竿屋の独白

kurirod.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:竿( 129 )


2018年 10月 12日

10ft. #6 エクステンションバット

相変わらず2ハンドロッドが面白くていじくり回している。

出発はシングルハンドの 8ft. くらいだったと思う。それがだんだん長くなって、スペイキャストの流行もあったりして「竹だってできるよ、スペイロッド」なんて手を出したのが運の尽き。
あんなガサツな竿、なんて軽く見たのが大マチガイ。それに「自分で作った竿、ちゃんと振れなくてどーすんの!」なんていう声もあり・・・・ドツボにはまったのが、何年前だ?
あーだこーだと試作するうちに竿は 14ft. まで伸び、キャスティングも少しずつ理解できるようになって竿作りとリンクするようになってきた(と思う)。シングルハンドの竿まで影響が出たらしく、今年、久しぶりに遊びに来たショップの店主には「みんなスペイロッドになっちゃいましたね」と言われる始末。
そうこうしているうちにスペイフィーバーは落ち着き、マイクロスカジットなんていうイージーなシステムが登場してキャストの距離が飛躍的に伸び、ラインのティップを交換するだけで探れるタナの範囲が広くなった。おかげでフライフィッシングの敷居が少し低くなったんじゃないか、という印象が・・・。もろ手を挙げて賛成はしないけど、悪い傾向じゃないんじゃない?

で、ここまでが今回のハナシの枕。

一応今まで作り散らかしてきた色んな長さの竿を振り返って整理をしてみると、ま、竹だし・・・重いし・・・そんな長くなくても・・・実釣に差し支えなく楽しく使えればイイんじゃね? なんて、少し肩の力が抜けて気持が楽になったような気が・・・・・。
そんなこんなで作る竿がどんどん長くなってきた頃のやつを引っ張り出して見直してみた。
最初に手を付けたのは 9ft. で長目のファイティングバットを付けたやつ。低番手のヘッドで " スイッチロッド " として使えそう。前に書いたと思うけど、これ。2バット!
d0287978_20514415.jpg
ガイド位置を調整し直して何とかまとめてはみたものの・・・ナンか物足りない。
で、次に目を付けたのがこれ。
d0287978_19352947.jpg
10ft. の2ハンドロッド。グラファイトだとスイッチロッドはほとんど 11ft. だけど、竹だと片手で振れるのは 9ft. まで(個人差あり)。両手で振れば、この長さでもラインシステムの工夫でそこそこの距離は出せる、とふんだ。ちょっとズルしてねじ込み式のエクステンションバット。4in. 長くなる。
左がオリジナルで、オーバーヘッドキャスト用のテーパーなのでガイド位置を調整してヘッドを使うとトップセクションに少しクセが付きやすい。ちょっと前に霧雨の中で使ったらバット側のフェルールの少し下に節切れを発見したのでテーパーも少し変えて作り直した。
d0287978_19353262.jpg
バットなんてかなり細くなったのにライン番手は変わらず #6(スタンダードラインだと #7 くらい)。
ストリッピングガイドの位置を少し修正して、スカンジヘッドだと 360 か 390gr. が使いやすい。コマンドヘッドでも 300gr. のボディーに 10ft. 90gr. のモウティップが良かったから #6 。スカンジでも 400gr. になると若干ラインが上がりにくくなるから不思議。散々投げ倒してから、ふとSAのデリバランスキットがあったのを思い出して入れてみた。記憶では420gr.くらいだからちょっと重いかなぁと思いつつ。ところが、あれっ?感覚ではスカンジの 400gr. よりかなり重いのに竿が負けてない!
はぁ??? 
工房に戻って確認したら 440gr. だった。
はぁ???
d0287978_19354047.jpg
左に少し顔を出してる岩くらいまでが実釣でよく投げる距離(目測で 20m くらい?)なんだけど無理なく届くから、充分使える。できるだけ軽い竹竿で本流を楽しみたい 102.png


[PR]

by kurirod | 2018-10-12 21:56 | 竿 | Comments(0)
2018年 09月 27日

スイッチロッド

もう何年前になるだろう? 初めてYouTubeでエド・ワードのコマンドヘッドのデモを見たのは。

9ft.#5 のシングルハンドを 2 ハンドに仕立て直して使っていたような記憶がある。時期的には " スペイフィーバー " がひと段落して、管釣りや湖でヒンシュクを買っているという話が聞こえてくるようになった頃だと思う。
見よう見まねで 15ft. や 18ft. の長竿に、太いスペイラインをバシャバシャ振り回すんだから(おまけに腰まで立ち込んで)、白い目で見られてもしょうがない状況だったのかも知れない。でも、カッコ良よかったのよね、あの姿が。それに、キャスティング自体は面白いし、きれいなループが作れた時は素直にウレシイし・・・・。
冷静に考えれば、ターゲットの魚種も川の環境も日本とはまるで違う土地の釣り方をそのまま持ち込んだって・・・どうなの? というところなんだけどね(あくまでも個人の意見です、念のため)。

そんな状況の中で、エド・ワードのスカジットキャストは軽く衝撃的だった。そもそもスチールヘッダーと呼ばれるフリーク達が考え出した釣り方とシステムだけど、も少しライトにこじんまり(?)アレンジすれば日本の本流の鱒釣りでも通用するんじゃないかと思った。
この時はまだスカンジヘッドでのスペイキャストに入れ込んでいたのと、ヘッドにモノフィラのランニングラインというあまりにも合理的な組み合わせが、竹竿にはちょっとねという気持ちもあって本気で手を出す気にはならなかった。

これは多分その頃作った9ft.#5/6 と 10ft.#6 の 3P 。DTFラインでオーバーヘッドキャスト用。エクステンションバット
を装着して使うようにしてある。
             
d0287978_20133491.jpg

d0287978_20134086.jpg
そうこうしているうちに、マイクロスカジットと称して8ft.#3 くらいのロッドに合わせたヘッドが出て来たりして、「ああ、やっぱりな・・・」。実はそれまでヘッドを後ろ前にしてたらしい事にも気づかされて、にわかにコマンドヘッドが気になりだした。

で、ず~~っとお蔵入りしてたのを、やはりず~~っとお蔵入りしてたコマンドヘッドと一緒に引っ張り出してみた。( 9ft. はなんと 2 バット!)。トップセクションはヘッドの重さを背負いきれるように作り直してある。
d0287978_13433526.jpg
2ハンドロッドのコンセプトをシングルハンドのテーパーにフィードバックして起こし直した 8ft.6in. や 7ft.9in. にも入れてみた。具合がイイ! ロールキャストで必要充分な距離が出ちゃう。
ならば、
と 11ft.や 12ft. のスペイロッドにも・・・。遅ればせながら " スイッチロッド " 誕生 128.png
グラファイトだと 11ft. でも片手で振れちゃうけど竹のは無理。せいぜい 9ft. まで。そういう意味ではスイッチじゃないけどね。

こんな出来事があってから、改めてOPSTの動画を探してみたら・・・・随分数が増えてる。ショップが紹介してるのも含めるとかなりの数。中に、ゴルフボールを使ったエド・ワードのレクチャーがあった。日本語の訳付きまである。
が、ラインをどういうふうに動かして前に飛ばすか、という基本的な事はスペイキャストと同じで「横円を縦円につなげて方向転換させる」というところ。なんか太極拳みたいだなぁ・・・・。






[PR]

by kurirod | 2018-09-27 14:14 | 竿 | Comments(0)
2018年 09月 03日

ISAKU

平成最後の夏が終わった。
今年の夏は温度計が壊れたんじゃないかと思うくらい暑かった(も少し続くらしいが)。

工房の2階(事務や巻きの作業をする)は 26℃ の設定で朝からエアコンを入れてるのに、昼を過ぎても 30℃ 以下にはならない日が続き、ヒトも塗料もダウン。シャフトの塗料やバーニッシュが水みたいにシャブシャブになり、いくら平らに塗っても硬化する前に角がみんな弾けてしまう。おまけに表面張力が働いて平らな部分に塗料が集まって丸くなる。とても仕事にならない。

が、ありがたい事にいくつかオーダーをいただいていたので何とかしなくては・・・という訳で、少しでも気温が下がった時をねらって大汗かきかき一件は何とかやっつけた。これ。11ft. #6/7 2P 2TOP。
d0287978_15525062.jpg
さて、お次。バットセクションの丸ごと作り直し。ここまでいっちゃうともう " 補修 " は無理!
d0287978_15593534.jpg
これまでにも修理や新規製作の件はいくつかあったけど、どれも容易に破損の原因が想像できた。が、今回のはどう考えても想像できる原因がイレギュラーなので、仕上がった時点で状況を詳しくお聞きしてみようと思う。

それにしても暑さが尋常じゃ無い・・・・。

ついでにこんなヤツも出てきて仕切り直し。
d0287978_15513942.jpg
バットセクションの 6 本目に出てきた虫食い。
なんとか外して・・・と削ったけどアウト。仕方がないのでこいつは予定してなかった 11ft. #6/7 2P のデモ用に回すことにした。で、フェルールを注文。が、ツイてない時はツイてない事が重なるもので、フェルールの仕入先の " 10日間の夏休み " に 2 回ぶち当たり、仕事は思うように進まず、えいクソッとこんなことで気分転換。(これを巻いてる時はエアコンの前に居られるノダ 102.png )。
d0287978_15503525.jpg
d0287978_15504162.jpg
d0287978_15510512.jpg
ま、これはこれで楽しめたけど、夜中に小人が出てくる訳もなく、竿の方は一向に進まず。とりあえずシャフトだけは仕上げておいてフェルール待ち。少しでも室温が下がる時間を見計らって新規製作分も。ついでに具合が良かった 7ft.9in.#5 2P のデモロッドも削った。ナンか知らないがスイッチが入ったみたいで、暑さも苦にならずポタポタ汗の滴を落としながら・・・どしたオレ?  でもやっぱり遊んでしまった。
d0287978_15521986.jpg
メス型回転センター。ボトムハンドルを削っている時「こんなのがあったら便利かも」と思ってしまい、思っちゃったもんだからすぐに製作。状況によってはそれなりに便利。それでもフェルールが届くまで時間があったので、グリップのコルク削りを済ませる。力は要らないけど噴き出た汗に削った粉がくっついて、手の甲から肘までがコルクまみれ! 何度も水で流し落としながらの作業になった。とりあえずできそうなこ事を全部やってしまって、見れば組み立てキットみたいになってて苦笑い。
そうこうしているうちにフェルールが届いたので打ち込み、まとめて塗装。先に 2TOP の巻きを済ませてからゆっくりデモロッドのガイドの位置出し。
d0287978_13433526.jpg
作業の都合上先に 7ft.9in. の方が仕上がったが、ガイド位置の取り直しには少し手こずった。しかしイメージ通りのアクションに仕上がって、コマンドヘッドの 175gr. と 200gr. のヘッドがドンピシャ! 実釣でキャストするくらいの距離は、タイミングさえ合えば飛ばそうとしなくても勝手に出ていく。もちろん力は要らない。へぇ~~、これがマイクロスカジットね!納得。
11ft. の方はスカンジの 390gr. がベスト。こっちは予想以上の仕上がりで、これならISAKUというネーミングで残しても恥ずかしくないかも・・・なんて密かに思う。やっとバットのテーパーと構造が確定した気がする。

あ、どのラインをキャストする時も、トップガイドが自分を中心にして円を描くように動かすのがミソ!





[PR]

by kurirod | 2018-09-03 14:40 | 竿 | Comments(2)
2018年 07月 18日

やっと・・・

オーダーいただいてた竿を製作中、はからずもコンポーネントの到着に時間がかかってしまう事が判明し、工程を中断するハメになった。少なくとも 2 週間は手がつけられなくなってしまったので、その間に下ごしらえのストックでもと思い、始めたのだが・・・。
外的な理由で段取りを変更しなくちゃいけないのって、なんか面白くない。面白くないので気が入らない。気が入らないからなかなか進まない。進まないけど始めちゃったものは何とか片付けないと・・・。
d0287978_10302032.jpg
d0287978_10302969.jpg
ひたすらガマンでやっと片付けた(やれやれ)。終了間際にコンポーネントも到着。
まずはフェルールを打ってガイド位置の確認。
d0287978_10322081.jpg
色んな事情があってこの工程は飛ばす訳にはいかない。

で、やっとバーニッシュをかけるところまで来たら、今度は連日の猛暑でエポキシがしゃぶしゃぶに・・・。
水のようになったエポキシは、いくら平らに塗っても表面張力が強く働いて硬化するまでに真ん中に寄ってしまう。真ん中に集まった分、周辺は薄くなって地が露出しやすくなる。これは夏以外の季節でも、塗料を多めにかけると同じ現象が起きる。
d0287978_10304271.jpg
ぽってり丸くなったバーニッシュは好きじゃないので、そうならないように筆や塗り方を調整してみる。
d0287978_10303845.jpg
四苦八苦の挙句、なんとかまとめた(と思う)。11ft. #6/7 3P 2TOP 。
d0287978_10305401.jpg
d0287978_10310772.jpg
d0287978_10311488.jpg
d0287978_10310059.jpg
縞々のメノウガイドも悪くない(このサイズは国内じゃ入手困難なのよネ)。
こんなに手こずらされたのは初めてかも・・・・あ、迎え火も送り火も忘れてた!


[PR]

by kurirod | 2018-07-18 11:40 | 竿 | Comments(0)
2018年 02月 28日

目方でドン!

昔々TVのクイズ番組かなにかで使ってたフレーズでこんなのがあった。答えを明かす前に司会者が必ず「さあどうでしょうか、目方でドン!」と掛け声をあげて盛り上げていたような記憶がある。正確には覚えていない。なんせ半世紀くらい昔のハナシだからね・・・。だけど、この「目方でドン!」は友達の間ではけっこう流行って、茶々を入れる時によく使っていた。

ついこないだ竿の重さを量りながら「竹竿は重いんだよ。この重さがあるから楽にトルクがあるループが出せるのに。重さばっかり言われてもねぇ・・・{◯+△}÷□~✕・・・」なんぞと考えていたら然このフレーズが浮かんできた。で、「だったらどーなんだよ、えいっ、目方でドン!」とココロの声を締めくくった。

事の始まりはここから。
d0287978_16402282.jpg
d0287978_16402673.jpg
d0287978_16403412.jpg
上から 14ft. 13ft. 12ft. 。番手はおおよそ#7 前後(適当だなぁ)。
以前から、12ft.までは重さが気になることが無いのに13ft.になるといきなり重く感じるのは何で?と思ってた。14ft.になると、ついつい力が入ってセオリー通りに竿を動かすのが精一杯。ラインが重くなってリールもデカくなって空気抵抗も大きくなって・・・と、竿以外の条件がどんどん変わってきて、そっちのファクターの方が重く感じさせる割合が多くなるんじゃないかと思うくらいだ。ま、長い竹竿は空気抵抗を感じるほど早く振る必要が無いんだし、リールも軽いのを選べばいいだけのハナシなんだけど。

この量り比べをした翌日、今度は違う事を思い付いた。スプライスとフェルールの仕様で、体感的にずいぶん重さが違うように感じるのはどーして? 実際にどれくらいの差があるのか。誰に聞いても、そりゃあアンタ、フェルールは金属なんだから重いに決まってるでしょ、と言われる。確かに。でも、それだけ?
で、12ft.の竿で試してみた。強さは似たようなのを選んだつもり。そしたらこんな結果になった。
d0287978_16410464.jpg
d0287978_16404265.jpg
d0287978_16405265.jpg
d0287978_16403834.jpg
けっこう違うもんだね・・・。実際にフェルルールとスプライスのジョイント部だけを量り比べるのは難しいけど、ストックのフェルールを量ってみるとこの差は案外妥当な数字かも(かなり乱暴なやり方だけど)。フェルールとスプライス、どちらにしても一長一短がある。完璧なジョイントってあるのか?







[PR]

by kurirod | 2018-02-28 18:03 | 竿 | Comments(0)
2017年 12月 13日

13ft. 顚末

夏に組んだ 13ft. #7/8。きれいなカーブで曲がり、掛けて楽しくキャストが楽ちん。なんだが、シングルスペイでは感じないけどスネークロールの時は微妙にかったるい。掛けて楽しい要素とノンストレスで投げやすい要素は相反するので、どうバランスをとるのかが竿の特徴を決めるポイントになる(と思う)。何人かに振ってもらうと、やはり同じような感想が・・・。

で、も少し投げやすさに寄ったやつを作り直す事にした。
d0287978_17583934.jpg
バットセクションをテーパーを変えて少し強めに、ミドルセクションはバットに応じてそれなりに。トップは元々強めなのでそのまま。基本のテーパーに大きな変更は無いのでガイドスペーシングもそのまま。が、これが後にアダとなった。

ガイドを仮止めして振ってみると、どうにもノリが悪い。" 同じような感じだけど少し強め " というのが狙い目なんだけど・・・何で? 大抵はバットのガイド位置の調整で解消できるのだが、こ奴なかなかしぶとい。ガイドを上げたり下げたり、取ったり付けたり、イングリモングリ・・・。
d0287978_17584463.jpg
第一ラウンドは、とりあえずこんな感じ(左側)でいくらか解消したけどナンか変。それにいまイチ納得できない。

第二ラウンド、ゼロから見直し。トップはいじっていないのでミドルから。でも、けっこう詰めて決めた位置で、テーパーもほんの少し部分的に変えただけだから、どうしたものか思案投げ首。外したガイドは戻すことにした。第一印象って大事で、あれっ?と感じたところはその時に明確な理由がわからなくても、後で「ああ、やっぱりな」と原因に気が付く場合が多い。

位置を変えてはラインを通して曲げてみて、やっと試投の段階に。予報通りの強風だけど、谷間になってる河原ならだいじょぶかも。
d0287978_20090505.jpg
あまりだいじょぶじゃなかったけど、どうにかこうにか風の合間を縫ってテスト。想定に近い調子になっていたので試しにちょっと位置を変えてみた。ダメ。元に戻して決定。きれいな満月にはならなくなったけど、投げやすさは少し改善されたハズ。竿ってキャスト時と魚を掛けた時では曲がり方がちがうのよね・・・。キャストしてる時はどんなふうに曲がってるか見えないし・・・。また誰かに振ってもらわないと、やれやれ。



[PR]

by kurirod | 2017-12-13 20:54 | 竿 | Comments(0)
2017年 10月 29日

最新作

このところ毎週のように台風で大雨。湿度計が 70% から下がったのは 1 日だけだったんじゃないだろうか。
ヒマ141.png
あまり湿度が高いと道具や機械の手入れ、それに掃除くらいしかできる事が無いんだけど、全部やっても 1 週刊はかからない・・・。
で、最新作の記念撮影をして、それぞれについてノーガキを垂れてみようかと。
d0287978_18014464.jpg
12ft. #7。順番から行くとこれが一番新しい。既に何本か作ってはいるが、気に入らないので残ってない。作っておいて言うのもナンだけど、どこか思い通りになってないものを人サマに渡す訳にはいかんのじゃ。
ミッドヘッドのスペイラインで#6/7(480gr.)、スカンジのショートヘッドで 460~480gr. が使いやすいが、サーモン用ポリリーダーの一番重いシンキングなんか使うのなら 400gr. 前後のヘッドの方がイイかも。
d0287978_18014464.jpg
こいつは 2 番目に新しいやつだけど、作り直したのはバットセクションのみ。グリップの中をどうするか、一番考えさせられててこずった。なもんで3 本も削っちまった・・・・。
番手は 12ft. と同じで #6/7 。スカンジのショートヘッドだと 480gr. の方がイイようだ(好みだけど)。
d0287978_18015119.jpg
この 14ft. はテーパーから起こし直した。以前起こしたデータを下敷きにはしたが「こんなもんだろう」と、あまり深く考えずに決めたテーパーがハマった(考えすぎるのも良くないかなぁ)。眠っていたロングフットのリールとセットにしたかったのでこんなグリップになった。昨今はみんなスクリュータイプだけど、これ案外と緩まないもんデス。リングは既製品の流用だけど、ポケットの方は随分前に作りためといた自家製。刻印も入れてある。
d0287978_19052944.jpg
テストに使ったラインは #6/7 のミッドヘッドだけど重さは 540gr. 。ちょっと余裕がありそうだったので 560gr. のスカンジヘッドを入れてみたら馬鹿みたいに良く飛んだ。そんなに飛ばしても実釣ではコントロールが効かなくなる。が、練習では気持イイ。
ちょっとグリーンハートの調子に似てるかもしれない。

どれも利根川クラスの本流を想定して作ったつもりだけど、「長くても使いやすいのはこの辺だろうな」ということでやってたら、長さは違えど、どれも似たり寄ったりになった。でも、こんなもんじゃないかな。

[PR]

by kurirod | 2017-10-29 19:10 | 竿 | Comments(0)
2017年 10月 19日

再確認

天気予報じゃ月曜まで雨だとういうが、そんなに待ってられないんで完全装備で河原に行った。
d0287978_19234936.jpg
13ft. のバットセクション本組みが仕上がったので、早く投げて見たくて我慢できない(ガキか)。歳と反比例して気が短くなってくるみたいだ(笑)。
d0287978_19233730.jpg
今回は的を絞って 13ft. と 14ft. の 2 本だけ。ラインは RIO の TRADISHONAL SPEY SERIES・In Touch Mid Head Spey #6/7 と Uni Spey Flt #6/7 。同じ番手表示だけど前者は 540gr. で13~14ft.のロッドに適合 、後者は 480gr. で 12~14ft. のロッドに適合。全長は両者とも同じで110ft.(34m)。13ft. には Uni Spey 、14ft. には In Touch をセット。

これまでにも各セクションごとに修正を加えてきたけど、バットセクションはまだ詰めが甘かったようだ。テーパーの見直しったって全部つながってて、それぞれのセクションが影響し合って全体のアクションが決まってくる訳で、どこかに修正を加えようとすると1ヶ所だけでは済まない。今回の修正は、やっとポイントを押さえられたような気がする。

で、その根拠はこれ。
d0287978_19232611.jpg
キャス練はムキになってしているつもりだけど、あまり上達してるような自覚は無い。なのにいつも通りのキャストでこれだけラインが出せちゃう。これは 14ft. 。13ft. はこっち。
d0287978_19233171.jpg
キャスティングが上手い人なら多分フルキャストできちゃうんだろうね。今までこんなに出せたことは無かったような気がするので、何だかキツネにつままれたみたいだ。このままつままれていたい(爆)。

そんな訳で雨なのにエラく気分がイイ。
d0287978_19234686.jpg
d0287978_19234271.jpg
竹竿だからって雨を嫌がってちゃぁしょーがねーだろ136.png  (ちょっと気が大きくなってる?)



[PR]

by kurirod | 2017-10-19 20:31 | 竿 | Comments(0)
2017年 10月 17日

やっと?

12ft. 2ハンドロッドの見直しが片付いたのに気を良くして、13ft. 、14ft. の見直しに手を付けたらエラい事になった。

気が付けばブログはひと月もほったらかし、HPの整理も手付かず。やっとひと段落ついたので更新・・・と思ったら、フォームが変わっていて、ナンだよこれ、使いにくいったらありゃしない 132.png

と、ボヤキはこれくらいにして。
竹の2ハンドロッドは 12ft. を超えるとちょっと作り方の勝手が違ってくるようだ。スペイロッドとなると更に。長くなるとトップの動きが大きくなり、おまけに慣性がはたらくのでトップは予想しているより強め(=太く)しなければならないし、そうすると今度はミドル・バットもトップに準じて強さが要求されてくる。考えてみれば約 4 mの竹の棒を、たかだか手元の 60 ㎝ほどの部分でコントロールしなければならないんだから・・・・。
これ、今年の 8 月に撮った写真だけど残っているのは 2 本だけ。使えるパーツは再利用。
d0287978_16081041.jpg
奥のやつは補強のし方が適切じゃなかったのでご覧の通り。で、作り直したのが手前のやつ。1 回失敗するとコルクが 30 個ばかりオシャカになるのよねぇ・・・・・。
d0287978_16194261.jpg
そんなこんなで滑ったり転んだりしながら何とかたどりついたのがこの 3 本。上と下が 13ft. 。中は 14ft. 。14ft. には眠っているロングフットのリールを使いたいのでこのリールシート。
d0287978_16303803.jpg
13ft. はバットセクションだけを作り直して残っていたトップとミドルに合わせたつもりだったが、どうにもシックリしないので、既に完成させた同じモデルのちょっと強めのやつと差し替えてみたらドンピシャだった。使えるラインの重さは同じだけど、シャッキリして使いやすそう。
d0287978_16512797.jpg
この日は終日雨だったんだけど、我慢できずに河原に行った。増水してたけど濁りが無くて、浅いプールみたいな状態で具合が良く、風も無くてテストにはうってつけだった。ま、雨の中合羽を着て 4 m の棒きれ振り回す姿は正気の沙汰ではなかったかも。





[PR]

by kurirod | 2017-10-17 17:00 | 竿 | Comments(0)
2017年 07月 20日

久々の・・・

ダブルハンドが面白くてアーたらコーたらいじくり回してはや・・・何年経った? 何とか " スペイロッド " と胸を張って言える竿が作れるようにはなった。テーパーを起こしてそれを実際に削り、竿にして振り倒し、ダメが出た部分を修正してまた削り・・・(これが実に楽しい)。なんだけど、この一連の作業に落とし穴が。

当たり前のハナシだけど、ちゃんとスペイキャストができないとまともなテストにならないのよ。で、しょうがないからスペイの練習も。(この話は長くなるから改めて)。

何とかボトムハンドが使えるようになって、キャスティングのメカニズムも朧気ながら見えてきたら、今度はシングルハンド方が気になり始めた。いずれにしてもダブルハンドのノーハウをシングルハンドにフィードバックして、今まで作りちらかしてきたデータを全部見直すつもりではいたのだが、とにかく量が・・・。

前置きが長くなったけど、そんな訳で、まずは 8’6” から。
d0287978_20241248.jpg

以前起こしたデータを下敷きにして修正し、作り直したのがこれ。後ろのやつは #6 、前のが #7 。今までのと大きく違うのはトップの強さ。ラインの重さに負けないトップとバランス良く支えてくれるバットからは、かなりトルクのあるループが作れる。力任せに振り倒すのではなく、バックキャストで曲がった(=ロードがかかった)竿をスペイキャストのように 12 時あたりで開放してやる(=リリースする)と蝉みたいなデカいフライでも楽にキャストできる。力任せにぶん投げようとすると空気抵抗が大きくなって逆効果になる。水中で手足を動かす時に、ゆっくり動かすと大した力は要らないけど、早く動かそうとするとけっこう力が要るでしょ? あの感覚に近いと思う。

面白半分で手持ちのコマンドヘッドの一番軽いやつを入れてみた。200gr. のボディーに 90gr. のフローティングティップ、ランニングはセオリー通りのモノフィラ。オーバーヘッドだとちょっと重いけど、アンカーを打ってキャストすると、そんなに飛ばしてどーすんだというくらい飛んで思わず笑った。ラインが重めだから力は要らない。リリースのタイミングだけ。ナンだ、これ?

せっかく河原に行くんだからと、連れてきた " お気に入り " 達にも仕事をしてもらった。
d0287978_21205764.jpg


ナンだカンだと能書きを垂れちゃったけど、ホントはここまで組み立てて、あと一息というところで集中力が切れちゃったもんだから、ちょっと息抜きをしたのデシタ。
d0287978_2127682.jpg

[PR]

by kurirod | 2017-07-20 21:27 | 竿 | Comments(0)