竿屋の独白

kurirod.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2017年 08月 31日

あ~ややこしっ!

13ft. のライトスペイロッドをテーパーから起こし直して作り直したのは 2~3ヶ月前の話だけど、アクションが変わったので適合ラインも変わってしまった。テーパーは前のやつを下敷きにしているので、そう極端に変わってはいないハズなんだが、どうもシックリしない。で、ライン探しが始まった。タイプはミッドベリーのフローティング。
最初はこれ。スコットランドのショップから出品されてた。
d0287978_21325284.jpg

ダブルテーパーの親分みたいなスペイラインで飛ばない! 取りあえず 10mほど出してダウンでキャスト、流れに乗せたらメンディングしながら送り出したり引っ張ったりして使うらしい。モロ鮭釣り用。
次がこれ。
d0287978_2142432.jpg

ミッドレングスヘッドで 12 ~ 14ft. の竿で中規模の川向き、#6/7 480gr. の表示。ちょっと軽かった。12ft. の竿にはピッタリだったけど。
なので別のを・・・。
d0287978_2152657.jpg

今度は番手で選んで#7/8 。アメリカのショップから出ていた MidSpey の売れ残り。ちょっと重かった。#7/8 の表示のほかに M8F 560gr. のラベルが・・・なんだよ!
しょうがないから今度は重さで選んで RIO の inTouch Mid Head Spey #6/7 540gr. 。今年のモデルだから高かった(泣)。
" 三度目の正直 " でやっと正解。ただしバットが柔らかめの方だけ。バットを強めにした方には、結局、以前買った廉価版 DTX の WF8/9 (重量表示ナシ)がピッタリだった、ふぅ~~。

d0287978_22241960.jpg


しかし、やはり竿と相性がいいラインで練習すると、余計な力が入らなくて少し上達が早いかも。(大枚はたいてるんだから、それくらいのメリットが無くちゃねぇ・・・。)
スペイキャストの特徴でもある " ラインを横に回して縦に展開する、でも竿は縦ではなく袈裟懸けに起こしてラインをリリース" というのができるようになってきた。まだ少し力が抜けきらないところもあるけど、ループの展開にも力強さが出てきた。も少し力が抜けて高い位置でループが出せるようになればいいんだけどなぁ。

PRACTICE,PRACTICE & PRACTICE AGAIN だそうだ。
[PR]

by kurirod | 2017-08-31 22:31 | ライン | Comments(0)
2017年 08月 05日

芯出し調整顚末

今年の 4 月、卓上型の小型旋盤を新調した。
それまで使っていたのはベッドがアルミ合金で、摩耗が原因でスムースにスライドしなくなっていた。標準品の三爪チャックにも不満があった。CAP&RING を Φ20㎜ の洋白棒から削り出すのだが、主軸貫通穴は 20㎜ なのにチャックの穴が 15㎜ なので、長い材料をそのまま咥えることができない。加工にはどうしても咥え代が必要になるのでエラく材料効率が悪い。ネットで検索してみたら、オークションで 20㎜ の材料を貫通して咥えられるチャックの格安品があったので思わずポチった。大陸製だ。モーターがデカくて馬力は問題無さそう。
d0287978_1550637.jpg

右の赤いやつ。台東区の方の機械屋さんの出品で、一応調整はしてあるという事だった。届いてみれば油まみれで調整はユルユル。初期の動作確認で、スピードコントローラーを最速まで回してみるというのがあるのだが、スピードを上げていくと振動が出る。芯ブレ? 仕方なく今度はマグネットスタンドとダイアルインジケーターをポチっ。
d0287978_1654018.jpg

半日かかってかなりのところまで調整すると高速回転時の振動は収まった。しかし今度はワークピースの芯ブレが・・・。

それまで何となく使えてはいたけど、知識は " 門前の小僧 " で、金属加工業の知り合いなどから聞いた断片的なものばかり。で、これを機に旋盤について調べまくった。こんな時にはインターネットの便利さを痛感する。半日も PC にかじりついてればゲップが出るほどの知識が手に入る。芯の出し方や " 常識 " と言われるような知識が山ほど。

それで改めて確認したのだが、このテの卓上旋盤では芯ブレの 0.1㎜ なんて許容範囲でたいした問題ではないらしい事、三爪チャック自体構造上芯が出にくい事。国産のメーカー品ならコンマ 2 桁の精度が出ると教えてくれた知人もいたが、これ、エラく高価で安い本体の半分くらいの値段。
d0287978_1765524.jpg

d0287978_1793673.jpg

チャックを交換すれば多少は精度も変わるかと思い、取り寄せてみた。ウェブショップやオークションでよく見るメーカーで値段も安い。が、届いてみれば完全に大陸製。加工しっ放しでそのまま組んである。いかにもガサツな作りで標準装備されているやつより雑だ。切粉と切削オイルにまみれていて、チャックキーを差し込んで回すとジャリジャリと引っかかる。精度なんて望む由もない。唯一感心したのはパッキングのし方だけ。一応バラして洗浄、グリスをスプレーしてみたが、結局箱に戻した。勿体無い授業料を払った。

も少し上のクラスの旋盤を探してみたが、これはと思うやつはどれも 50 万以上で中には 100 万以上も。重量も平気で 100㎏ 以上。おまけに電源は動力の 200V。とても手が出ない。

いい加減なパーツを組み立てると作業に手間取り、手間取るわりには出来上がりがいい加減に見えたりする。だからパーツ加工の精度にはこだわる訳だけど、どうやら創意工夫と丁寧な仕事で対応するしかなさそうだ。ヤレヤレ・・・。
[PR]

by kurirod | 2017-08-05 17:36 | 道具 | Comments(0)
2017年 08月 02日

ホームレスレス

リールケースが届いた。
d0287978_1721248.jpg

オークションで中古リールをポチるようになって、多分3年くらいになる(最近記憶の時系列がアテにならない)。きっかけはスペイ系の釣り方で使うラインの主流がヘッドになって、2ハンドロッドのテストに使うラインの量がやたらに増えたから。
実釣ではリール1個にランニングラインを入れて、ヘッドを何種類か持ってけば事が足りるが、テストではそうはいかない。一々ヘッドを交換するのが想像以上にめんどくさい。人に勧められて海外のオークションを覗いたらけっこう良さそうなのが出ていて、ブランドにこだわらなければ経費込みでも4桁で収まる。竹竿に装着して写真を撮ることも想定すると、それなりの雰囲気も無いと困る、などと欲張って探した結果がこれ。J.W.YOUUG&SONS の Pridex 3.5” と 3 3/4” 。
d0287978_1724733.jpg

程度が良さそうなのを見つけちゃあポチっていたら、気が付けばトートバッグの中に裸のリールがごろごろ・・・。いくら何でもこれは無いだろと巾着袋を縫ってもみたけど、意外と手間がかかる。ならば既製品でも、と探してみたが、昔見たムートンのケースなんかとっくに店先から消えていた。
安物でかまわないからケースだけ・・・と思ってたら、アメリカから来た 3.5” の中古リールが入ってた(写真でプリントが入ってるやつ)のと同じものを、たまたまスペイラインを探していて見つけた。
国内の出品だったので在庫を聞いたら複数でもだいじょぶとの事。即まとめ買い(といっても4個だけど)。これでやっとホームレスのリールがなくなる。値段なんて関係なく、気に入ったものは大事に長く使いたい。

話は変わるが、このリール、ハーディーと同じ構造でフレームもしっかりしている。が、脚の形がイマイチで、リールシートによってはちゃんと納まらない場合がある。ハーディーのそっくりさんを作ってくれる人、いないかなぁ・・・。
d0287978_17335491.jpg

[PR]

by kurirod | 2017-08-02 17:33 | リール | Comments(0)