<   2013年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2013年 06月 28日

スプライスト・ジョイント

スプライスト・ジョイントのシングルハンドロッドが完成した。とりあえずデモロッドが2本。
ジョイント方法の性質上、あまり短い低番手のロッドには向かないと判断したため、長さは8'6"、#5・6・7と
#6・7・8。スペイキャスト、スカジットキャスト、アンダーハンドキャストがしやすいようにアクションはほぼパラボリック。デモロッドなので抽斗で寝ていたリールシートを使う事にしたら、両方ともアップロックになった。
d0287978_2252879.jpg

上が#6・7・8、下が#5・6・7。
仮り組みのテストの時、ジョイントのテーピングが厄介だったので、少し工夫をした。

                       バット側。
d0287978_1122256.jpg

                       ティップ側。
d0287978_11243851.jpg

d0287978_22562832.jpg

たかが小さな金具を2個付けただけで、かなり便利になった。合わせの位置をいちいち確認する必要がなくなり、テーピングがうんと楽になった。巻き始めにしっかり押さえている必要はないし、外す時には竿を立てておいてテープを一気に外しても、トップセクションがポロリという事が無い。金具はも少し小さくしたい。

電設用のビニールテープを引っ張って少し伸ばしながらキッチリ巻いていくのだが、ジョイント部が2ハンドほど太くないので買ったままの19mm幅ではちょっと巻きにくい。で、写真のテープは12mm幅にカットしてある。
d0287978_2385577.jpg

d0287978_23112165.jpg

上が#6・7・8、下が#5・6・7のベンドカーブ。同じテーパーで太さが違うだけだから、曲がり方は同じ。

テーパーの取り方はプログレッシブになるようにしてあるので、重いラインを入れるとその分バットの方にベンドが降りてくるような感じになる。つまり、使えるラインの幅が増える。だから3番手表示。

手持ちのラインで試したところ(市販のラインを全種類持っているわけではないので)、だいたいこんなところ。
[#5・6・7]
DT6Fを中心にして、その前後1番手をカバーできる。スカジットヘッドだと280gr.(18.14g)くらい。
[ #6・7・8 ]
DT6FでもWF7FでもOK。WF8Fはヘッドが少し長めのタイプなので、振り方に少し工夫が必要だった。スカジットヘッドだと320gr.(20.74g)くらいが適当。GPSの#5/6を入れてみたが、ランニングラインとの境目が手元にくるくらいヘッドを引き込んで使えば、普通のDTラインよりターンオーバーが良くてストレスがないみたい。が、これはやはり2ハンドで使った方が使いやすい(当たりまえ?)。

まだまだライン合わせは終わっていないが、大体の目安はついた。このジョイントは一度繋いだらそのまま1日使いたいので、移動の少ない本流か管理釣り場くらいしか出番はないのかな・・・。チョークストリームで使ってみたい!

2本とも工房にありますので、興味のある方はご連絡ください。いつでも振れます。
[PR]

by kurirod | 2013-06-28 23:17 | 竿 | Comments(2)
2013年 06月 20日

試作中

ず~~っと頭の隅にひっかかっていたスプライスト・ジョイント。やっと手をつけた。

手を出さなかったのにはそれなりの理由がある。たとえば「バットの先太らせるのどうやって作る?」、「スプライスの角度はどのくらいがベスト?」、「繋いだ後、曲がりをどうやって矯正する?」などなど・・・。

そもそも「こんな旧式の方法で作るメリットって何?」という根本的な疑問が払拭されない。おまけに、どう考えてもやたらに手間がかかりそう・・・。が、「スプライスのシングルハンドでスペイキャストができるような竿、あったら欲しいかも」という知り合いの軽い一言であえなく撃沈!
d0287978_948211.jpg

“とりあえず1本”(ビールじゃないよ!)がないと先に進まない。手持ちの道具とにらめっこ。必要な冶具は作る。この際だからとテーパーも再検討。準備期間10日間、作業時間4日でタタキ台を製作。作って初めて気がつく事もある。
d0287978_1352848.jpg

案ずるより産むが易し。
[PR]

by kurirod | 2013-06-20 10:05 | 竿 | Comments(0)
2013年 06月 11日

釣果報告

PCのフォルダーを整理してたらこんな画像が出てきました。お客様が送ってくれた、おろしたての竿の1匹目です。
d0287978_18391847.jpg

d0287978_1840327.jpg

d0287978_18401333.jpg

[PR]

by kurirod | 2013-06-11 18:42 | 釣り | Comments(0)
2013年 06月 04日

撚り糸?

ライト2ハンドのデモ用に何種類か重さの違うヘッドを用意している。メーカーは色々。ある程度そろえてから気が付いた。全部同じメーカーにしとけば良かった・・・。実釣でも使えるようにと、ティップを交換できるタイプにしたのだが、普通はボディーとティップは別売り。互換性のあるティップが何本かあれば間に合うんじゃないかとケチしていたら、面倒!
d0287978_1110764.jpg

で、こないだ入手した中古リールに付いていたDT8Fのラインからティップを作った。このライン、すごいのヨ。何がって、表面がデコボコ。芯は一応ブレイデッドのようだが3本撚りかと見まがうばかりの太さ!表面の樹脂層はけっこう薄い。なんとか溶着できたので早速試投に・・・。
d0287978_11213564.jpg

いつもの荒川。今回はいつもとは少し違う場所で貸し切り状態。減水で正面の岩までは25mくらい。ヘッドはRIOの375gr. ロッドは12ft.#7。天気はイイのに右からの風がけっこう強い。シングルスペイで試してみたが、Dループが流される。時々リーダーが背中に当たったりして・・・。しからば、竿を少し寝かせてアンダーハンドで・・・これは具合が良かった。ライナーでまっすぐ飛んで、正面の岩にループがグシャッ! 思わずニンマリ。目的達成。知らない人が見たらアブナイおっさんだよネ。
d0287978_11522049.jpg

今回のお伴。みんな、お疲れ!
[PR]

by kurirod | 2013-06-04 11:54 | ライン | Comments(0)