竿屋の独白

kurirod.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 15日

竿屋PCと格闘

日頃当たり前のように使っていたPCが突如として起動しなくなった。原因はスイッチ。
前兆はあったので起動するたびにハラハラしながらスイッチボタンを押していたのだが、ついに機能しなくなった。これがないと仕事にならないのでアワを食った。日頃PCに関しては頼りにしている若い友人に問い合わせると、原因は3つほど考えられるが特定はできないと言う。
とりあえず電源ユニットを交換してみて・・・と考えたのだが、どうやらそんなに都合よくはいかないらしい。
d0287978_12394755.jpg

PCに関しては全くの無知なので、仕方なく近所のPCデポに持ち込んだ。で、電源関係の回路を説明してもらうと、どうやら自分でやればどうにかできそう・・・。自信などまるで無いが「やるっきゃないでしょう。ママよっ」と覚悟してパーツを買い、実行。
作業自体はマザボをいじるような専門的な知識などなくても、配線さえ間違えなければできる工作そのもの。電源ユニットを分解してスイッチのパーツが納まるように加工、結線するだけ。白と青の線が嵌め込んだスイッチのやつ。方法を考えるのは難しいことではないが、実際に加工するのはけっこう大変だった・・・。
d0287978_1259381.jpg

右端、LEDの横の四角いやつが新しいスイッチ。9mm角。ビミョーに下を向くので爪楊枝でクサビを作って固定した。まるで小学生の工作。ついでに出っ張り具合も調整して終了。
d0287978_1361449.jpg

ケースのパネルを元に戻して・・・・直ったっ!
ボタンを押すと点灯するダイオードは死んでしまったけど、あとは元通り。USBポートもちゃんと使える。
やぁ~れやれ。
普段当たり前のように使っているPCだけど、使えなくなるとどれだけ不便になるのか思い知らされた出来事だった。
[PR]

by kurirod | 2014-10-15 13:14 | その他 | Comments(0)


<< 今年もやります      キリが無い >>