竿屋の独白

kurirod.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2013年 07月 30日

Bamboo Cooking

竹の調理法をひとつ・・・。

まず、下ごしらえをした材料を用意します。
材料の竹は、あらかじめ節や曲がり直しの処理をして正三角形に整形し、麻や木綿などの糸で6本づつバインディングしておきます。この時、必ず竹の表皮が外側になるようにして下さい。

オーブンを温めます。
温度の設定はオーブンによって差があるようですが、今回使うタイプでは170~180度で安定するようにします。クッキーを焼くのと同じか、やや高めといったところでしょうか。安定するまでに時間がかかりますが、一度強火で190度くらいまで上げてから弱火にして温度が下がるのを待つと安定します。40~50分ほどかかります。
d0287978_14163678.jpg


プレヒートが済んだオーブンに材料を入れます。敷き詰めるように入れると焼きムラが生じる事があるので、なるべく隙間を開けて並べるようにしてください。
d0287978_14222832.jpg

調理時間は約1時間。調理している間は温度の管理をこまめにして、10分毎に手前と奥をひっくり返すようにすると均一に火が通ります。キッチンタイマーを活用すると良いでしょう。ひっくり返す時は必ず手袋を使用して下さい(できれば皮製のもの)。火が通ってくると香ばしい香りがしてきます。

約1時間で焼きあがりますが、必ず焼き色を見て火が通っているのを確認してから出して下さい。色が薄いようでしたら表皮がキツネ色になるまで前述の作業を繰り返すと失敗がありません。

焼き上がった竹は広げて粗熱を取ってからセクションごとにまとめて保存するようにして下さい。調理直後の竹は乾燥しきった状態で脆くなっているので、一晩寝かせてから次の作業にかかることをお勧めします。
d0287978_14491714.jpg

調理済みの竹は長期保存がか可能ですが、あまり長く置くと身が締まって加工に苦労する事があります。また、暗い所で保存すると、まれにチビタケナガシンクイムシがつく事があります。これは、まわりに粉を撒いたようになるので分かります。こうなると、その材料は使用できません。ほかの材料に移っている可能性もあるのでチェックするようにしてください。喰われた材料は直ちに破棄してください。このムシ、対処方法は無いそうです。

以上、竹の調理法でした。
[PR]

by kurirod | 2013-07-30 14:51 | その他 | Comments(0)
2013年 07月 26日

仕込み

このところ雨の日が続き、ちょっと気温も下がったので下ごしらえを始めた。2P用の火入れ済みストックが少なくなってきたので、そろそろやらなければと思っていたところなのでチャンス。

竹を裂くのは苦にならないが、曲がりを直したり節を押したりする作業は何度やってもイヤなもの。さすがに10年以上やってると少しは手際は良くなってるけど・・・。
d0287978_1922338.jpg

これで5セット分。まだ6セット分が残っている。下ごしらえはいつも1ダース分くらいまとめてやる事にしている。火入れまでしておけば、後の作業がうんと楽になる。が、押したり延ばしたりはどうしても好きになれなくて、ひたすら「忍」の一字。

延ばしだけでもまだ3日ほどかかりそうなのに、早くも気温は上がり始めたようだ。ま、夏だから暑いのはしょうがないんだけど、それにしても・・・・。
[PR]

by kurirod | 2013-07-26 19:35 | その他 | Comments(2)
2013年 07月 14日

スプライスト・ジョイント[6]

「またかい!」と言われそう。でも・・・。

前回自分のキャスティングフォームを見て、「あ、そーゆー事ね」と気が付いたところを修正したくてまた川へ。

昼をだいぶ過ぎてから出かけたのだが、予想通り河原はカップルや家族連れがいっぱい。やっと空きを見つけてキャス練開始。もう4日目だし慣れもあってか、ちょっとフォームを修正しただけで、3本ともちゃんとキャストできる! しかもけっこうパワフル! スープ皿みたいな曲がり方を見た時は、何で?理論上はこれでもイイ筈でしょ?なのにどーして?と納得できなかったのだけど分かったような気がする。

竿に合ったキャストをすればいいだけの事。人にはいつも言ってる事なのに、自分ができていなかった。

テストロッドのジョイント部。
d0287978_19152087.jpg

下の2本が最初のやつでスカーフの部分は約130mm。一番上のがスカーフに一工夫したやつで約90mm。作った順は下から1・2・3。1が一番バットが強い。細かくライン指定をするのは難しいが、どれも#6~8が使える。GPS#5/6も使える。2と3は#4/5の方が軽快かも。好みで分かれるところかなぁ。

スカーフの上下に付けた小さな金具は、テーピングする時の面倒を軽減するのが目的だったが、ロールを打つ時の捩じれや大きくタメた時のズレを、いくらか押さえてくれるような気がする(確証はない)。
スカーフの部分が短い方がワンピースの感じに近いが、短い分負荷のかかり方が大きい。多分横方向のズレに若干弱いのかも知れない。ま、ブランクが傷むほどではないので許容範囲内だと思う。個人的にはこれが好みなんだけど・・・。対応策はある。

という訳で、やっと完成しましたっ。星三つ!
[PR]

by kurirod | 2013-07-14 20:04 | 竿 | Comments(0)
2013年 07月 13日

スプライスト・ジョイント[5]

8'6" 2P #6・7・8 スプライスト・ジョイント3本目の試作が完成したので、早速いつもの荒川へ。
d0287978_1658645.jpg

上のやつが3本目。今回はダウンロックで。曲がり方はこんな感じ。
d0287978_16591582.jpg

ジョイント部に工夫をしたので、前ほどは突っ張らない。でも、タメた時の曲がり方と実際にラインをキャストする時の曲がり方って同じじゃないのよネ・・・。クリノ・テクノ総動員デス(笑)。

海外のキャスティング・デモの動画を見ると、竿の曲がりはけっこう浅く見えるんだけど、あれはデモ用のロッドだから?
たとえば
これはアメリカの。
これはドイツの(?)
で、これがワタシの。
シングルハンドのスペイキャストはほとんどしないからフォームは良くないけど、竿の曲がり方に注目して下さい。プロト1は最初のやつ、プロト2は3本目のやつ。2本目は太さが違うので、今回は省略。
ブランクの塗装はどれもハードエポキシの拭き仕上げ。手間はかかるけどこれだと塗膜が薄く仕上がり、テープを外す時に塗膜が持っていかれる事が無い。

使ったラインはCNDのGPS#5/6。片手で投げるのはちょっと重かった・・・。WFF#7だとオーバーヘッドはエラく具合がいいが、ロールを打つのがちょっと・・・。DTF#6でも良かったんだけど、スペイラインの方がターンオーバーが良かったもんで、つい・・・。

動画を見て分かったんだけど、シュートはもっと高い位置でロッドを止めなきゃいけませんね。いつも、もっとバットが入る竿を振ってるもんで、“最後のひと押し”のクセが出たみたい。
[PR]

by kurirod | 2013-07-13 17:20 | 竿 | Comments(0)
2013年 07月 07日

スプライスト・ジョイント[4]

できたっ! どうやら最初の2本は既成概念にとらわれすぎたようだ。2日前、いつもの荒川でテストをしていたら、やはり荒川常連の顔見知りがやってきた。ちょっと下の方で棒振りをしていたとか。「何やってんですか?」「ん?スプライスト・ジョイントの2Pを作ったんでテスト」「へ~・・・。」と短い会話のあと「栗原さん、竿曲がってないよ!」。「貸して。オレが振るから見ててごらん。」とDT#6が入っていた竿を振り始めた。

え~~っ!? どうりでラインのノリが悪いわけだ。経験上、トルクのあるラインが出て、楽にキャストできる竿はドンブリのような深いカーブを描くのだが、こいつはまるでスープ皿! カーブにおかしなところは無い。が、力まかせに振ってもらってもドンブリのようなカーブには程遠い。

この日はそうとう落ち込んだ。タメてベンディングカーブは確かめたハズなのに、キャスト時のカーブはまったく違った・・・。テーパーはこれでだいじょうぶなハズだし、スプライスのジョイント部はしっかりしていてヘンな曲がり方はしてないし・・・。昨日は午前中いっぱいダメな力作をいじくりまわして、熱が出るくらい考えた。
で、昼前にハタと膝を打ち、すぐ作業にかかった。
d0287978_20474375.jpg
 
夏のいいところは接着剤の硬化が早いこと・・・。今日の昼には仮り組みができた。川まで行くのは面倒なので、近所の駐車場でテスト。DT#6、WF#7、どちらもよくのる。DT#6はラインを延ばすとさすがにモッタリした感じになってくるが、WF#7は軽快に距離を延ばせる。シュートする時の最後のひと押しもちゃんと手ごたえががあり、フォルスキャストのスピードを上げても竿が負けることはない。テーパーと太さは前回とまったく同じ。ムフッ・・・・・・・。
d0287978_2105012.jpg

どぉ?この曲がり方。スプライス部には当然一工夫してある。それと、今回ハッキリしたのはビニールテープ、だめです。タメているうちにズレてくる。やっぱりアセテートテープが一番。

あ~~スッキリしたっ!
[PR]

by kurirod | 2013-07-07 21:07 | Comments(0)
2013年 07月 04日

スプライスト・ジョイント[3]

ジョイント部分のプロテクターを考えた。こんなところも手抜きしないで詰めないとね! 一応・・・。
d0287978_1717502.jpg

d0287978_1719637.jpg

ポーチを作った残りの端切れを使って筒を縫い、太さが近い断ち落としをスプライスして作った。皮の端っこに見える黒いのはOリング。劣化を考えるとゴムのパーツは使いたくないのだが、ま、これは見た目優先でヨシとした。リングの位置にはちゃんとミゾが切ってあるヨ。
スプライスは冶具と鉋で作るのだが、ひとつ削るのに鉋の刃が2枚ダメになる。改めてトンキンケーンの硬さを思い知らされた。
[PR]

by kurirod | 2013-07-04 17:31 | 竿 | Comments(6)
2013年 07月 02日

スプライスト・ジョイント[2]

やっと完成・・・。今回の作業を始める前に、ここはこういうふうにしようとか、あそこはこんなふうに収めたいとイメージしていたのだけど、一通り思い描いていた事をカタチにできた。下のやつが最終形。
d0287978_1653676.jpg

今回も走りながら考えたところがあって、そういう作り方をすると必ずと言っていいほどやり直しがある。とりあえず作ってはみたけど、やっぱり気に入らん! というわけで ‘三度目の正直’。
d0287978_16592132.jpg

ジョイント部の金具。上が最初のタイプ。機能的には何の問題もないのだが、見た目がちょっとデカい。で、ギリギリまで小さくしてみたのが下のやつ。小さくてイイと思ったのだが取り付けの際の調整に手間取った。それに、脚の部分を短くしたのでなんかモッコリした感じで仕上がりが気に入らない。
d0287978_1773144.jpg

下のやつが最終形。最初のやつ(上)より短く、2番目のやつより少し長い。が、脚を延ばした分取り付けも楽になって、見た目もいくらか良くなった(と思うが・・・?)
普請道楽というのがあって、気に入った家を手に入れるまで最低3回は建て直すと言われている。ある程度満足できるものを作ろうと思うと、家じゃなくても3回はやりなおせという事か・・・。
d0287978_1719252.jpg

理想の追求と言うと聞こえはイイが、所詮は「欲望」、あるいは「我儘」の残骸。あ~楽しかった・・・。
[PR]

by kurirod | 2013-07-02 17:24 | 竿 | Comments(0)