人気ブログランキング |

竿屋の独白

kurirod.exblog.jp
ブログトップ
2015年 01月 25日

冗談から駒?

こんな事を言ったら竿のオーナーから叱られるかも知れない。でも、実はそんなノリから生まれたスピニングロッドなのダ。
d0287978_16475571.jpg

どういう種類の竿でも基本的な部分は同じだと思っているので、ジャンルの違いはあまり気にならない。使われ方の条件が違うだけなので、そこさえシッカリ押さえておけばイイんじゃないか? 当然異論はあるだろうけど・・・。
d0287978_16574589.jpg

スピニングロッドの場合、ガイドの取り付けに苦労する。色々な種類のガイドがある訳だけど、ラインの性能がどんどん良くなるのでガイドの材質によっては使えないものも出てくる。使う人のこだわりもあるし・・・。

このテのガイドにはけっこう手こずらされる。もともと丸いシャフトに取り付けるのが前提になっているので、これを小さな六角の平面にきちんと取り付けるのは微調整がとても面倒。リングは当然通りが出てなければいけない。尚かつ背中(シャフト側)から見た時にリングの面がシャフトと直角に見えなければイケナイ。ワイヤ製のコイルのガイドなら比較的微調整がきいてラクなんだけどね。でもこれでPEラインなんか使われたらすぐガイドにミゾができちゃうし・・・。コストがかかるのも竿屋泣かせ?(笑)。

by kurirod | 2015-01-25 17:24 | 竿 | Comments(0)


<< ピシッ!      ライト2ハンドロッド─4 >>