竿屋の独白

kurirod.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2015年 11月 29日

完成! だと思う・・・

12ft. スプライスロッドが完成した。
d0287978_16344614.jpg

バット側のジョイントに課題は残るけど、使用上の支障が出るほどではなく、解消法はわかっている。
今回ほどガイドスペーシングの重要さを思い知らされたことは無いが、できてみればナルホドそうだよな・・・と納得。ただ、一般的な2ハンドロッドの見かけとはちょっと違っているので、そのへんがどういうふうに受け取られるのか気になるところ・・・・。
d0287978_1644693.jpg

この画像でお判りかな? シャフトのテーパーの取り方でガイドスペーシングはこうなった。
d0287978_17565190.jpg

バンブーロッドは工芸品ではなくてただの釣り道具というふうに考えれば、当然使用感が最優先の課題。だからそうしたらこうなったんで、別に奇をてらったわけでもナンでも無い。作った本人が思わず笑っちゃうくらいの ” 常識外れ(?) ” かも知れないが、ジョーシキってナンだ?単に固定観念という意味だったら、そんなモンは自由な発想や感性にとって邪魔なだけ。

実はこの位置、決めかねて迷っていた時にさるお方の「思いっきり下げて見たら?」というアドバイスによるもの。で、その通りにしてみたらモヤモヤはすっきり解消。本組みをして、経緯を知っているギャラリーに見せたら「え~~っ、ホントにやったのぉ~?」だってさ。やったけど、ナニか? ラインを入れて渡したら「こんなバンブー振った事無い」と、なかなか返してもらえなかった。

久々にネーミングをしたくなった。ポっと浮かんだのは “ 変わり者 ” 。カタカナにして目くらましをしようとしたのだが、変わり者 → 風変わりな → strange → stranger?・・・・フランス語にしてみたら bizarre 、ん~~語呂はよさそうだけど、どう発音するんだ?

肝心な適合ラインはといえば、これは使う人のキャスティングのクセや好みが大きく影響するところだし、竹という素材自体もけっこうポテンシャルが高いので特定するのが難しい・・・・。

上のやつはパラボリックな感じで skandi line の 330~450gr. くらいが無難なところだが、ちょっと気を遣えるなら 480gr. でも。
基本的にバット以外の部分は同じテーパーなのだが、下のやつはバットのテーパーがほんの少しきつくしてある。その分パワフルに感じるのだが、適合ラインはほぼ同じ。OPST の 375gr. (ティップ 90gr. で都合465gr. )を入れて見たらこっちはドンピシャだったけど・・・。

あ、それとひとつ驚いた事があるんだけど、フェルール仕様と比べるとびっくりするほど振りグセが付きにくい。明らかにハッキリ違う。これは特筆するべきだと思う。
フェルール仕様と比べると携帯性や組み立てに不便はあるが、一度組んでしまえばかなり楽しい竿だ。ま、一長一短という訳で、どこを優先するかはその人次第。お好きにどーぞ、か。
[PR]

by kurirod | 2015-11-29 17:43 | 竿 | Comments(0)
2015年 11月 24日

続々・12ft.スプライスロッド

ちょっとした思い付きで始めた 12ft. 3P のスプライス、どっぷりハマっている。
今回はバリエーションを増やすのではなく、一番汎用性がありそうなやつを煮詰めている。
d0287978_11284852.jpg

これ。すでにフェルール仕様で完成している #7 Paraboric のテーパーを土台にしている。

課題はジョイント部の構造とアクションの見直し。すでに2本目。ジョイントに関しては以前 2P で 1 ダース近くの試作をしているので、どうしたらイイのか見当はついている。今回は、それをもう少し詰めるだけ。
問題はスペイキャストに適したアクションを作る事なんだけど、人によってキャストのし方はまちまち。特に、日本の “ スペイキャスト ” はアンカーを打つオーバーヘッドキャストと言われているらしいので厄介。英国由来のキャストができる人はほんの一握りと言われている。動画サイトを見ても、スペイキャスト自体がどんどん変わっているようでつかみどころが無い。UK発の動画を見てもタイトルにわざわざトラディショナルと表示しているくらいだ。が、定義としては「角度変換をするロールキャスト」という事のようだ。

そのへんの事情を横眼で睨みつつあちこちのグループに顔を出し、近所でスクールがあると聞けば見学し、ネットサーフィンで英米の名を知られたキャスターのデモを繰り返し見て、やっとおぼろげながら “ スペイキャスト ” の輪郭が見えてきたのは最近のこと・・・・。
d0287978_1145979.jpg

2本目の試作のガイドスペーシングをしに行ったんだけど、ナンだカンだといじっているうちに、もしかして・・・と不埒な思いが頭をよぎり、結局最初のやつもやり直すハメになった。
d0287978_11453481.jpg

ガイドの位置って何となく一般的にはこういうふうになっているもんだという既成概念があるようだけど、敢えて無視して感覚だけを頼りにやってみると全然違う世界が見えてくる。(竿は道具でしょっ!)

んな訳で常識外れだろうがカッコ悪かろうが外野の雑音は一切無視すると、足カセがとれたみたいに一気に頭の中が自由になった。目からウロコってこういうのを言うのかも。

来月立川で開催する「竹のクラフト展」には本組みした最終バージョンがお披露目できそう。乞うご期待!
[PR]

by kurirod | 2015-11-24 12:09 | 竿 | Comments(0)
2015年 11月 13日

続・12ft. スプライスロッド

雨になるかと思ったら降りそうもないので、また河原に行った。
前日、河原であーたらこーたらと竿とラインをいじくり回して工房に戻ると、頼んでおいた 360gr. のスカンジヘッドが届いていたのですぐに使ってみたかった(ガキか・・・)。
d0287978_17474235.jpg

仮り組みの時点で手持ちのめぼしいラインは一通り投げてみたけど、いまいちシックリくるラインが無かった。
狙いはドンピシャ。オーバーヘッドだと 330gr. の方が投げやすいみたいだけど、スペイで使うとちょっと軽い。360gr. ならオーバーヘッドでもスペイでも使えそう。川に出てからじゃ、よほどの事が無い限りラインの交換なんてしないからね・・・。
フェルール仕様のやつと振り比べてみたけど、当然適合ラインは同じなのにキャストの感触がかなり違う。
スプライスの方はかなり乱暴に振ってもジョイントの破損を心配しなくて済むので、かなり気が楽。セットが面倒だけどね。
重めのラインの方がキャストが楽なので、ず~っと 450gr. や 480gr. を使って#7 ロッドのつもりでいたけど、オーバーヘッドでも使う事を考慮するとどうやら訂正した方が良さそう。360gr. だと #6 相当なのよね。そもそもスペイやスカジットのラインには規格が無いのに、それを使う竿に番手表示をすること自体がナンセンスだと思うのだが・・・・・。ま、目安ということで。

河原でこんなの見つけた。もう何回も行ってる所なのにね。
d0287978_1815517.jpg

d0287978_181534100.jpg

うまいこと乗っかったもんだ。
[PR]

by kurirod | 2015-11-13 18:16 | 竿 | Comments(0)
2015年 11月 12日

12ft.スプライスジョイント

12ft. 3P のスプライスジョイント、本組みができたので早速河原へ・・・。工房では陽がさしていたのでラッキー!と喜んでいたら、河原に着いたとたんに曇りはじめてちょっと寒かった、くそっ。
d0287978_19454056.jpg

お伴は9ft. 2P 。
d0287978_19461031.jpg

スプライスジョイントは1Pに近いアクションになると言われているが、12ft. の1Pなんて見た事も無いし振った事も無いので比べようがない。「ふ~ん、こういうふうになるのか」と思うしかない。確かにフェルールの仕様より持った時に軽く感じるし、振ってもベンドがスムーズな感じがして何となく気持ちイイ。重めのラインを振ると、フェルール仕様ではトップにクセがつきやすいがスプライスではほとんどつかない。振れるラインの重量は同じ。スカンジで 480gr. までなら何とかなるが、ストレスを感じないで使うなら 350 ~ 400gr. くらい。もう少しいろんなラインを入れて試してみるつもり。
d0287978_19464741.jpg

ちょっと前まではコンビニでクラッシュアイスを買って行ったんだけど、今日は工房からコーヒーを持って行った。チョコチップクッキーとコーヒーは冬の定番。
[PR]

by kurirod | 2015-11-12 19:49 | 竿 | Comments(0)
2015年 11月 07日

スプライス 3P

イタズラのつもりで組んだ 2P のスプライスのデキが良かったので、ついその気になって 3Pのスプライスに再挑戦した。ミドルセクションの両端をスウェルに削るのは、フォームにハンドプレーンでは無理があると思って諦めていたのだが・・・。
ジョイント部の処理のし方を思いついたので試してみたくなった。
d0287978_19573978.jpg

やっと仮り組みにこぎつけたので、さっそく河原に・・・。
d0287978_19584681.jpg

左はプロパーになっている 12ft. 3P #7 、右の仮り組みがスプライスバージョン。ベースのテーパーは同じだが、スプライスの方はバットセクションが気持細めになっている。
d0287978_19594457.jpg

トップ側とバット側は同じやり方で処理してあるが、バット側は一見してわかるくらいのスウェルにした方が良さそう。使用するぶんには問題は無いと思うのだが、製作者としては微妙に “ くの字 ” に曲がるのが面白くない。このままで “ くの字 ” を解消する方法もあるのだが・・・。
d0287978_1947248.jpg

ジョイントの部分が長くなったので、ガイドスペーシングが難しくなった。フェルールのやつより1個少ない。
[PR]

by kurirod | 2015-11-07 19:49 | 竿 | Comments(0)
2015年 11月 05日

竹のクラフト展

今年もやります。
d0287978_97628.jpg

今回は前回と同じ区画に先約が入ってしまったので、違う区画での出展になります。ま、同じ建物なんだけどね。どうやら芝生の広場側になりそう。試投場所は今までと同じ。なので、「ちょっと外で振ってみる?」というには少し歩し歩かないとイケマセン。芝生の所が使えるとイイんだけど、広場と建物は管理している部署が違うそうで、手続きがエラく面倒だとか・・・。

そんな訳ですが、展示の内容は従来通りです。

当工房からはスプライスジョイントの 2P ・ 3P の試作や、Angler's Choice 、Innovation シリーズのデモロッド等を出展します。
[PR]

by kurirod | 2015-11-05 09:25 | イベント | Comments(0)
2015年 11月 02日

引き続き

まだいじくり回してる、こないだのスプライス。
d0287978_12491411.jpg

けっこう振り倒したつもりだったんだけど、自分で投げてると竿がどういうふうに曲がっているんだか見えないので、いつもと違う河原に行って振ってもらった。皆さんが練習で振ってるのは短くても 14ft. の2ハンドだから、9ft. のスイッチもどきはいささか場違い。

450gr. のスカンジヘッドで試してもらった。アセテートのやつが無くなったのでビニールテープで固定したジョイントは問題ナシ。全体のカーブも悪くないと思う。瞬間的に深く曲がるところを注意して見ていると、微妙にトップよりバットの方が曲がっているように見えるのだが、振ってる本人に違和感は無いという。

シングルスペイやスカジットキャストをするぶんには気にならないのだが、オーバーヘッドで投げるとラインが重い。あと 100gr. 軽くていい。そこで疑問が・・・・・。オーバーヘッドで投げるのと、水の抵抗を利用したキャストをする時では、最適なラインの重量って違って当たり前なのか? それとも同じで当然なのか?

d0287978_13234631.jpg

どうもグリップのカタチが気になったので、工房に戻ってから少しシェイプした。いくらか良くなったように見えるが気のせいか?
[PR]

by kurirod | 2015-11-02 13:28 | 竿 | Comments(0)