竿屋の独白

kurirod.exblog.jp
ブログトップ
2015年 01月 13日

ライト2ハンドロッド─2

このところ 9ft. のライト2ハンドロッドにハマっている。ずいぶん前にスイッチロッドの 9ft. を作り、結果的に2BUTTになったやつがあるのだが、どうも納得できないでいた。片手で振るぶんには楽しいのだが、両手で振るとイマイチしっくりしない。中途半端な感がある。
で、どうせならちゃんと両手で振れる 9ft. を、という事になった。ラインは 300gr. 以下のヘッドにしたい。

両手で振るにはかなり短いのでグリップの長さにも気を使う。
d0287978_17541472.jpg

シャフトの塗装が硬化するのを待つ間にグリップの検証。
d0287978_1759936.jpg

塗装が硬化したらすぐに仮り組み、河原へ。上のやつは下敷きにした9ft.。前のやつはリールシートのケツでちょうど9ft.になるようにしたので、今回のも同じ寸法の取り方をしてみた。写真はアンダーグリップのエンドで9ft. になる位置。こんな感じのグリップまわりっていうのもアリじゃない? 余計な事だけど。
d0287978_1863879.jpg

ちゃんとセットするとこうなる。装着してるのは300gr. のスカンジヘッド。270gr. も良かった。風がけっこうあって感触をつかむのが厄介だったけど・・・。
アンダーグリップの長さは4インチ。アッパーグリップとリールシートで1フィート1インチ。アンダーグリップを9ft. に含むか含まないかで、ギャリソンが言う“アクション・レングス”が4インチ変わる訳だ。両方の位置でキャストしてみたが、この4インチ、バカにできない。どっちをとるか悩むところだ。
[PR]

by kurirod | 2015-01-13 18:25 | 竿 | Comments(0)


<< ライト2ハンドロッド─3      安物 >>