人気ブログランキング |

竿屋の独白

kurirod.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 03日

スプライサー

梅雨で湿度が高く、竹竿作りにはおもしろくない時期だ。ひとことに “ 釣り ” と言ってもところ変われば対象魚も道具も環境も変わる訳で、日本はこういう気象環境なのだからその中で使う道具を作るのに時期を選ぶのか、という見方もアリだけど、やはり時期は選ぶ。
しかし、これだけ季節によって湿度の差があると、ちょっとやりにくいね。この話は長くなるのでそのうちにまた・・・。

で、今回はスプライサーについて。こないだランニングラインにループを作るのに、ブレイデッドの芯をスプライスしなければならないやつがあった。PVCコーティングの新しいものなら溶着で済むのだが、ちょっと古くなると着きが悪くなって、すぐ剥がれてしまう。
スプライスにはミシン針を使うが、これが細くて使いずらい。ホルダーがあったらイイのに、という訳で作る事にした。材料はこれだけ。
d0287978_13353398.jpg

ミシン針は工房で使っている#11を利用。ピンバイスは近所のホームセンターにあった一番安いやつ。
d0287978_13393261.jpg

買ったばかりのバイスの先端はこんな。ミシン針の太い部分は2mm 径。当然これでは使えないので加工。旋盤で2mm のボア抜き。
d0287978_13454263.jpg

d0287978_13465662.jpg

針を固定する部分は面を取ってある。丸なら四方から締められるので問題はないが、どうしても三方からしか締められないのでちょっと不安があった。やってみたらけっこうシッカリ固定できてズレない。やれやれ・・・。
d0287978_13534980.jpg

使わない時にはこうしておけば針をなくさずに済む。このまま筆と一緒に立てておけばいい。
こうやって使う。
d0287978_13563165.jpg

これなら人差し指と親指だけで針を持つよりもっと安定した作業ができる。芯に針を通すのって、けっこう力が要る。ループを作る時はラインの一方を固定して、スプライスするところに針を刺したら、針とラインが一直線になるようにしてからホルダーのケツを真っすぐ押すようにすればいい。リーダーを直結する場合は平らなところでラインの断面に針を通す。少し回しながら押すといいみたい。〆て762円と10分。

by kurirod | 2015-07-03 14:10 | 道具 | Comments(0)


<< 移植完了      尺! >>