人気ブログランキング |

竿屋の独白

kurirod.exblog.jp
ブログトップ
2013年 05月 07日

脚元

やれやれ、狂乱のGWが終わった。独身の頃、連休は新宿や銀座、神田の本屋や喫茶店によく出かけた。郊外に向かう道路の渋滞をよそに、都内はガラガラだった。
・・・あれからン十年、今年の連休はリールいじりをメインにBBQに顔出ししたり利根川で竿を振ったりした。
d0287978_15425960.jpg

このなかでまったくいじっていないのは左端の1個だけ。




d0287978_15484047.jpg


d0287978_15492562.jpg



左のは脚がちょっと厚めだが何とかリールシートに収まるのでさわらず。アルミ製だが歪みは無い。右のはブラスフットなのにねじれていて、脚の片方がやっとシートの金具に引っ掛かる程度でどうも納まりが悪い。まさかブラスの脚が歪んでいるとは思ってもいなかったので、いささか意表を突かれた感じ。壊しちゃったら授業料(ちょっと高いけど)だと思って諦めようと決めて、クランプに挟んでねじってみたら・・・動いた?! この真鍮はかなり柔らかい。歪みは取りきれなかったが、納まりはかなり良くなったので、取り返しがつかなくなる前にいじるのを止めた。いくつか小傷がついたが、しっかり固定できるようになったので我慢しよう・・・ちょっとクヤシイ。
サーモン用の中古リールとはいえ、どれだけデカいサーモン釣ったんだ? それとも竿が剛竿で、ごっつい金具のリールシートだったのか? リールフットが歪むほど?




d0287978_16224423.jpg


d0287978_16282156.jpg



左のはオリジナルの脚の先端が少し細くなっていて、シートのスクリューを締めても少し回るので脚そのものを交換! 右のやつは脚が厚すぎてシートの金具に引っ掛かるのがやっとだったので、こいつも交換!
オークションの中古ならともかく、新品でもリールシートを選ぶやつがあるのは少し困る。


4日はC.C.主催の利根川河川敷BBQに顔を出し、日没まで待ったがライズ無し。虫も少なかった。
以前お会いしたことのあるC.C.の常連さんも数人。皆さん少しずつ老けていて、思い出すのにちょっと時間がかかった。あれから何年経ったんだ? あたしゃあどれくらい老けて見えるんだろ?
明るいうちにこないだ組み直した9ft.3PをC.C.店主に振ってもらった。所見を聞くと私と同じだったので一安心。


5日は午後遅くに利根川へ。SKAGIT 12ft. 3P #7と前述の9ft.を同伴した。一番手下のインタミボディーにタイプ3のテイップを付けたスカジットシステムで十分間に合った。バックが開けた所だったのでオーバーヘッドでも投げてみたが、この方が楽に距離を稼げる感じ。ハッチもライズも無く、おまけに寒かった。で、この日もボーズ。

満開のスズラン。
d0287978_17251743.jpg


by kurirod | 2013-05-07 17:18 | リール | Comments(0)


<< 利根川      リール&ポーチ >>