竿屋の独白

kurirod.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2017年 02月 23日

モッサモサ

去年の秋口だったと思う。キ印達がキャス練に集まる利根川の河原で、よもやま話がフライの事になった。サイズだの色だの流し方だの、皆さん一家言お持ちの手練れなので話が尽きない。その中で気になったのが「管釣りで遊んでて、出が悪いのでちょっと試してみた」というハナシ。フライを見切られているようなので、ポイントをゲープから折って投げてみたら躊躇なく咥えてきたというのだ。
その時は、へ~~、ホント? とき聞き流したが何となく気になっていた。

高価なマテリアルを使ってフライに凝る人もいれば、これでフライ? と聞きたくなるくらい無頓着な人も居て、雑なフライの方が釣れたりするから始末が悪い。消耗品なんだから安い材料でそれらしく巻けるヤツがイイよね・・・。ゲープとポイントが見えなきゃイイのか?

という訳で、たまたま見つけたスチールヘッド・アトランティックサーモン用フライの動画のパターンをアレンジして巻き散らかしてみた。パターンは少ないけど色のバリエーションで変化を付けた(?)。
d0287978_19433931.jpg

d0287978_19435938.jpg

d0287978_19442833.jpg

d0287978_19444956.jpg

d0287978_19452147.jpg

d0287978_1948213.jpg

ここから下は、上からと下からの姿も。
d0287978_19483396.jpg

d0287978_1949333.jpg

d0287978_19464093.jpg

d0287978_19465910.jpg

d0287978_19472981.jpg


どお? 確定申告が済んだら利根川で使ってみようと思ってる。
[PR]

by kurirod | 2017-02-23 20:04 | フライ | Comments(0)
2017年 02月 19日

10ft. #5/6/7 プロダクトモデル

しつこくいじくり回していた 10ft. 3P の 2 ハンドロッドがようやく完成した。
360gr. のスカンジ・ショートで使えるように調整して本組みまでしたのだが、なんか納得しきれなくて結局再調整した。

で、またライン合わせ。もちろん " 振り感 " も含めてのテストな訳だけど。
個人的な好みと言われればそれまでだけど、スピードは無くてもトルクのあるループが作れるような竿を竹で作りたい。ラインが力強くガイドを滑っていくあの感触が、何とも言えず気持イイ。
思い通りにフライを流せて魚を掛けられたら、もう言う事は無い。

360gr. にこだわっていたので、どこかイメージしてたのと違う感覚をキャスティングのせいだと勘違いしたらしい。試しに入れた 390gr. の方がイメージに近い。それじゃあ、と 420gr. を入れたら・・・これこれっ! やっと腑に落ちた。調子に乗って 450gr. を入れたら、さすがにこれはかったるかった。
d0287978_18163277.jpg

下のが今回の 10ft. 。上はベースにした 11ft. 。テーパーデザインが共通なので同じような調子で、そのままプロダクトモデルにするつもりだ。振り方を加減すれば、使えるラインはかなり幅があるので、番手指定は #5/6/7 。

気分がイイので、次は 13ft. に再挑戦するつもりだ。
[PR]

by kurirod | 2017-02-19 19:00 | 竿 | Comments(0)
2017年 02月 16日

10ft. #?

竹 4 本分のクセ取りがやっと終わって下ごしらえのストックができた。
d0287978_20241371.jpg

3P 用のが 4 セット分、2P 用のが 6 セット分。3P 用のはデモロッドにする割合の方が多い(何をやってんだか・・・)。火入れまで済ませておくと納期が大幅に短縮できる。注文したら早く届いて欲しいでしょ?
今回は 10ft. の 2 ハンドロッドをフェルール仕様で作るという目的があったので、下ごしらえはそれほど苦にはならなかった(それでもこの作業はキライだ)。で、早速取り掛かった。思うところがあって、テーパーから起こし直した。ベースにしたのは 11ft. #6/7 。10ft. は#5/6くらいにするつもりで、ありったけの経験を総動員した。できたのがこれ。
d0287978_20444755.jpg

小雨が降るのにガイド位置の確認とライン合わせのために河原に行った。我ながら「アホか」と突込みたくなる。雨天決行のかいあって(?)アクションについてはほぼ想定通りの仕上がり。一か所気に喰わないところがあったけど、ガイドで調整できる程度だったので良しとする。全体に張りのある感じでパワフル。スペイロッドにしては強すぎるくらい。

気を良くしてすぐに本組み。ワインディングスレッドは好みのガーネット。バーニッシュの硬化をジリジリして待ち、実用強度に達しているのを確認すると河原に行って再びライン合わせ。キャスティングってその時々で微妙に変わるから、しつこいくらい繰り返して確認する必要がある。適合ラインもテストの時の調子で重めになったり軽めになったりする。
半月ほどのブランクの後で練習すると、やたらに力んじゃったりすることはよくある。今回も、どうやらやっちゃったみたい・・・。

何となく気にはなってたんだけど、テーパーを変えたせいだと思ってた・・・違うみたい。
300~390gr. のレンジで使えるのはほぼ予想通り。しかし、360gr. がオーバーヘッドで投げられちゃう???
アンカーを打つキャスティングは竿全体が曲がってくれる方が、キャストでも無理が無く距離も出る。他にもいくつか条件はあるが、これが最大の特徴だと思う。しかし、キャスティングのクセは千差万別、ラインの重さの好みも十人十色。つまり、幅があって「絶対これ!」というのが言いにくい訳で・・・。
これはこれでイイんだろうけどと思いつつも、自分に言い訳したって始まんねえだろとツッコミを入れて、結局やり直すことにした。
あ~~ぁ。
d0287978_21483598.jpg

d0287978_21485999.jpg

[PR]

by kurirod | 2017-02-16 21:49 | 竿 | Comments(0)