人気ブログランキング |

竿屋の独白

kurirod.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 16日

あれっ?

先月、年末にしなければならなかった在庫チェックをしていたらこんなのが出てきた。
d0287978_137534.jpg

全部5番の竿。Northern Creekのネーミング。北の渓で尺に近いヤマメやイワナを釣るのにどうだ!、と作ったシリーズ。ちょうどこの頃Paul Youngのアクションに興味があって、いろいろ聞いたり調べたりしていたんだと思う。2ハンドのテーパーデザインにも少し疑問を抱き始めた頃・・・。
d0287978_13473828.jpg

上の3本が7ft.、一番下は7ft.3in.。けっこうチカラが入ってますね。面倒なフレームフィニッシュのシャフトと、リールシートは花梨のバール。ワインディングスレッドは黒。尺くらいのやつをかけるとグリップの上くらいから曲がってきて、バットでやりとりができるようにしてある。関東近辺で使うなら管理釣り場のニジマスですかね・・・。5番なら利根川のライズ狙いでも安心して使えちゃうね。
d0287978_1453566.jpg

フレームフィニッシュの竿はフェルールやキャップ&リングを黒染めにする事が多いけど、黒染めは摩耗に弱いのでこれにはしていない。あくまでも使い勝手優先、質実剛健。人差し指を伸ばして握るインデックスグリップも、この竿ではしないだろうと勝手に決めてグリップはリバースト・ハーフウェル。サムオントップでしっかり握って欲しい。
d0287978_14442370.jpg
d0287978_14443687.jpg

ついでに、こんなのもあった。7ft.2in.#5。もうこれはほとんどYoungのコピー。まるごとのコピーではないけど・・・。
どれも廃番になってるから、そのうちアウトレットに出るんだろうなぁ・・・。

こんな竿を作りながらテーパーをいじくりまわし、たどり着いたのがAngler'sChouceのシリーズです。ま、釣りも竿作りも「究極の一人遊び」みたいなもんだから、それなりに楽しみましたけどね!

by kurirod | 2013-02-16 14:55 | 竿 | Comments(1)
Commented by B-R-Bros at 2013-02-18 23:23
こんばんは。
この2年ほど仕事の関係もあってダブルハンドロッドを振る機会が激減してしまいました。
遠征にいけなくなった分、忍野でシングルハンドでのドライフライの釣りを楽しんでましたが(笑
ラインを出して釣るにはやはりパラボリックロッドが気持ち良いですね!


<< GARNET DUBLIN      刃物 >>