<   2016年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2016年 06月 29日

11ft. その後

本組が終わり、バーニッシュもとりあえず3回塗り。
降り続いた雨も上がったので、早速試投に利根川へ。増水してようが濁ってようが、どうせ魚が目当てじゃ無い。むしろ条件が悪ければ鯉釣りのオッサン達がいなくて好都合・・・と思ったのだが甘かった!

河原に車を乗り入れ、リヤゲートを上げて竿にテーピングをして顔を上げると、ナンと! 20 メートルほど下に車が。地元の鯉釣りのオッサン。ローカルルール丸出し。「ここはオレ達がいつもやってるところだ」とばかりにごついぶっ込みの仕掛けを放り込んで竿掛けを打ち込んでいた。
ラインを選んでリールを装着し、顔を上げるとななナンと2人目の車が。いやはや・・・・。

竿の曲がり方はこんな感じ。
d0287978_9375186.jpg
d0287978_9381147.jpg

バット側のジョイント部分が少し突っ張り気味で、フェルール仕様だとかなりパラボリックなのがセミパラボリックくらいになっている。振った感じは悪くないのだが・・・・。
まだスカジットラインは試してないが、スペイキャストではスカンジナビアンの 450gr. がベスト。オーバーヘッドで投げるなら 380gr. くらいが限界かも。360gr. だと軽めな感じだけど、400gr. だとバックキャストでベリーが下がる。バットのテーパーを微調整する必要があるかなぁ・・・?

それにしても雨後の利根川はキッタネー。大小さまざまなゴミが流れてくる。発泡スチロールの容器やペットボトルなんか当たり前。生活ゴミの入ったビニール袋や、キャンプで使うアルミを貼った発泡のシート、レジ袋に小さな立ち木が丸ごと、葦のかたまり、etc・・・・・。まるでドブ川。ま、こんな川でもニジマスやヤマメが釣れたりするんだけど・・・・・。
[PR]

by kurirod | 2016-06-29 10:36 | 竿 | Comments(0)
2016年 06月 27日

節切れ

気に入っていた 11ft. #7 3P のバットが節切れした。ちょっと前から振ると妙なキシミ音がするようになって、チェックはしてみたんだけど原因を見つけられなかった。バットのフェルールが3~4回目くらいの使いまわしなので、その辺りを重点的に調べてみたが異常は無かった。まさか節切れとはね・・・。
だんだん疵が大きくなってきて、浮いてきたのでやっと気が付いた。どうやらモノフィラのランイングラインでスカジットヘッドを試している時にスカったのが原因らしい。
d0287978_12222973.jpg

節のところは繊維が通ってないので、無理な曲げ方をすると切れることがある。
気に入ってるアクションなので補修して使えるようにはしたが、やはり気になる。で、これをキッカケにスプライスジョイントで仕立て直す事にした。バランスのいいテーパーなので、いつかやってみようとは思っていたことだし。

どうせ作り直すならバットのテーパーをちょっといじって、ついでにリールシートの構造も変更して・・・と欲が出る。
見た目はフツーのバットでフツーのグリップまわりだけど、調子は全然違う。前回作った 10ft. #5 に近いアクションになった。そりゃそうだよね、同じ構造なんだから。
d0287978_12211379.jpg

スプライスジョイントの “Bizarre” シリーズ。10・11・12ft. 。

バットのテーパーのとり方で、ノリのいいストリッピングの位置が微妙に変わる。これを逆手にとるなら、ストリッピングの位置を変えれば多少はアクションの調整ができる。
d0287978_1231088.jpg

今回はベストポジションが予想してた位置とだいぶズレていたので、探し出すのにちょっと時間がかかった。適合ラインを確認するのは本組してから。
[PR]

by kurirod | 2016-06-27 12:43 | 竿 | Comments(0)
2016年 06月 12日

やっぱり楽しい

竹2本を裂いた束と、残っていた 3P 1 セット分(12ft. 用)の曲がり直しがやっと終わり、火入れをした。
真夏になってからじゃやりたくないからね。窓を全部開け、換気扇とサーキュレーターで使っている扇風機を回したんだけど、やっぱり暑かった。室温計は 30° を超えたまま。
4 時間ほどかかって 3 回火入れをしたら、終わったのは 4 時過ぎ。天気予報じゃ夜になってから雨ということで、イイ感じの曇り空。行かないては無いでしょ、すぐ出れば夕マヅメに間に合う。という訳で、矢も楯もたまらず利根川へ。
d0287978_21295886.jpg
d0287978_21302214.jpg

場所は前回釣ったのと同じ。河原まで車で入れる一番近い所。予想通りかなりの減水。ま、いいか、竿が振れれば、と思って 4 投目くらいにあっけなく手ごたえあり! ニジだけどね・・・・。前回より少し小さめで、ちょうど 30cmくらい。ライズはひとつも見えなかったが、こんな日は明るいうちからポツリポツリとヒゲナガが出る。なのでフライは迷わずこんな時用に巻いた羽化寸前のパターン(のつもり)。
d0287978_2142294.jpg

ニンフ用#10 フックにキジのセンターテイルで巻いたメイフライ風。
竿は毎度の Bizarre 10ft. #5 スプライスジョイント。ラインは不精してOPST の 200gr. に 85gr. のインタミティップ。減水してたら立ち込めば流心に届くと思ったんだけど、手前の緩いところで小手慣らしをしてたら釣れちまって拍子抜け・・・・。

ほんの 4 時間ほどだったけど、これだけイメージ通りに釣れるとたまらん。やっぱり釣りは楽しい!!
[PR]

by kurirod | 2016-06-12 21:56 | 釣り | Comments(0)