竿屋の独白

kurirod.exblog.jp
ブログトップ
2013年 12月 21日

えいやっ!

こないだリッツスタイルのグリップをモノにしたく組み立てたスプライストの2P、やっとガイド位置が決まった・・・というか決めた。シャフトは8ft.なのでガイド数は8~9個になるハズとスペーシングを始めた。グリップがこれ以上単純にはならないという形なのでガイド数も最少で、とやってみたら・・・。

8個だとバットセクションがちょっと間抜けに見える。が、乗りの良いところはある。9個だと不自然なところが無く、見た目が良い。もちろん乗りの良いガイドの位置はある。どちらでも振った感じに違和感は無いが、微妙に感じが違う。さんざん迷った挙げ句に「エイヤッ」と9個に決めた。
d0287978_2024685.jpg

d0287978_20242828.jpg

なんかフツーに納まっちゃったところが面白くないが、デモロッドで使うならこっちなんだろうなぁ~・・・。
シングルハンドスペイで使えるようにバットを気持ち柔らかめにしてあるので、ストリッピングの位置はかなりグリップに近い。グリップに近くなると、ホールをかけてキャストアウトした時にラインがブランクに絡む事があるので、ストリッピングをワンサイズ大きめにした。

このロッド、スプライストの試作を作り散らかした時にはじいたやで、ジョイント部分のサイズが合ってバランスが良さそうなトップとバットを組み合わせた。だから適合ラインはあとから探すことに・・・。
手持ちのラインでは、オーバーヘッドキャストならDT#6、WF#7。スペイキャストならWF#9が具合がいい。
d0287978_20501556.jpg

悶々としてラインをとっかえひっかえ投げていたら後ろに虹が出ていた。
虹を見たら正気に戻ったような気がした。
[PR]

by kurirod | 2013-12-21 20:54 | 竿 | Comments(0)


<< あはっ!      グリップ >>