竿屋の独白

kurirod.exblog.jp
ブログトップ
2018年 10月 23日

これ楽しい!

あまり気乗りがしなかったんだけど、偶然 " 節切れ " を見つけちゃったもんだから作り直した 10ft.#6 。
ガイドを仮止めして位置を決め、適合ラインも検討をつけて本組みをした。バーニッシュをかけてる間、硬化待ちの時間が手持ち無沙汰だったけど、リールシートの金具が届いていたのでスペーサーを削る事にした。塗装が終わった頃、バラバラに頼んでいたフェルールや合成コルクがまとめて届き、「あれま、ナンか作らなくちゃ」と頭の隅で貧乏神の声。
d0287978_13013856.jpg
ま、ま、今じゃなくても・・・もうすぐ 10ft. のバーニッシュがかけ終わるからさ、と声をいなして河原へ。

改めて試投してみると、ん? あれ? なんか随分調子いい? 短めで少し取り回しが良くなったから? 11ft. もかなりデキが良かったと思うけどそれ以上? 使えるラインの重さは仮止めで設定したのと変わらないけど、振った感じが少しだけ違う。
d0287978_13404309.jpg
300~400gr. のスカンジヘッドを試してみたけど、どれも同じような感じ・・・?? 工房に戻って確認すると 300gr. 代のやつはみんな 31ft.(9.5m)。重さより長さか?

日を改めてもう一度やり直してみた。メインに使ったラインは 360gr. 。
d0287978_13012501.jpg
左から 11ft.#6/7 12ft.#7/8 10ft.#5/6 13ft.#8/9 。期せずしてそれぞれの長さで一押しのヤツばかり。
無理なくそこそこの距離が出ちゃうので、ほかのと比べてたらこうなった。ジャンピングロールでもアンダーハンドでもスペイでも飛んじゃう。突然キャスティングテクニックが上がった? まさかね・・・・。
これ、楽しい  
調子に乗って投げまくってたら背中で声がしたので振り向くと、知り合いのトーナメンターが。早速竿を渡すと、いやあ・・・さすがのキャスト! 手加減しないからね、このヒト。ちゃんと観察させてもらいました、竿のカーブ。自分で振ると見えないからね。グリップの形がトーションかけにくいとか言ってたけど、そもそも竹竿はトーションかけにくいんだからこれでイイのダ。10ft. でこれだけ飛ばせれば釣りに使えるって・・・これ釣り竿だよ。

ISAKU シリーズが 1 本増えた?



[PR]

by kurirod | 2018-10-23 17:29 | 竿 | Comments(0)


<< イベント予定      10ft. #6 エクステンシ... >>