竿屋の独白

kurirod.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 29日

えっ?

今年の春先、ペットのゴールデンハムスターが天寿を全うした。この夜行性の齧歯類は上の娘が「セールで出てた。 600 円!」と連れてきたのだが、世話はほとんどせず、かいがいしく面倒を見たのは下の娘だった。ワタシは夜中にケージから出して、手や肩に乗せたり腕の上を歩かせたりして遊ぶだけ。けっこう楽しんだ。
来てすぐに命名「大福」なんてやってたけど、その名前で呼んでるのはついぞ聞いたことはなかった。

ふた月ほど前、「やっぱり居ないとナンか寂しい」とカミさんが新しいのを見つけてきた。やはりゴールデンのメス。ケージの前に腰かけて眺めるだけだったのに。

先日そんな彼女から中敷のパインチップを買って来いと仰せつかった。近所にはホームセンターが三つある。一番近くて大きなところに行ったら駐車場が満車だったので、二番目に近いところへ。ここは一番古い店だけど、どうやらペットコーナーはだいぶ前に縮小してしまったらしい。仕方がないので大きいけれどちょっと遠い店まで足を延ばした。

前振りが長くなったけど、ここで見つけた。釣り用の「合切袋」に使うつもりで探していたバッグ。
d0287978_13502623.jpg

近所のカバン屋など、目ぼしい店を探してはみたけれど適当なのが見つからず、ショップの高いやつを買うしかないかなと諦めかけていたところだった。それは何気なく見たバッグコーナーにぶら下がっていた。けっこういろんな種類のやつがあったが、同じメーカーのものらしく、どれも黒のポリエステル製。値段はホームセンターらしくずいぶん安い。選んだやつの値札を見て目を疑った。ナンと本体価格 980 円! 作りはまあまあ。一応防滴仕様にはなっているようだし使い勝手は良さそう。思わずライズ!
d0287978_146116.jpg
d0287978_1461981.jpg

値段が値段なのでチープな感じは否めないが、どうせ河原で使い倒すつもりだから機能優先。けっこうな数のフライボックスと小物を収納しても、まだリールの 2 ~ 3 個は入りそう。背中から前に回して中を見る時にも中身をぶちまけないで済みそうだし・・・。

もうずいぶん前からベストのポケットは空っぽのまま。ウェーダーやシューズは仕方ないとしても、ちょっと竿を出して見ようかななんて時に、ベストは大げさだし鬱陶しいので使わなくなって久しい。
これなら気が向いたときに竿と一緒に引っ掴んで、気楽に出かけられそう。釣行の回数が増えるかどうかは疑問だけどネ。
[PR]

by kurirod | 2016-05-29 14:20 | 道具 | Comments(0)


<< やっぱり楽しい      犯人は・・・ >>