竿屋の独白

kurirod.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 14日

移植完了

こないだトップを折った 9’6” 3P 、テーパーから起こし直してパーツを移植。まもなく完成。
d0287978_17322788.jpg

もう3回か4回目の移植なもんで、ガイドはともかくリールシートなんか良く見ると平らじゃなきゃいけない所がビミョーに波打ってたりする。機能には影響しないのでそのまま使う事にした。

フェルールも同じくらいの使い回しで、外す時にバーナーで炙るもんだからロウ付けが弱くなり、♀の中仕切りが外れてアワをくった。スリットが入っている部分は、移植の度にヤスリをかけるものだからかなり薄くなっている。気休めだけどちょっと小細工をしてみた。
d0287978_17434136.jpg

スレッドの両端に見えているのはラガータンのリビング用のカパーワイヤ。古いハーディーの竿で、フェルールのところだけツイストのワイヤで補強してるのがあるが、9'6" の竿だとちょっと大袈裟に見えたので、細いワイヤをそのまま使ってその上にスレッドを巻いた。ワイヤはスレッドのように融通がきかないので下地の調整が面倒だった・・・・。

d0287978_17555140.jpg

あとは試投してストリッピングの位置を決めれば完成!
前よりは確実にバランスが良くなってはいるが、テーパーからいじっているから同じ重さのヘッドが使えるかどうか・・・・。想定はスカジットなら350gr. 、スカンジだったら450gr. 。

はたしてどういう結果になるのか・・・・こういうのが楽しいんだよネ。

[ 後記 ]
台風が来るというのに試投に出かけた。雨は降らなかったけど、風が強くて川面にさざ波が・・・・。
天気予報ではこの日を逃すと3~4日は雨になるというので強行。正面から風を受けるようにすればなんとかなる。
元のガイド位置はほぼそのままでセット。が、バットのテーパーをかなり変えたのでストリッピングだけは仮止め。5時間近く振り倒して20mm下げるかどうかで3時間ほど迷った。結局下げる事にしたのだが・・・。

予想外だったのはスカンジで 400gr. くらいかと踏んでいたのに 480gr. が平気だった事。もうひとつはミドルセクションの先っぽ 1/3 とトップセクションはも少し強い方が良さそうな事。パーツ類は全部移植なので、フェルールのサイズにシャフトの太さを合わせなければならなかったのが残念な結果になった。WF#7 を入れると、かなりパワフルな感じで問題は無いのだが、ヘッドでアンカーを打つようなキャストをすると、もう少し強いトップが欲しくなる。どこをどういう風に修正するjかはハッキリした訳だ。今度、風が穏やかな日にもう一度試してみようと思う。

by kurirod | 2015-07-14 18:03 | 竿 | Comments(0)


<< 釣果報告      スプライサー >>