人気ブログランキング |

竿屋の独白

kurirod.exblog.jp
ブログトップ
2018年 11月 29日

針仕事

今年の夏に e-bay の日本語版を見てたらけっこうな出物を見つけた。HARDY の UNIQUA 3 1/2” 。
刻印の入り方や仕上げの塗装から推測すると、多分 1900 年代の前半だと思う。人気の PERFECT とくらべると、うんと安い。
で、思わずポチった。フトコロ具合も考えずに・・・・144.png   こいつ。
d0287978_19064122.jpg
d0287978_19064485.jpg
写真から判断するとどうやらロングフットらしいが、それにしても本体と比較して長さが??
10 年くらい前に入手したロングフットは 90㎜ だからこんなバランスにはならないハズ。もしかしてそのまま使えるかも、なんて虫のいいことを考えてたらナンと 75㎜ だった。最悪は 66㎜ まで削ってしまおうと腹を決めてたのだけど、幅を測ったらこれまたナンと 16㎜ 。2 ハンドに付けてるリールシートは最大でも 14㎜ 幅までなので、すぐに削るのをあきらめた。
どっちにしても脚を作り直さないと、そのまま使えるのは 14ft.#9/10 しかないので以前ネットで見つけたヒトに製造交換を依頼することにした。こんな事するのは初めてだけど、せっかく今まできれいな状態で保存されてきたものなので、できるだけオリジナルの雰囲気を壊したくなかったのよネ。

話はとぶけど、あんなに暑かった夏はどこ行ったというくらい涼しくなってきて、夏用のパジャマを替えようかとタンスの抽斗を漁ってたら、多分 15 年くらい前に買って、ズボンが前開きじゃなかったので一度着ただけでそのままになっていたネルのパジャマを発見。すぐにリールポーチを作ろう!と思いついた。内張りにはハムスターに穴だらけにされたフリースを使って。
d0287978_19061017.jpg
こんなに作るつもりは無かった。以前 2 個作った経験があるので、今回は楽勝だろうとタカをくくってたらとんでもないことになって、終わってみたら満足のいくヤツを一つ作るのに、細かい部分の試行錯誤でこんなになった 106.png

おもな原因はフリースの厚さ。家庭用のミシンじゃニット用の太目の針じゃないと縫えないし、送っていく間にズレる。口のところなんかフリースにネル 3 枚の重ね縫いになるからデニム用の針じゃないと通らない! ネルの柄に合わせて平行に縫ってるつもりでも、終わってみると平行じゃない! しまいにはフリースをしつけ縫いしてなんとか捩じ伏せた。UNIQUA が戻ってきたらこいつに入れよう・・・・。
d0287978_19060701.jpg
いやはや・・・目はショボショボ、肩はコリコリ、頭はボ~~っとしてえらい目に合った。竿作る方がよっぽど楽だ 103.png

 


by kurirod | 2018-11-29 20:41 | その他 | Comments(0)


<< 9'6"      イベント >>