるが、一つは午前中しか陽が当たらず、もう一つは午後しか当たらない。
午後組の方が成長が早い。正直なもんダ。
d0287978_955410.jpg

午前組はやっと蕾が付き始めたくらいなのに、午後組の方はもう咲き始めている。

書いていてちょっと教訓めいた事が浮かんだが、ジジーが人生の先輩ぶって言いそうな事だと気がついたので止めとく。
世間で何があっても、個人的にどんな状況でも、毎年判で押したようにちゃんと咲いてくれるのが単純に嬉しい(やっぱりジジーか・・・あはは)。
[PR]

by kurirod | 2016-04-19 10:07 | その他 | Comments(0)
2016年 04月 03日

あのサ・・・

朝、工房に来て2階に上がったら、腰窓のすぐ下の壁に煙草の箱よりひとまわりほど小さい黒いものが付いていた。真っ黒クロスケ? 小さなコウモリだった。
ちょっと前の夜、ガイドを巻いていたら視界の隅を黒いモノがひらひらと横切った。あ、天井でカリカリやってたのはこいつだったのか、と納得。どこに行ったのか目で追ってみたが、見つからなかったのでそのまま作業を続けた。見つけたのはそれから3日目の朝だった。
d0287978_10293592.jpg
d0287978_1030088.jpg

聚楽壁にとまったまま絶命していた。多分餓死。ここにはエサになるようなものは何も無いし水も無い。むくろは小さく、紙のように軽かった。
d0287978_1036289.jpg

両手のツメを壁のわずかなデコボコにひっかけて、しがみつくようにとまっていた。
両足と尻尾はこんな感じで折りたたんでいる。胡坐をかいて座っているみたい。
d0287978_10365139.jpg

まだ子供のようだけど・・・運が悪かったネ。

小さな亡骸を見ていたら、昔、カナダのスポーツ大会で起きた死亡事故で、若い大統領が出した声明を思い出した。「今回は不運にもカヤック競技の事故で数名の若者が亡くなった。若者は色々な原因で死ぬものだが、ドラッグや交通事故に比べたら良い死に方ではなかったろうか」といった内容だった。
釣りをしていて事故に遭ったら、やはり “ イイ死に方だった ” と言われるのだろうか?

ゴミ箱にポイとやるのは気が引けたのでハムスターの隣に埋めてやった。
d0287978_1154835.jpg

あのサ・・・ナンか切ない・・・陽気のせいか?
[PR]

by kurirod | 2016-04-03 11:06 | その他 | Comments(2)
2016年 01月 01日

明けまして

d0287978_1452220.jpg

[PR]

by kurirod | 2016-01-01 14:06 | その他 | Comments(2)
2015年 12月 31日

良いお年を

2016 年も今日でおしまい。
今年は後半になってから目からウロコの色んな事があって、竿作りが益々おもしろくなった年だった。
イチバンはこれ。
d0287978_11232087.jpg

シャフトのテーパーとガイドの位置を確実にリンクさせることができるようになったエポックメイキングなモデル。同じ方法を 7ft. のシングルハンドで試してみたら、ガイドの位置が微妙にズレた。ラインを通してみると、とても滑らか。ワンステップ スキルアップできたかも!(ま、自己満足だけどね)。

前にも書いたけど「奥が深い」という言い回しが好きじゃない。アンタが知らないだけでしょ!と思ってしまう。
まだまだ知らない事は山ほどあると思うので、どんどん追求していきたい。「奥が深い」という言葉で解らないことをひとくくりにして隅に押しやってしまうような事はしたくない。

さて、来年はどんなことに出会うのだろう? 皆様、どうぞ良いお年をお迎え下さい。
[PR]

by kurirod | 2015-12-31 11:59 | その他 | Comments(0)
2015年 12月 16日

こないだ立川で開催した「竹のフィッシングクラフト展」の前日、応急で縫った古いタオルケットが予想外に便利そう。
d0287978_1031010.jpg

20 年くらい前に子供達が使っていたヤツだけど、使用感はあるものの傷んでいるわけでは無かったので捨てないでいた。ミシンの針を厚地用の#16 に換え、グルーイングに使う太いナイロン糸で縫った。ダブルステッチで。9 ~ 14ft. の2ハンドデモロッドを1ダース以上入れても余裕! が、けっこう重い・・・・。
行商で持って行くには重宝しそうだ。

「クラフト展」の片付けをしている時に INNOVATION のシリーズが目についた。スプライスの Bizarre ではガイドスペーシングにかなり手こずらされたので、スペーシングはだいぶ理解できたと思っている。で、改めてシングルハンドはこれでだいじょぶなのか?というのが頭をよぎったもんだから・・・・すぐにやってみた。
d0287978_10301186.jpg

竿が長かろうと短かろうと、シングルハンドだろうが2ハンドだろうが、理屈は同じ。だからまったく同じ方法で試してみた。そしたら案の定。余計な仕事が増えた。でも、これを修正すれば INNOVATION のシリーズは完璧。これ以上手を加えるならテーパーから起し直すことになる。パラボリックタイプなんてスペイロッドみたいだ。マニアックなんだろうなぁ~、こういうの・・・・。
[PR]

by kurirod | 2015-12-16 11:08 | その他 | Comments(0)