竿屋の独白

kurirod.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2013年 12月 24日

あはっ!

やっとガイド位置が決まった8ft. のspliced 、クラシックっぽい雰囲気なのでシルクのミシン糸でラッッピング、バーニッシュは薄めにして1回だけ。デモロッドなのでガイドが固定できればいいや、という手抜きもある。見た目はそれなりにまとまったと思う。
d0287978_1174454.jpg

竿はなんとか格好がついたがこれに合うラインがなかなか見つからなかった。手持ちのラインではWF#9がシングルハンドスペイに一番向いていたのだが、イマイチ納得できなかった。で、抽斗の中をかきまわしたら出てきた。まだスペイラインなんて2~3種類しか出てなくて、2ハンドロッドに手をつけたばかりの頃買ったコートランドのウィンドカッター#9 。キャスティングもままならなくて結局たいして使わないうちにリールから外してお蔵入りになってたやつ。WF#9がちょっと軽めだから、これならどうだ?
大いに試してみる気になったのだが、今度はこれをいれるリール探し。どのリールを空けようかと、はじからチェックしたのだが、外してしまうと困るやつばかり・・・。また抽斗をかきまわしてみると・・・ケースに入ったまんまのほとんど未使用が! もう30年くらい前に買っておいたHardy の The Princess 。
d0287978_11351977.jpg

さっそくリールにセットして、午後もだいぶ過ぎていたのだが荒川へ。ジョイントのテーピングももどかしく、ラインを通してみると、あはっ、ドンピシャ!
ものすごくノリがいい。思わず笑っちゃうくらいイイ。竿にかかる負荷がなんとも気持よく、スウィッチキャストで軽く20mくらい。何回か振って慣れてくると、どんどん距離が延びてく。ティップも暴れずきれいなループで。
やっと完結!

ここで年末年始の営業について。
12月30日~1月3日 お休みします。

[PR]

by kurirod | 2013-12-24 11:56 | ライン | Comments(0)
2013年 12月 21日

えいやっ!

こないだリッツスタイルのグリップをモノにしたく組み立てたスプライストの2P、やっとガイド位置が決まった・・・というか決めた。シャフトは8ft.なのでガイド数は8~9個になるハズとスペーシングを始めた。グリップがこれ以上単純にはならないという形なのでガイド数も最少で、とやってみたら・・・。

8個だとバットセクションがちょっと間抜けに見える。が、乗りの良いところはある。9個だと不自然なところが無く、見た目が良い。もちろん乗りの良いガイドの位置はある。どちらでも振った感じに違和感は無いが、微妙に感じが違う。さんざん迷った挙げ句に「エイヤッ」と9個に決めた。
d0287978_2024685.jpg

d0287978_20242828.jpg

なんかフツーに納まっちゃったところが面白くないが、デモロッドで使うならこっちなんだろうなぁ~・・・。
シングルハンドスペイで使えるようにバットを気持ち柔らかめにしてあるので、ストリッピングの位置はかなりグリップに近い。グリップに近くなると、ホールをかけてキャストアウトした時にラインがブランクに絡む事があるので、ストリッピングをワンサイズ大きめにした。

このロッド、スプライストの試作を作り散らかした時にはじいたやで、ジョイント部分のサイズが合ってバランスが良さそうなトップとバットを組み合わせた。だから適合ラインはあとから探すことに・・・。
手持ちのラインでは、オーバーヘッドキャストならDT#6、WF#7。スペイキャストならWF#9が具合がいい。
d0287978_20501556.jpg

悶々としてラインをとっかえひっかえ投げていたら後ろに虹が出ていた。
虹を見たら正気に戻ったような気がした。
[PR]

by kurirod | 2013-12-21 20:54 | 竿 | Comments(0)
2013年 12月 16日

グリップ

やっと少し仕事に手をつけられるようになった(イロイロあるのよ、生きてるだけで・・・でしょ?)。
今回はグリップ。ハンドルとも言うらしい。カーマイケルがまとめたギャリソンの本では hand grasp なんて書いてある。何て訳す? “握り”か? ま、呼び方はともかく要は“持つとこ”。この“持つとこ”、けっこうクセ者で、人によって手の大きさは違うし好みも違う。竿の長さによっても変わってくる。気にしだすと実に厄介だ。
d0287978_16292593.jpg

これは8ft.のテストロッド。DT#6/7くらいになるハズ。最近、高番手のシングルハンドを少し掘り下げてみようと試作を作りちらかしているが、調子に乗ってると材料代がバカにならない。しょうがないから作れるモノは作ってしまおう、と実行したのはいいが、ま~ぁ手間がかかること!
d0287978_1644137.jpg

こんなことしちゃうから余計時間がかかるんだけどね・・・。でも、試作というのはイメージと予測を具体的にカタチにして確認するという作業だから、面倒でもしょうがない、やる!バットエンドをどうまとめるか、ちょっと自信が無かったんだけど、なんとかまとまったと思う、どっかで見たようなカタチだけど。意識してた訳じゃないが、どこか頭の隅にひっかかっていたんだろうね、きっと。
実はこの前がある。9ft.のグリップ。
d0287978_1654191.jpg

リールシートからリバーストハーフウェルのグリップにかけて、一体に見せたかったのだが、ちょっと不格好だった。今回のリッツスタイルと比べるとコルク2個分くらい長くてバランスが良くない。シェイプし直していくらか良くなったとは思うが、やっぱり長くてちょっと間抜け。
d0287978_1711027.jpg

こんなこともしてみたんだけど。最初だったので、思いついたいろいろをまとめてやろうとしたら、それが良くなかったのかも。欲張っちゃいけませんね、やっぱり。

個人的な好みではシガーとリバーストハーフウェル、リッツが好きかも。ダウンロックのリールシートを使う事が多く、ダウンロックにはこの3種類が無理の無い形だと思う。ハーフウェルやフルウェルはアップロックなら理解できるが、ダウンロックと組み合わせると、ケツのフレアーの意味が解からなくなるような気がする。
ま、使う人の好みだから言われりゃ作るけど。「カタチには意味がある」とか「用の美」とかいう教育を受けたせいか、どーも飾り立てる事に抵抗がある。「三つ子の魂百まで」か?
極めつけは「カタチは機能に従う」。Simple is the best!
[PR]

by kurirod | 2013-12-16 17:27 | 竿 | Comments(0)
2013年 12月 13日

また荒川に行った。工房のあたりはけっこう風があったのだが、煮詰まっていたのでかまわずに出発。シングルハンドのスウィッチキャストを練習したかった。
河原に出ると貸し切り状態。水面がザワつく程度の風はあるが、吹いたり止んだり。この程度で投げられなかったらどこに行っても釣りはできない。気温は低めだが天気は良く、思ったより条件は悪くなかった。この時期は日が低いので横から光が当たるような感じで雲がきれいだ。
d0287978_11345144.jpg

d0287978_11424920.jpg

ターナーの水彩画のような色彩豊かな雲だったんだけど、写真になったらただの白い雲だね・・・。
この前TEDのスーパープレゼンテーションで「もっと雲を見よう」といった内容のやつを見た。冗談で始めたウェブサイトだったのだが、思いもよらずたくさんの投稿があって、今や世界中に会員がいる大きなクラブになってるらしい。ロールシャッハ・テストみたいなもんで、キスをするカップルとか去ってゆく死神とか、言われてみれば確かにそう見える雲の写真がいくつも紹介された。
想像力が豊かで気持に余裕のあるヒトがいるもんだなぁと関心して我が身を振り返えれば、なんだかなぁ・・・。

で、貸し切りの河原で振りまわしたのはこれ。
d0287978_11581033.jpg

シングルハンドは8フィート、スプライストの試作。2ハンドは12フィート#8のパラボリック。
スプライストは竿の動かし方が悪くてモロに余計な負荷がかかっても、ジョイント部で折れるということがないから練習にはもってこい(ナンだ?それ)。RIOのFlightHead 350gr. が少し軽めで練習にはちょうどイイ。
疲れなくていいが、慣れてくるとあと6インチ欲しくなる(だんだん距離を出したくなる)。スカジットのヘッドなんだから、うまくタイミングがとれればほっといても飛んでくのだが、どうしてもチカラが入ってしまう。まだまだ未熟。

12フィートの方はスペイラインのDTX#8/9を入れて振るのが楽しい。楽しいから出番が多い。テストロッドと一緒に持ってくとテストにならない事もしばしば。

うすうす気がついてはいたのだが、どうもラインが左に寄るクセがある。少し右よりに投げるようなつもりでキャストするとトルクのあるきれいなループができる。多分、ほんのわずかな事なんだろうけど、わずかな事でけっこうパワーロスをしているらしい。ジジーになったせいか、単に運動神経が鈍いだけなのか、体はなかなか覚えてくれない。
[PR]

by kurirod | 2013-12-13 13:00 | キャスティング | Comments(0)
2013年 12月 04日

試投会

前に告知した「バンブーロッド試投会」まであと少しになりました。予定通りの開催です。
d0287978_16292498.jpg

会場はFishing Field 川越(駐車場100台完備) 埼玉県比企郡川島町上八ツ林53-1(圏央道川島イン ターから車で8分) TEL.049-297-4615
出展は Barada Rod ・ Paradise Rod ・ SUZUKI ROD ・ Kurihara Rod Craft です。

今週始めの長期予報では雨の予報でしたが、どうやら雨は回避できそうです。会場は今のところ、この時期にしては珍しく風もなく穏やかな陽気だそうです。
ご希望とあればデモロッドで実釣もできます(有料。1.000円/1時間)のでお申し出下さい。

当工房からは Angler's Choice シリーズやスカジットロッド、スペイロッドも出品いたします。アウトレット品の販売もいたしますので、この機会にぜひ手にとってご覧下さい。たくさんのご来場をお待ちしております。

当日はデモロッドのほかに、コーヒーとお茶菓子なんぞも用意しております。

[追記]
おかげさまで1回目を無事終了することができました。FF川越のオーナー様、ご来場いただいた方々、ありがとうございました。終了後の反省会では年2回の開催という話も出ていますのでご期待下さい。
[PR]

by kurirod | 2013-12-04 16:51 | イベント | Comments(0)