竿屋の独白

kurirod.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 28日

あとちょっと

飽きもせずに荒川へ・・・。気がつけばだいぶ日が低くなっている。これ3時頃の映像なんだけど、もう夕方みたいな影が出ている。
d0287978_10141797.jpg

夏の台風とこのところの気温の低下で川はスッキリ。ついでに大減水。これは今週初めの映像なんだけど、この岩、先週は頭がちょっと出ているくらいだった。
d0287978_10225946.jpg

今回はシングルハンドスペイの練習。お伴は12’の2ハンドロッドと、8’6”と9’のスプライスト・シングルハンドロッド。2ハンドは#7と#8、シングルハンドは#8/9と#6/8。2ハンドロッドはスカジットロッドということになっているが、DTX#8/9スペイラインがノリが良かったりする。〇〇ロッドというカテゴライズのし方が、どうもシックリしない。シングルハンド、2ハンドという大雑把な分け方でイイじゃない。竿の調子でどんなキャストに向いているか、使う人が決めればいいことだと思うけど・・・それじゃダメなの?
d0287978_10533349.jpg

減水で顔を出した岩。左側のやつは距離20~25mくらい、右側で15m前後(だと思う)。

左のやつを標的にして竿やラインをとっかえひっかえ、ついでに竿とラインの相性なんかも確かめながら投げてみる。さらにアンカーの位置もできるだけ前になるように気を付けながら・・・。
岩の向こうをねらうとアンカーは横にくるし、できるだけ無理をしないでキレイなループでなんて思うと岩の手前で落ちるし。そういえばバックハンドがちゃんとできるようにしとかないと・・・。なんだかシングルハンドばっかり振ってたら、2ハンドのキャストがちょっとおかしい。まだまだ道は遠い・・・。

[追記]
DTXのランニングラインに目印を付けて測ってみたら、左側の岩までちょうど30mくらいだった。
12ft.の2ハンド、竿の動かし方に気を付けて竿まかせでキャストしたら・・・・・届いた、簡単に。
ランニングラインが30lbくらいの太さでちょっと太め。やはり抵抗が大きい。ヘッドをチョン切って20lbに付け換えればあと5mは延びるかも。モノフィラにしちゃえば10m?
9ft.のシングルハンドスペイでもあとちょっとのところまでいった。320gr.のスカジットヘッドに20lb.のランニングラインで。
実釣ではシングルハンドスペイをすることは無かったので動画サイトでHOW TOものを探してみた。ピンキリでいろいろ出てきたが、けっこうイイのがあって参考になる。自分撮りの映像と見比べるとフォームの欠点が分かりやすい。
[PR]

by kurirod | 2013-11-28 12:42 | キャスティング | Comments(0)


<< 試投会      やれやれ・・・ >>