人気ブログランキング |

竿屋の独白

kurirod.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 27日

節切れ

気に入っていた 11ft. #7 3P のバットが節切れした。ちょっと前から振ると妙なキシミ音がするようになって、チェックはしてみたんだけど原因を見つけられなかった。バットのフェルールが3~4回目くらいの使いまわしなので、その辺りを重点的に調べてみたが異常は無かった。まさか節切れとはね・・・。
だんだん疵が大きくなってきて、浮いてきたのでやっと気が付いた。どうやらモノフィラのランイングラインでスカジットヘッドを試している時にスカったのが原因らしい。
d0287978_12222973.jpg

節のところは繊維が通ってないので、無理な曲げ方をすると切れることがある。
気に入ってるアクションなので補修して使えるようにはしたが、やはり気になる。で、これをキッカケにスプライスジョイントで仕立て直す事にした。バランスのいいテーパーなので、いつかやってみようとは思っていたことだし。

どうせ作り直すならバットのテーパーをちょっといじって、ついでにリールシートの構造も変更して・・・と欲が出る。
見た目はフツーのバットでフツーのグリップまわりだけど、調子は全然違う。前回作った 10ft. #5 に近いアクションになった。そりゃそうだよね、同じ構造なんだから。
d0287978_12211379.jpg

スプライスジョイントの “Bizarre” シリーズ。10・11・12ft. 。

バットのテーパーのとり方で、ノリのいいストリッピングの位置が微妙に変わる。これを逆手にとるなら、ストリッピングの位置を変えれば多少はアクションの調整ができる。
d0287978_1231088.jpg

今回はベストポジションが予想してた位置とだいぶズレていたので、探し出すのにちょっと時間がかかった。適合ラインを確認するのは本組してから。

by kurirod | 2016-06-27 12:43 | 竿 | Comments(0)


<< 11ft. その後      やっぱり楽しい >>