竿屋の独白

kurirod.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 10日

新年?

年が変わった。もう随分前から正月なんて気分は無い。

チョンマゲの時代には老いも若きも男も女も、大晦日に生まれた赤ん坊までいっせいに歳をとり、年神様を迎えてそれなりにめでたかった正月なんだろうけど・・・。気が付けば色々と面倒くさいのが先にたち、めでたいよりも鬱陶しい。

TVでは年末だ年始だと煽り立て、世間は忙しなく落ち着かず、家人はそれぞれ出かけて独身に戻る。家に居ても落ち着かないので工房へ。YouTubeでUKの鮭釣りやSpeyCastingに関する動画を見て過ごし、飽きると大掃除モドキをした。河原に行って竿振り三昧などと思ってたけど、何故か年末から鼻水が止まらず、おまけに外は木枯らしがうなる毎日で、河原に出たのは年が明けて4~5日してから。
d0287978_10350205.jpg
手持ち無沙汰なもんで日頃邪魔くさいヤレをまとめて使えそうなパーツを回収してみたり、作業台の上を整理してみたり・・・。
d0287978_10343771.jpg
何度か処分したのにけっこうな量があるので驚いた。作業台からはこんなのも。
d0287978_10345061.jpg
13ft. 3Pの作り直したバットセクションの裁ち落とし。右が最初で左が 2 本目。最初のは繊維も身の色もきれいで、デモロッドに使うにはもったいないくらいだったけど、微妙に腰が弱くて結局別の材料から削り直した。それが左のやつ。右のはどうやら若いやつらしく、丸の状態の外見はそこそこだったけど、裂いたら少し肉が薄かった。導管も細いが詰んでるからだいじょぶだろうと判断したのが大マチガイ。ま、売り物にするんじゃないからイイかと使ったのがアダとなった。

こんなのも出てきた。
d0287978_10344572.jpg
多分もう 1 本の 13ft. #8/9 のミドルセクションだろう。540gr. のヘッドを弾くだけのパワーがある。

7ft. #3 から始まった竿作りも 10・11・12・13ft. と長くなり、 14ft. まで作れるようになった。両手で振るにしても、1 日使えて距離もそこそこ出せて、取り回しもまぁまぁとなると 12ft. が限界かなと思っていたが、なんのなんの。バランス良く設計できれば 13ft. もけっこうイケるんじゃない? 現在のラインはグラファイトロッドを想定して作られているハズなので、竹竿と相性のいいラインを探すのは大変。じゃ、竿をラインに合わせる? それはそれでまた面白いかも。



[PR]

by kurirod | 2018-01-10 12:27 | その他 | Comments(0)


<< さ・む・いっ!      年賀 >>