2013年 01月 23日

相変わらずの・・・。

荒川通いが止まらない。
ヒマさえあれば、と言いたいところだが、ここんとこヒマだらけ・・・。
d0287978_19265682.jpg

今回のお相手。1本だけミニチュアのように見えるのは、8ft. 3P #4 。アングラーズ・チョイス シリーズのモデル。2ハンドロッドばかり振っていると、なぜかシングルハンドのオーバーヘッドキャストがヘタになる。
10mのラインを出しておいてワンキャストで15m以上投げる、というのはどうって事ないのだけど、フォルスキャストが続かない。
d0287978_19392123.jpg

30mくらい離れたところにはイケナイ誘惑がいっぱい・・・あれ1羽でどのくらいフライが巻けるだろう・・・。頭の碧いヤツがイイんだけど・・・。

練習だからティペットにはヤーンを結ぶ。で、実釣では絶対しないようなキャストをしてみたりなんかすると、ティペットはウィンドノットだらけ。これはできるだけこまめにほどいてやらないと、ヤーンが石にはさまったりするとすぐ切れる。そこで、
d0287978_1949466.jpg

こんなモノがポケットに入っている。ビクトリノクスのポケットナイフ。折りたたむと全長75mm、厚さは5mmほど。本来は爪の手入れ用らしいのだが、鋏はちゃんと切れるしナイフはキチンと砥げばカミソリくらいには切れるようになる(刃持ちは悪いが)。鋏のスプリングはウェンガーの方がシッカリしているのだが、全体的なデザインはこちらの方が好みだった。これのヤスリのパーツを少し加工してウィンドノットほどきにした。
固く結べてしまうとちょっと難儀するけど、たいていの結び目には有効。昔、「なんとかサム」といういろんな機能をコンパクトにまとめたヤツがあったけど、鋏は切れないし、コンパクトすぎて使いにくく、「役立たずのサム」なんて呼ばれてたツールがあったっけ・・・。「過ぎたるは及ばざるがごとし」を具体的にしたようなヤツだったなぁ。

こいつはいつの頃からか、普段でもポケットに入っていて何かと便利にしている。このサイズはとっくの昔に製造中止になっているハズだから、なくさないようにしないと・・・。
[PR]

# by kurirod | 2013-01-23 20:18 | その他
2013年 01月 19日

パラボリック?

ここ2週間ほど、なんとなく体調が変だったのが、5日前にガタガタと悪くなった。ちょうどシベリア寒気団が下がってきて、天気予報でも冷えるゾ、雪降るゾと警告してた時だったので「ちょっと風邪気味かな」程度に考えていたら、トンデモナイ。
はじめは「今日はちょっとハナミズ多いな」が、昼には「なんかヤなセキが出るぞ。もしかして軽く頭痛?」。
それが翌日には「頭痛え、腰も痛え、体中痛え、あ~っ熱出てるぅ・・・」。近所の医院は休診日だったので、ネットで調べて一番近いクリニックへ。

「A型のインフルエンザですね」という事でマスクを渡され、タミフルや咳止めや鎮痛剤を処方され、「タミフルは必ず全部飲みきるように。服用中は外出禁止。市販の薬は絶対飲まないように」と言い渡された。
タミフル5日分! その間外出禁止!?エーッ・・・無理・・・。

で、ハナミズ垂らして咳しながらつくったのが画像ふたつ。
d0287978_19174573.jpg

12ft.#8
d0287978_1918444.jpg

13ft. #8
メールで、「パラボリックというのはどんな感じ?」という問い合わせへの返信用。言葉では説明不能。
2本とも同じテーパーの構造なのでベンディングカーブはそっくり。長さだけが違う。
自信作ではあるのだが、パラボリック・・・?
[PR]

# by kurirod | 2013-01-19 19:32 | 竿 | Comments(0)
2013年 01月 14日

雪!

今年になって(と言ってもまだたいして日にちは経っていないが)2ハンドロッドのキャスティングのコツがつかめたみたいで、今日こそはと意気込んでいたら、雪!
d0287978_15513617.jpg


しょうがないからキャスティングはイメージトレーニングだけにしたら、空いた手は勝手にフライを巻く。

そういえばサーモンフライっていろんな羽根を使ってウェットフライみたいに平べったく巻いてあるけど、使う時にはガシガシブラシをかけてから使うって知ってた? もしかして、これってジョーシキだった?
ミックストウィングっていうのがあるけど、同じ状態にして使うらしい。知らなかった。
で、ミックストウィングを巻いてみた。
d0287978_1692741.jpg

d0287978_1610997.jpg

d0287978_1612167.jpg

なんか物足りない気がする。そうか、ジャングルコックがほしいなあ・・・。大昔に買ったヤツ、引き出しの中で
粉になっちゃったからなあ・・・。
それじゃあたまにはドライでも、
d0287978_1622699.jpg

マイクロファイベッツのテールと安いCDCのウィング付き! しかし#10のドライフライって使う事あるかね?
じゃ、こんなのは?
d0287978_16263935.jpg

[PR]

# by kurirod | 2013-01-14 16:49 | フライ | Comments(0)
2013年 01月 13日

フライ

d0287978_16172542.jpg

作業テーブルの上が雑然としてきた。本来はロッドの巻きやバーニッシュをかける時に使う
テーブルなんだけど、これはどう見てもタイイングテーブルだなぁ。

べつに使うのが目的で巻く訳じゃなくて、気分転換やヒマ潰しで巻くことが多い。
巻く事が目的で巻くから、できたフライは放り出しておく。で、挙句がこのザマさ・・・。

以前はドライフライが多かったけど、2ハンドロッドを作るようになってからはウェットフライが
増えた。なんか、いかにも洋風毛鉤っぽくてさ。
d0287978_16404286.jpg

これがオリジナルに近いカタチ。ボックスに入れっぱなしだったから、少し潰れてるけど。
これが
d0287978_16441796.jpg

こんなになったり
d0287978_16485593.jpg

こんなになったり
d0287978_1650985.jpg

こんなことしてみたり
d0287978_1653234.jpg

こーゆーのはどお? とか

フックの形なんて気にしない。使う材料は禿げチョロケになったケープから「ここ、まだ使えそう。ブチッ」とやったヤツ。こっちの気分で巻くから魚の気持(?)なんてまったく考えてない。
こういう作業がけっこう効くのよね、気持を切り換える時に。

こないだ山になったやつをずらしたら、一番下になってたのがムシに喰われてた。ちゃんとボックスにしまってやらないと、と思ったんだけど、ボックスももう満タンなんだよなぁ・・・。

こういうフライうを使う時は「お魚さん、今度はこんなのですが、どお?」とか「喰えっ! このヤロー!」とか
「いい加減にしろよ。これでもダメ?ワタシのどこがイケナイの?」とか、勝手に滑ったり転んだりするんだろうね、きっと。
[PR]

# by kurirod | 2013-01-13 17:13 | フライ
2013年 01月 05日

キャス練

正月早々ヒマをもてあまして棒振りに行った。
河原はほとんど貸し切り状態でほとんど風もなく、いいコンディションだった。
d0287978_18582131.jpg

実は31日、1日、2日も行った。31日と1日は風もなく晴天で汗ばむくらいだった。
2日は風が強く、2時間くらいで退散。3日は天気予報もいいこと言ってなかったので終日工房で過ごした。
昨日も河原に行ったら最初は「おっ、貸し切りか」と気をよくしていたのに、気がつくと総勢7~8人が棒振り
してた。みんな体をもてあましているらしい。
d0287978_1993736.jpg

今日のお供。
13ft.12ft.11ft.のスペイロッドとスカジットロッド。たまには遊んでやらないと、と思って他にも4本ほど
持って行ったけど、ちょっと欲張りすぎた・・・。
最近作ったばかりの13ft.#8のスペイロッドは慣れればとても振りやすい。ちゃんと下手が使えた時は
全体がムチのようになってライナーでラインが飛んでいく。気持いい~~っ。
とはいえ13ft.じゃ飛距離もたかがしれてるけどね。

ここ2年ほど、こんな調子の竿ばっかり作っている。シングルハンドのアングラーズチョイスシリーズも
同じような感じ。このテの竿はキャストが楽なんだよ・・・ムフッ。

夕方になって無風になり、こいつはイイやと絶好調・・・だったが、なんだかラインがやたらにザラつく。
だいぶ使い倒してるからなあ・・・と思いつつチェックすると、ナンと!ガイドが凍ってた!!
d0287978_1932402.jpg

風が無いからそれほど寒くはなかったんだけどなあ・・・。
[PR]

# by kurirod | 2013-01-05 19:43 | 竿 | Comments(0)
2013年 01月 01日

今年もよろしく

d0287978_10453081.jpg

[PR]

# by kurirod | 2013-01-01 10:48 | その他 | Comments(0)
2012年 12月 24日

恥ずかしながら・・・。

こないだ仕上がった13フィートのスペイロッドを動画にしてみた。どうせならと12フィートのスカジットロッドも振ってみた。何故かとても恥ずかしい・・・。
でも、動画に撮らないと竿やキャスティングがどういう事になっているのか見られない。

Bamboo Fanatic
ここから見に行けます。  ヨチヨチ作ったムービーだから期待しないでね・・・。

スペイロッドもスカジットロッドもアクションの基本は同じなので、わざわざ区別する理由が見当たらない。
違う名前で呼んだ方が、多少解りやすいかなという程度のもんです。
[PR]

# by kurirod | 2012-12-24 18:52 | 竿 | Comments(0)
2012年 12月 22日

ツーハンドロッド。

こないだからいじっていたツーハンドロッドが、やっと仕上がった。
さっそく荒川へ。

工房からは荒川と利根川が同じくらいの時間で行ける。河原まで車で入れる所となると荒川の方が条件が良いのだが、ゴミの不法投棄防止のためとやらで、河原に出る道に太い鉄柱とステンレスの鎖が設置されて不便になった。
おかげで片道20分のドライブをしなければならない。

今回の主役はコレ。
d0287978_1251618.jpg

13ft.#8のスペイロッド。
ラインは3年以上前に買ったCNDのGPS-7/8F(写真は8/9F)。
スカジットラインの方が楽なんだけど、こればっかり使っているとロングベリーのラインが振れなくなるし、それに短めとはいえ一応スペイロッドだし・・・。

最初に完成させたモデルとくらべると、も少しバットに入るようにテーパーをいじってあるのだが、これは想定通り。予想外だったのは、後でキャスティングの動画を見ると手元で感じているほど全体が曲がっていない!

前のモデルはタメた時に少しバットが頑張っていたけど、今度はストリッピングの上あたりから曲がってくれる。ティップの負荷を竿全体で均等に受けているような感じ。これを確認した時は、多分どや顔してたんだろうな、アハハッ。
[PR]

# by kurirod | 2012-12-22 12:45 | 竿
2012年 12月 16日

あ~~ぁ。

またやっちまったぃ。

ガイドは仮組みをして位置を出して、ラインのノリを確認してから本組み。グリップやリールシートも当然仮組みをしておさまりを確認してから接着をする。
ガイドは上げたら一度振って確認、下げたらまた振って確認と、最小10mmきざみで確認するので、とても時間がかかる。振ってるうちに感覚がおかしくなってきたりして、そうなるとそこで一休み。で、また同じことを繰り返す訳だけど、それでも決めきれないときは止める。「今日はだめっ。明日っ!」。

ところが今回みたいにバットだけ新しいテーパーでやり直すときなんか、気持が早ってダメ。早く本組みをして
振りたくて・・・。解かってるんだけど・・・気をつけてはいるんだけど・・・我慢できないのよね。

結局こういうことになって、余計な時間をとられるワケ。
d0287978_14472732.jpg
d0287978_14475358.jpg

本組みしたやつをバラして、位置出しやり直し。こうなるとシャフトの塗装も剝してやり直しなのよね・・・。
[PR]

# by kurirod | 2012-12-16 15:19 | 竿
2012年 12月 14日

よろしく!

まわりの方々からのたび重なるお勧めに、やっと重い腰をあげました。筆不精なので、どのくらい続けられるのか自信はありませんが・・・。
d0287978_15253595.jpg

しばらくダブルハンドロッドはいじっていなかったのだけど、最近になってどうしても長物をふりまわしたくなって引っ張り出したのがコレ。13ft.#8。
かれこれ4年前オ・ラマに出したモデルなんだけど、その後何となく気になっていたバットの強さやグリップの長さを修正して作り直しました。
スカジットラインが出回る前はラインで悩まされることはなかったのだけど、スカジットのラインシステムは重さで表示するのでややこしい(それがダブルハンドから遠ざかった理由のひとつでもあるのだけど)。
この竿はCNDのスペイラインで#7/8・8/9、エアフロのスカジットコンパクト420グレイン(27.22g)まではテスト済み。

かなりイイ線いってると思うんだけど、もひとつ納得しきれなくてモヤモヤ・・・。はて、どうなる事やら・・・。

あ、言い忘れたけど今期間限定の「セール」やってます。HPも見てね!
[PR]

# by kurirod | 2012-12-14 15:41