竿屋の独白

kurirod.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2015年 04月 28日

使えば減る

使えば減って最終的には用済みになるのはあらゆる道具の宿命。ヒトも同じようなもんだけどね・・・・。
d0287978_1210859.jpg

右の2枚は砥ぎ減って短くなったやつ。かろうじて使える長さはあるのだけど、ここまで減ると焼き入れが甘くなってきてすこぶる刃持ちが悪くなる。で、そうなったら引退。

上にある平鋼は、竹をいじり始めた頃ギャリソンのマネをして作ったマーカー。同じ幅で節のところを割っておいて、最後にドライバーでこじって裂くというエラく丁寧な裂き方をする時に使う。あまり使い勝手がいいものではなかったので、すぐに使わなくなった。だから傷んでない(爆笑)。

時々ブランドの竹竿も “ ギャリソン式 ” で作っていると思いこんでいるヒトと出会う。ケミカルの材料が無かった時代にあんな作り方をしていたら世界のブランドになれるほどの数は作れない。基本、あの作り方は「みんな、ほら、こういう風にすれば自分で竹竿が作れるよ」という Do it yourself の世界のハナシなのダ。

d0287978_12334113.jpg

鉋の刃にちなんでもう一つ。同じ角度で砥ぐための冶具。カナダの VERITAS というメーカーで作っていたが、ずいぶん前に生産中止になっているらしい。真鍮のローラーが偏芯していて5種類の角度が設定できる。まとめて砥いでおくのに重宝しているが、ローラーが砥石の上を転がるので微妙に減ってくる。そうすると刃先が平らに砥げなくなってくるので、そうなったらローラーを取り替える。ローラーは旋盤で自作する。もう10年くらい使ってるかなぁ・・・・。

ついでにも一つ。
刃先になにやら粉が付いているのがお分かりだろうか? プレーニングフォームの破片です。
このくらい削らないとセットした太さには仕上がらない。プレーニングフォームも消耗品なのだ。
[PR]

by kurirod | 2015-04-28 12:50 | 道具 | Comments(0)
2015年 04月 26日

使えそう?

ずっと温めていたアイデアや、フと思いついてぜひやってみようとしていたモロモロが一段落した。
で、たまには(?)フライでも巻こうかと思ったが、パターンブックに載ってるようなものを巻くにはマテリアルが揃わない。ま、フライなんてなんかモジャモジャしていて水面や水面直下、あるいは水中をユラユラしてくれればパターンブックなんかに載って無くたって・・・・と、いい加減なククリで巻いてみた。一応スイングさせて使うウェットパターンのつもり。
使った材料はこれ。
d0287978_16292131.jpg

テレストリアル用のフックと胸のあたりが禿げチョロケになってきたパートリッジ。なんとかそれらしく仕上げたかったので、タグにゴールドフラットティンセル、テールに小さなクレスト、いつ買ったんだかわからないラビット&フォックスをボデイーにしてグリズリーをパーマーに巻き、細いシルバーオーバルティンセルでリビング。ハックルはパートリッジのお尻の両側あたりの、普通は使わないような柔らかくて大きな羽根を 2 ~ 3 巻き。
d0287978_17153858.jpg

ソフトハックル風なんちゃってフライの完成。
d0287978_17172014.jpg

こいつをフリーノットで結んで泳がせてみたい。どお?
ナンか最近廃物利用みたいのばっかだなぁ、リールシートと言い・・・・。

あ、そういえば工房のスズランが一斉に咲き始めた。
d0287978_17212678.jpg

一斉に咲くと賑やかでイイけど、順繰りに咲いてくれた方が長く楽しめるんだけどなぁ。
[PR]

by kurirod | 2015-04-26 17:24 | フライ | Comments(0)
2015年 04月 20日

業務連絡

INNOVATIONⅢ Para&H HP にアップしました。

http://www.kurirod.com/WEBSHOP1.html
http://www.kurirod.com/NEWS.html

ぜひご覧下さい。
[PR]

by kurirod | 2015-04-20 17:56 | 竿 | Comments(0)
2015年 04月 15日

釣果報告

昨年末、納品したスペイロッド 14ft.#10 のオーナーから釣果報告をいただきました。

d0287978_12204973.jpg

竹竿でサクラを釣りたいということでオーダーをいただいたのが11月頃だから、半年くらいで望みをかなえた訳だ。羨ましい・・・。
竿はこれ。

d0287978_1234465.jpg

当工房で一番長くて強いモデル。グリップの形とリールシートのスペーサー、スレッドの色などはオーナーのご指定。サクラを掛けた川の名前や使ったフライ、ラインシステムなどは一切わからないが、とにもかくにも1匹。めでたいっ!竿屋も嬉しいっ!

[ 追記 ]
どうやらオーナーがブログを読まれたらしく、メールをいただきました。

ライン : スコットマッケンジーDTX56フィート、インターチェンジャブルtype3ティップ
フライ : スペイフック#7にオレンジ、ブラックのバックテイルストリーマー
その他 : 最上川、56センチ、4月12日

という事でした。ご連絡いただき、ありがとうございました。
[PR]

by kurirod | 2015-04-15 13:10 | 釣り | Comments(0)
2015年 04月 14日

冶具

なにか工作をする時に、無くてもできるけどあれば便利、というものがある。それが冶具(ジグ)。
竿以外のモノを作ってみたくなって、かねて気になっていたこんなものを作った。資材用のコンテナから出てきた軸受、端材を放りこんである箱から探し出したステンレスとアルミの丸棒を旋盤で加工して・・・・・。

d0287978_126598.jpg

ハテ、何でしょう?  こんなふうに使います。ケースと “ ケツ押し ” の径が同じなのはただの偶然。
d0287978_1284023.jpg

チャックに固定してあるのはフィルムケース。これを回してカッターを当てれば簡単に切れるハズなのだが、リクツ通りになんかなってくれない。フィルムケースは柔らかいので切れるカッターといえども当てれば圧がかかる。圧がかかれば簡単に軸がズレてカッターの刃はあらぬ方向へ・・・・。
丸棒を削る時には軸がズレないように回転センター押しで固定するが、フィルムケースにはこれが使えない。
平らなものでケースのケツを押さえないと。で、間に合わせで簡単な “ ケツ押し ” を作ったのだが、回転しないのですこぶる具合が悪い。不便を忍んで使っていたのだが、いつかちゃんとしたのを作ろうと思いつつずいぶん時間が経ってしまった。

d0287978_12404820.jpg

今度は具合がイイ。カッターの刃を当ててもズレないのできれいにカットできる。でもなぁ・・・ここまでやってもフィルムケース自体がほぼ化石になってきちゃったからなぁ・・・・。

あ、これバーニッシュのエポキシを混ぜるのに使うの。残ったらそのまま硬化させれば簡単にとれて容器は何回も使えるワケ。
[PR]

by kurirod | 2015-04-14 12:49 | その他 | Comments(0)
2015年 04月 12日

またやった

またやっちゃった・・・。こないだ作った竹のリールシートを使ってみたくてシャフトや金具の組み合わせを考えていたのだが、結局こういう事になった。
d0287978_20501613.jpg

まだバーニッシュはかけてない。フレームフィニッシュのシャフトに古いタングステンのスネークガイド。ストリッピングはガンブルーで処理したパーフェクションのカーボロイ。リールシートの Cap & Ring とフェルールも染めた。ワインディングスレッドはダークブラウン。ちょっと色が浮いてるけど、もっと落ち着いた色に仕上がるハズ。
INNOVATIONⅢ 703 H のスペシャルバージョン!
やり過ぎなんだってば・・・・。
[PR]

by kurirod | 2015-04-12 21:01 | 竿 | Comments(0)
2015年 04月 05日

リールシート

このところ、竿の下ごしらえに追われていた。 3m600 の竹を節をずらしながら材料取りすると、どうしても端材が出る。もったいないとは思いつつ捨てていたのだが、こないだふと数年前に見た竹のリールシートを思い出した。初めて見た時に「面白いな」と思い、ちょこっと試してみたことはあったのだが面倒になって放りだした。
今回はちょっと気を入れてやってもようと思い立ち、一度ゴミ箱に放り込んだ断ち落としを拾い出して再度の挑戦。
d0287978_1454815.jpg

細かく刻んだ切片の内側のデコボコを取り、接着剤をたっぷりめに入れてクランプで締めて硬化を待つ。しっかり硬化したら旋盤にかけて丸くする。丸くしたやつをルーターで面を取り、サンドペーパーで仕上げる。表面を滑らかにしたら薄めたウレタンを浸み込ませ(2回)、軽くペーパーを当てて金具をセットしたら完成。
d0287978_1525087.jpg

こんな感じ。
d0287978_1511112.jpg

この方が解かりやすいかなぁ。
d0287978_15123232.jpg

洋白(ニッケルシルバー)もイイけどブラスの方が似合いそう。竹のムダも少しは減るかな。
[PR]

by kurirod | 2015-04-05 15:16 | その他 | Comments(0)