人気ブログランキング |

竿屋の独白

kurirod.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 14日

今日の竹林

春の陽気に誘われて・・・と言うと、とってもノドカでノーテンキ。でも本当はちゃんと目的があって川に行くのです。
スペイラインDTX WF8/9がとても良く、何本かお蔵入りになっていたやつも復活できたのだが、中には8/9では物足りんなんていうのも居て、しょうがないからもひとつ上のWF9/10を取り寄せた。56ft.HEAD。
で、今回は4~5年前に作った13ft.の2本にも登場してもらった。
d0287978_21122523.jpg

ポケットタイプのリールシートのがそれ。一応#7/8と#9のつもりで作った13ft.だが、#7/8は試投の結果#9に訂正。#9はそのままでいいような気がしたが、ちょっと強め。
まだミディアムアクションが好きだった頃で「バットまで曲がるような竿は好きじゃない」と言っていた時に作ったから、バットがシッカリしている。まだスペイラインの種類も少なく、値段も高く、キャスティングもヘタクソだったので、相性のいいラインが見つけられなくてお蔵になった。

まずは訂正#9ロッドにWF8/9から。パラボリックタイプのやつと同じキャストをしたらノリが悪い。それじゃあと、スピードを上げてティップに引っ掛けるような感じで強めに振ってみた。ナンと!・・・・ライナーで飛んじゃいました。エッ?それじゃあ#9は? これはWF9/10がライナーで・・・もひとつ上のラインでもだいじょぶそう・・・。
両方ともバットが強いから無理に曲げようとせず、右手押しのようなキャストが向いているみたい。重さは竹だけどアクションはまるでグラファイト。バンブーロッドはちょっと別格みたいな見方をする人もいるようだが所詮は釣竿。釣竿は魚釣りという遊びをする時に使うモノ(布団たたきくらいにはなるか?)。たかが遊び道具なんだからこうでなくちゃイケナイなんていう理由なんてどこにも無くて、面白いと感じるかどうかだけじゃないかと思うが、どお?

by kurirod | 2013-04-14 22:08 | ライン | Comments(0)


<< 復活!      今日も棒振り? >>