竿屋の独白

kurirod.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2015年 02月 07日

ん~~ん

ちょっと手隙になり、こないだ節切れした 11ft. 3P のトップを作り直してしまおうと思い立った。で、ついでだからだいぶ前から何となく頭の片隅に引っ掛かっていた Angler's Choice の2P モデルのテーパー見直しも片付ける事にした。テーパーの見直し自体は紙の上でもできるのだが、“絵に描いたモチ” ではしょうがないので、組み立てたテーパーは実際に竿にして検証しなければならない。
d0287978_19594745.jpg

このところ2ハンドのキャスティングが面白くて、シングルハンドロッドは触っていなかった。感覚を取り戻そうと工房の前で 7ft.#3 ロッドを振るとヤケに軽い。普段 9ft. とか11~12ft. の竿ばかり振っていたのだから感覚がズレている。データを間違えたのかと思わず確認してしまった。間違いは無い。

しばらく振っていれば感覚は戻ってくるだろうと振り続けた。7ft.#3 の 2P と3P も引っ張り出して振り比べた。あらっ?えっ?どーして?と続けるうちに気がついた。どうやら好みが少し変わっちゃったみたい。
Angler's Choice シリーズのコンセプトは「スピードではなく、トルクのあるきれいなループでキャストする」というもので、そのへんは今でも変わっていないのだが・・・。

シリーズを立ち上げた時より好みが少し極端になってきたのか・・・・・?
#3 のロッドなのに#4 ラインを入れたほうがシックリする。当然だけどロングキャストは無理。でも20mくらいなら何とかなる。じゅうぶんでしょ。7ft. の竿を使う時は投げてもせいぜい10mくらいなんだから。

最大公約数をさぐりながら、自分の好みを盛り込んで調子を作っていくのって難しい。も少しバットを弱くしてもイイかなぁ・・・・・・U字型のラインがゆっくり延びていく、あの感覚が何とも気持よくて好きなんだけど。
それにしても、単純にフェルール1コ分軽くなるとずいぶん感じが違うもんダ。

[ 追記 ]
ようやく 7ft. の竿に慣れたので、改めて Angler'Choice の#3 2P と 3P とテストロッドを振り比べてみた。
テストロッドはやはりバットが強めになってる。トップセクションのフェルールから少し先端寄りのところが少し曲がり過ぎるのも気になる。3P と並べてみると、気になるところは両方ともフェルールの位置に当たるところで、つまりテーパーの変わり目の部分。で、3P のバットに当たる部分をシェイプすることにした。5in. で0.054mm。10in. で0.108mm。バットエンドでは1.512mm 細くなる計算だ。

慎重にシェイプして、外したガイドやらグリップやらを仮り止め。ラインを通して調子をみると・・・全然別モノ。バットはイイ感じで曲がり、その分トップの負担が軽くなったので、テーパーの変わり目の曲がりもかなり解消。
フェルールの影響がこんなにあったとは・・・・。リクツでは理解していたつもりでも、実際に目の当たりにしてしまうとイヤでも納得させられる。やってみるもんだねぇ。
[PR]

by kurirod | 2015-02-07 20:33 | 竿 | Comments(2)
2015年 02月 04日

ピシッ!

あらら、やってしまった・・・・。
d0287978_1651752.jpg

これじゃあ見えないけど、テープのすぐ左側。ちょうどノードの合わせ目なんだけど、切れた。11ft.#7 3P のトップセクション。もうずいぶん前に組んで振り倒したテストロッド、バットを作り直してさらに振り倒した。軽いラインから重いラインまで一応試し、振り方も強く振ったり竿なりに投げてみたり・・・。

作った当時に比べたら、少しはキャスティングも上達している(と思いたい)ハズなのだが、そこはデモロッドの宿命、振りグセを直しながらテストするもんだから竿にはかなりの負担になったのだろう。おまけにこのあたりは構造上どうしても負担がかかるところ。仕方ないと言えば仕方ないのだが。不精して温めないでクセをなおそうとしたらピシッ!
d0287978_16223565.jpg

見えた? ノードは3スタックにしてある。まさにノードの真ん中が “節切れ” の状態。つられて隣の節無しの面も切れている。ということは接着は良好だという事なんだけど・・・。

まだキャスティングもままならない頃、12ft. の2ハンドロッドを引っ提げてイベントに参加した事がある。スペイキャストが一般に知られ始めた頃で、見に来る方もまともなキャストができる人なんてほとんどいない。見よう見まねでカッコだけはそれっぽい。そこでアクシデントが・・・・。「デモロッドなんだから遠慮しないで試してみて」とお客さんに竿を渡し、ちょっとその場を離れて戻ったら「なんかヤな音がした」とか。工房にもどってからチェックしてみると、バットのフェルールから少しグリップ寄りのノードが切れていた。古い竹竿には “節切れ” しているやつがあるから気を付けた方がいいよと言われてはいたが、こんなに早く、それも自分の作ったやつでお目にかかるなんて思わなかった。まちがいなくキャスト時にコックしたんだろう。みんなずいぶん乱暴なキャストをしてたんだなぁと、今にして思う。
[PR]

by kurirod | 2015-02-04 16:50 | 竿 | Comments(0)