竿屋の独白

kurirod.exblog.jp
ブログトップ
2015年 06月 22日

また増えた

増えちゃったよ、また・・・・。
INNOVATIONⅢ703 。増えたのは Para の方。このシリーズはラインの “ 抜け ” を良くするためにちょっとした工夫をしてある。車に例えるならスポーツカー。細いシャフトとは裏腹に、#3とは思えないトルクとスピードのあるループが作れる。ティップをほんの少し強めにしてあるのでラインの直進性が向上した。
d0287978_10334974.jpg

一番下のが今回のやつ。

デモロッドが完成したときに群馬のショップオーナーと投げ倒し、ついでにたまたま持っていた他のシリーズの#3ロッドのティップと交換して振ってみたり・・・・。
で、その時に思い付いた事を実行したのがこれ。シャフトは同じテーパーと太さなのでトルクがあるのは同じだが、少しおとなしくなった。スポーツカーがファミリーユースになったみたい。
d0287978_10323957.jpg

試投をしていて、今更だけど気が付いたことがある。
何時間も釣りをしていると、キャストの時のグリップがいい加減になる事が多い(ワタシだけ?)。小指と薬指でホールドして人差し指と親指の間をグリップが行ったり来たりみたいな。これ、比較的バットがしっかりしたロッドならたいして問題にはならないけど、パラボリックタイプの竿でやるとラインが安定しなくなる。
試投で、ループが開いてきてフォルスキャストの軌道が安定しなくなったと感じたら、きちんとグリップを握り直してみると、ラインの飛び方が変わる。パラボリックタイプはグリップが甘くなると、竿のパワーの抜けがわりとハッキリ出るみたいだ。
[PR]

by kurirod | 2015-06-22 11:02 | 竿 | Comments(0)


<< 2015 SUMMER SALE      ジョイント >>