<   2013年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2013年 03月 29日

REMODEL[3]

今月初旬に送りつけられた1ダースの竿の山、どうにか片付けた。そもそも、こういう仕事は普段受けてないのだが、今回は成り行きでやるハメになってしまった。
グリップのコルクを一部交換とか、コルクのリールシートを木と交換というのが多かったが、このテの作業は手間の割に結果が当たり前なので評価が低いようだ。これなんかは全体の印象が変わるので、まだいい方。
          before
d0287978_11483594.jpg

          after
d0287978_1149678.jpg

労多くして評価が低いのがこれ。
d0287978_11565152.jpg

グリップの先が劣化と摩耗で細くなってしまったので、新しいコルクと交換した。傷んだとこだけ換えてくれればイイです、なんて簡単に言ってくれるけどそうはいかない。一番太いところから先を全部新しくしないとこういう形には復元できない。おまけにVom Hofe 、De Luxeと金色のスクリプトで入っている文字が消えるのはヤだからチェックから先はいじるな、と。魔法でも使うか?
結局、コルクは11個(約140mm)換えることにして、まず古いやつを剝し、ブランクをむき出しにする。太さを測ってコルクリングの穴をブランクに合わせる。加工したコルクは接着する順に並べておいて、今度はこれを半分に割る(カッターで切るより合わせ目が分かりづらい)。下準備ができたらエポキシで接着。硬化したら成形にはいるのだが、コルクのスジが浮いてくるほど劣化摩耗した古い部分は歪んでいるし、ブランクもまっすぐではないから旋盤を使うわけにもいかない。しょうがないから手加工。もうコルクの粉まみれ・・・黄粉餅の気分。
結果はご覧の通り。合わせ目? そんなモン分かりませんよ。見つけてごらん! 接着剤の硬化待ちなんかいれると、ほぼ1日がかりの仕事だが、仕上がりだけ見るとそんなに手間がかかってるように見えないよね・・・。

挙げ句に「どうしてこんなにたくさんコルク使うんだ。それにコルクなんて1個50円くらいで買えるのに、この値段は納得できない」なんて言われたんじゃかなわない。

だからこういう仕事はやりたくねぇ~~。
[PR]

by kurirod | 2013-03-29 12:43 | 竿 | Comments(2)
2013年 03月 27日

たまには・・・

一方的に送りつけられた竿の山をとりあえずやっつけ、ミシン仕事は興味深く楽しんでひと段落したので、たまには(?)棒振りでも・・・と、いつもの荒川へ13kmほどのドライブ。
天気はまずまず。河原に降りる斜面にある桜はまだ蕾が少し残っているくらいでちょうど見ごろ。河原には菜の花が真っ盛り。
d0287978_1291830.jpg

ついでにキジのお散歩にも出くわした。河原を走っていると、何やら黒っぽいものが動いているのでよく見るとオスのキジ。マイペースなやつで、車で5mほどまで近付いても気にする様子がない。カメラを探すのにモタついたので、一瞬見失ったがすぐに見つかった。車を降りて近付こうとしたとたんキジめはダッシュ! とりあえずシャッターを切ったのがこれ。
d0287978_1264010.jpg

いつもの場所まで移動して今日確かめておきたい竿をセット。
d0287978_1213531.jpg

2ハンドは12ft.#7と13ft.#8シングルハンドはAngler's Choiceの704と735の2P。

12ft.#7はスカジットヘッドの設定を375gr.(余裕を見込んである)にしてあるのだが、それを確認するため。13ft.#8は別名“修行ライン”と呼ばれているXLT(#7)が振れるかどうかの確認。シングルハンドの2本は何番のラインまで振れるか確認するため。

今までの練習の成果かどうか、力づくで強引にキャストしてしまうという事をあまりしなくなったので、それがラインの選択にも影響しているようだ(と勝手に解釈している)。

手持ちのラインでいろいろやってみたが、12ft.#7はインターミディエイトヘッド#7に2mのシンクティップがライナーで飛んだ。13ft.#8はキャロンの#9/10でも問題はなかった。シングル704は#5でも#4と同じように使えた。735は・・・#6ラインを忘れた。

テーパーのとり方によるところが大きいと思うが、竹竿に細かいラインの番手指定って必要?
[PR]

by kurirod | 2013-03-27 13:18 | 竿 | Comments(0)
2013年 03月 24日

やり直し

こないだ作ったポーチ、ファスナーのおさまりが気に入らなくて、こ奴どうしてくれようかと横目でチラ見しながら気の進まない作業をしていた。皮は一度縫ってしまうと糸をほどいても表面の銀皮(ギンピ)に穴が残る。
だからミシンで縫う場合は一発勝負になる。が、前の縫い目をキチンとトレースできれば仕上がりに問題は無い(ハズ)と考え、縫い直すことにした。
d0287978_13474760.jpg

で、あーたらこーたら四苦八苦してできあがったのがコレ。一度ほどいたファスナーを細い両面テープで仮止めしてゆっくりミシンを使うのだが、一番最後の縫いじまい2cmのところはどうしても金具が邪魔してまっすぐ縫えない。思案投げ首の挙げ句、ついに手ミシンとなった。
d0287978_13584130.jpg

ま、このくらいでヨシとしよう・・・。

何度か失敗すると、作業の順序がどれだけ重要か思い知らされる。今回はファスナーの片端にツマミをつけなければならず、もう一方の端にはわずかなスキ間ができてしまったが、こんなのは最初にファスナーを付けておけば簡単に解決できたことだ。思い返せば少し舐めていたところもあり、さらにはおおよその完成イメージはあったものの、おさまりのディテールが曖昧のまま気が急くままにとりかかってしまったのがマチガイだった。

扱う材料が違うが竿作りも「モノ作り」という点ではまったく同じ。最近晩メシ作りのミッションがよくあるのだが、何回かやっていてハタと気がついた事がある。料理も工作だと思ってとりかかるとスンナリ受け入れられる。最初に出来上がりをイメージし、そこからフィルムを逆回転させるように材料の状態までさかのぼると・・・・ほら、どういう順番でつくったらイイか工程が全部ハッキリするでしょ?
[PR]

by kurirod | 2013-03-24 14:26 | Comments(0)
2013年 03月 22日

ポーチ

十数年ぶりでレザークラフトに手を出した。と言っても今回はお手軽にミシン縫い。
d0287978_13434120.jpg

実はオークション初体験でリールを入手した。12ft.の2ハンドロッドで使う、径が90mm以下でワイドドラムの中古でもあったらなあ・・・と思っていた。たまたまのぞいたオークションでけっこう安く出ていたので、試しにと入札してみたら・・・落ちた。HardyのZenith wide dram。格安(だと思う)なのでケースも付かず本体のみ。どうせ中古だし、別にハーディーの熱烈愛好者というわけでもないので、まとめてリールを入れてあるトートバッグにそのまま放りこんでみたものの、やはり気になる。使ってないリールケースでもないかと抽斗を探してみたが見当たらず。思いついたのがレザークラフトの道具や皮の切れはしが入っているコンテナ。たしか椅子張り用の柔らかい皮が入っていたはず。で、物入れの奥からコンテナを引っ張り出して開けてみると、ありました! さらにかき混ぜるとミシン用のナイロン糸やら厚地用のミシン針やら。結局、必要なものは全部出てきたので早速作業にとりかかる。
d0287978_14214360.jpg

皮は少し大きめのと少し小さめのと2枚あったから、材料ギリギリの大きさでふたつ作った。最初に作ったのが右のやつ。ユニクロのフリースの着古しで内張りも作った。ただの巾着袋じゃつまんない、とジッパーをつけたがどうも仕舞いが良くない。どうやら縫う順番が違ったみたい。一番始めにジッパーを縫わなきゃいけなかった。材料に合わせて作ったもんだから、リールを入れてみたらガバガバ。それじゃあ、と作ったのが左のやつ。コンテナに手ごろなロウ引きの紐があったので、それを使ってただの巾着袋にした。

結局HardyのZenith はあとで作った方に収まることになった。
ちなみに、リールについてC.C.(カーティスクリーク)の店主に問い合わせると、ラインガードに刻印が無いから初期のものではないとの事。それでも3~40年くらい前のものらしい。機構にガタ付きは無く、使うには十分。

Hardyのこのタイプのリールは、目立つわけではないのにそれなりの存在感があり、たいして手入れをしなくても必要な時には確実に仕事をしてくれるので信頼できる。John Bullにrespect。
[PR]

by kurirod | 2013-03-22 15:01 | その他 | Comments(0)
2013年 03月 17日

REMODEL[2]

リールシートのスペーサーのコルクが嫌だからリールのフットが当たる所だけでも木にしたいというご要望。
こんな事をすることにどういう意味があるのか解らないが、お客サマのご要望なのでやった・・・。
d0287978_2133627.jpg

このテのリールシートは金具でリールフットを固定しているので、金具と金具の間は極端なハナシ何もなくても
問題は無い。だから金具と金具の間はスペーサー(隙間ふさぎ)と言うのだろう。
d0287978_21371793.jpg

前にも書いたけど、コルクのパーツって柔らかいから簡単に歪む。これも例外ではなく、まっすぐ付いていない。スクリューのほうがリールに対して上下方向に少し曲がって付いている。コルクの径に合わせて木管を作り、そこからパーツを切り出してもそのままでは使えない。リールフットの当たる部分の、金具と木の継ぎ目に段差ができてしまう。さて、ここで問題。木のパーツの長端は並行でないとみっともない。でもキッチリ作るとツジツマが合わなくなる。では、木のパーツはどーゆーふーに作ったらいーでしょーか?
正解はこれ。
d0287978_21535653.jpg

パッと見スペーサーの歪みが分からないように、金具のアールに合わせて段差をなくす。小さい部品を加工するのはとてもたいへん。しっかり保持しなくちゃだから指先に力が入る。刃物で削るのは難しいのでサンドペーパーを板に張り付けて少しづつ落としていくのだが、あっちの端とこっちの端に間はまっすぐになっていないといけない・・・。何とかおさめたけど何故かムナシイ。
[PR]

by kurirod | 2013-03-17 22:08 | 竿 | Comments(0)
2013年 03月 12日

REMODEL[1]

いやぁ・・・。
気を取り直して手を付け始めました、改造。restoreは元に戻すという意味だけど、今回のはどこも壊れている訳ではなく、「結構使ったけど、やっぱりココ気に入らないから取っ換えて。あっ、金具はそのままね」というやつだから単なる改造(=remodel)。まずは木工がらみのやつから・・・。
d0287978_1585017.jpg

5本とも「コルクのスペーサーは好きじゃない」とかで、全部木に交換。右の2本は「グリップはいじらなくてイイです」ということでアップロックの金具の中はコルクのまま。左端のはコルクの一体型のやつを、リールシートの部分だけ木にしたら境目が間抜けなので、ニッケルシルバーのチェックをあつらえた。
d0287978_15154228.jpg

どお?中のコルク、見えます? コルクは柔らかいからパーツに削り出す時に微妙に歪む。取り付けの際にも均等にへこむ訳ではないから、また歪む。だから成形したコルクグリップは芯がずれてる。
d0287978_1534159.jpg

最後はノギスで測りながら旋盤で0.1mmずつ落としてはペーパーを当ての繰り返しで仕上げる。木はコルクより堅いが金属のように均質ではないから、しっかり固定された刃物で削らないと、きれいな丸に成形できない。年輪というのは密度の差でできます。塗装の都合があるからと、表面にサンドペーパーを当て過ぎると歪みます。ついでに、仕上げのサンドペーパーは木目に沿って当てるのが基本。
で、外形が寸法通りに仕上がったら、シャフトが通る穴をコルクの歪みに合わせて削り、コルクの断面とピッタリ合うようにすれば出来上がり!
面倒だが、そうしないとキレイな丸には仕上がらない。結果はご覧の通り。

千里の道も一歩から・・・と始めたのだが、作業に集中すると段取りと手先に意識が集中して、他の事は何も考えなくなる。昼飯も忘れる。作業がひと段落して少し気が緩むと空腹を感じ、時計を見ると3時だったりする。ん~~、こういう仕事、キライじゃないかも・・・。

あっ、そういえば今朝電話があって、左から2番目のやつ材料が違うそうな・・・作り直しかいっ!!
[PR]

by kurirod | 2013-03-12 16:21 | Comments(0)
2013年 03月 10日

一難去って・・・。

この時期必ずしなければならない年に一度のお勤めがやっと終わった。
やらなければならないんだからさっさと片付ければいいのに体が動かない。やりたくない事を無理やりするのはかなりストレスがあるが、なんとか自分をなだめてやり過ごしてきた。今回みたいにひどいのは初めてだ。
やっと終わった時には毎日見ている風景が違って見えた。

「終わったぞー!」と喜んでいたらこんなものが舞い込んだ。
d0287978_9464461.jpg

2~3年前からちょうど今頃、年に一度連絡があるお客さんが送りつけてきた竿の山。加工してほしいところだけを拾い出して、まとめて送ってきた。ざっと1ダース。「えっ!何だよ?」と思いつつ説明を聞くと、けっこう珍しいものもまじっていたりして・・・。
d0287978_1012638.jpg

こんなのとか
d0287978_1023719.jpg

こんなのとか・・・。
このやたらに太い2ハンドのバットはE.VOM HOFE のDe Luxeという竹竿。リールだけかと思っていたら、こんな竿も出してたんだ・・・。こういうものについての知識はハンパじゃないC.C.(カーティスクリーク)の店主に問い合わせると、トーマスみたいな竹竿メーカーにOEMで作らせた筈だとか。バットしかないからどんな竿だかわかんないけどね。
いきさつはともかく、かなりいじり甲斐があるねぇ、これ・・・それにしても・・・どーすんだよ、この山!
[PR]

by kurirod | 2013-03-10 10:21 | Comments(0)