人気ブログランキング |

竿屋の独白

kurirod.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:竿( 135 )


2019年 04月 18日

スピニング・ベイトロッド

何で?

と思われるかも知れないが、そもそも工房を立ち上げる時に竿の種類は限定してない。HPにもスピニングロッドのページがあるくらいで(もう何年もいじってないけど 106.png )。
今年になって何年振りかでオーダーをいただいた。
ちょうど 12ft.3P " スペイロッド " のテーパーの最終形が見えてきて、試作に手をつけようかという時だった。なので、ホントに申し訳ないんだけどオーダーの方は気もそぞろ。「おい、ダメだろ!ちゃんと対応しろよ!!」とオノレを叱咤激励するもなかなか・・・。で、案の定やっちまったぃ、気を付けてたんだけどねぇ・・・・長さ違う。

シャフトにフェルール打ち込んで塗装まで済んだところで気が付いた。急いで作り直してオーダーの方はどうにか納めたものの、手元に残ったブランクをどうしたものか。さんざん迷ったあげく組み立てることにした。これ。
d0287978_11090522.jpg
d0287978_11091059.jpg
d0287978_11091593.jpg
あ、リールは非売品デス。

6’6” 7g 以下に対応してるけどルアーの種類や投げ方によって感じは変わると思うので、その辺は良しなに・・・・。
ガイドはチタンフレーム。使ってみたいという方がいらっしゃればクロスバッグ付、税込¥60,000 でお譲りします。
お申し込みはこちらから  http://kurirod.com/ORDERSHEET.html

ついでと言ってはナンですが、こんなのも。
d0287978_11092436.jpg
d0287978_11093424.jpg
d0287978_11093214.jpg
12ft. 3P のテストロッドからパーツ類を回収した時に出たトップセクションの仕立て直し。ベンディングカーブはかなり良かったんだけどスピニングロッドには少し強めなのでベイトロッドに。
バス釣りに使ったら楽しそうだけどトップウォーター専用だとちょっとかったるいかも。
ブランクの長さ(竹の部分)は 3’9” フェルールの径は 9.43㎜ ガイドはステンレスフレーム。

これも使ってみたいという方がいらっしゃればお譲りします。クロスバッグ無し、税込¥30,000 。
お申し込みはこちらから http://kurirod.com/ORDERSHEET.html



by kurirod | 2019-04-18 13:10 | 竿 | Comments(0)
2019年 02月 14日

使ってみた

リールシートの黒いスペーサー、使ってみた。
d0287978_16470208.jpg
こんなに使うつもりはなかったんだけど・・・。
たまたま 10ft.#5/6 をテーパーからいじり直すつもりだったので、とりあえずアップロックのやつを付けてみた。
ダウンでも使えるんだけど、この金具埋め込みのサイズが大きくて( Φ:22㎜、L:12㎜ )ボトムハンドルに埋め込むと形に影響が出そうなので、太めになっても影響の無い方に。コルクの径は 25㎜ だけど、厚さは 1.5㎜ しか無い。

他の 2 本はオールアルミだったのを、真ん中をちょん切ってプラスチックにした。これも 12ft.#5/6/7 と#6/7/8 を作り直したので使ってみた。ウッドのやつとくらべると・・・。
d0287978_16474840.jpg
こんなカンジ。天然素材は樹脂でも含侵させない限り必ず水が入るので、そういう意味ではプラスチックの方が完璧。

ハナシは変わるけど、今度の 12ft.#6/7/8 はかなりデキがイイ。ちょっと " 目からウロコ " なところもあるけど。
ま、早い話バランスが良くなった。今までのが悪いというのでは無い。なぜか「ここ、こんな風にしてみたらどういう事になる?」と思ったので、ダメ元で違う竿を作るくらいのつもりで大幅にテーパーを変更してみた。ガイドも位置やサイズを見直してかなり思い切った。利根のハコスチ、余裕です 136.png

12ft.#5/6/7 の方は 360gr.(23.3g)のスカンジヘッドを使いたかったので、2 本から別々にトップとミドルを持ってきて、好みの " 投げ感 " になるようにバットを新調した。のんびり振ってもトルクのあるループが出るようになった。
スペイでもアンダーハンド風でも釣りになるくらいの距離は楽に出るので重宝しそう。


どちらも試投できます。気になる方はご連絡下さい 110.png
あ、10ft.#5/6 と 11ft.6/7 もデモロッドがありますので、よろしかったらこちらもどーぞ。



by kurirod | 2019-02-14 18:23 | 竿 | Comments(0)
2019年 01月 21日

10'0" 3P 顚末

昨年の暮れ、Eベイに出展しているショップの中古品を覗いていたら、1900年代初期・中期の竹竿が出ていた。そこそこの数で値段は高くても 60,000 円代。画像で判断するかぎりでは、どれも使えそうな状態。竿はいくらでも作れるので買うつもりは無いんだけど、グリップ周りのデザインで何かヒントにならないかと・・・。

で、気が付いたんだけどリールシートのスペーサーがみんな黒い。元祖プラスチック! 年代から推測するとベークライトかエボナイトのはず。加工性はエボの方がダントツにイイし、当時としてはかなりモダンな素材だったハズなので、ちょっとやってみるか・・・という事になった。
ネットで探してみたけど、今日びエボなんて " 静電棒 " とかいって10ミリ径の実験材料くらいしか出てこない。黒けりゃイイか、と見つけたのが " ポリペンコアセタール " なんて樹脂の丸棒。トボけた名前のわりに吸水性ゼロ、耐摩耗性良好で、歯車の材料に適しているらしい。早速ポチって削ってみた。
d0287978_16292720.jpg
ナルホド、加工性はかなりイイ。が、切り粉が最初から最後まで全部つながって出てくるのであちこちに絡んで、これを取るのが厄介! 自動送りで削り始めたら切り粉を手繰って絡まないようにしたら、1回の切削でこれだけ 135.png
3本削るとこれだけ !!
d0287978_16293223.jpg
サダコか・・・・なんか髪の毛みたいで気持ワリイ。おまけに特性がアダとなって仕上げのペーパーかけやバフ掛けが大変。
何とかやっつけたのがコレ。
d0287978_16282197.jpg
金具はオールアルミの既製品を切って、少し手を加えて使用。悪くないじゃん!と手前ミソ。気を良くしたんだけど、やっぱりリールシートは竿に付いてナンボでしょう。というワケで竿も削ることになった(えっ?)。どうせ削るなら以前組んだエクステンションバット付きの 10ft.3P をエクステンションじゃないカタチで・・・気にはなってたのよ
とりあえずこんなカンジで。
d0287978_16282527.jpg
シガーグリップのやつが前回製作のやつ。アソコが弱い、ココが強過ぎとテーパーを修正しながらの 3 本目(多分)。とても不思議な竿で 330~420gr.(#5~7 相当 )くらいで使いたいと思ってたのが、あれ、まだイケる? え、も少し?とラインを変えていったら結局 540gr. まで背負っちゃった。ま、竹竿ってそんなもんなのかも。
でも 10ft. の長さなので( プラス 4in.=100㎜ だけど )ホントはも少し低番手で使いたい。なのでテーパーはそのままで、全体に 0.1㎜ ( データ上 )落として削った。正解!なんだけど、今度はガイドスペーシングに悩まされた。
d0287978_16283112.jpg
使用時の長さが 4in. 短くなっただけなのに・・・・。
d0287978_16285234.jpg
結局ガイド数は前回が 11 個、今回は 10 個( トップを除く )で落ち着いた。使えるラインは 300~420gr. 。
ま、こんなもんでしょう 116.png  やっと本組み






by kurirod | 2019-01-21 18:42 | 竿 | Comments(0)
2018年 12月 18日

9'6"

2ハンドロッドが面白くていじくり回してたら左手首にタンコブができた。痛くも痒くもないのでにかまわずに作りつづけたら、このタンコブがどんどん成長する。
さすがに気持ち悪くなって人に聞いたりネットで調べたりしたらガングリオンというものらしい。できる原因は不明のようだ8日けど、部分的に力を入れるようなコトをしてるとできやすいらしい。8~10㎜ 幅に割いたトンキンの暴れや、グルーイング後のシャフトの捻れや曲がりの矯正に思ったより左手を使っているみたい・・・右利きなんだけどねぇ。

そんなこんなで、ここ半年ほどは作り直すより作ったやつの手直しをしていた。(ま、ほかにも色々理由はあるんだけど・・・。)
いじり直したのは 12ft.のスプライスジョイントとフェルールモデルが各 3 本、11ft.のフェルールモデルが 2 本、10ft.・9ft.のフェルールモデルが各 1 本、それに・・・え~と、思い出せない119.png  あ、10ft.と11ft.は作り直したなぁ・・・ま、どうでも。

課題は共通でバットのテーパー。 色々作り散らかしたやつのどこが不具合だったのかハッキリさせるコトが目的。
こいつをやっつけて一区切りつけようと引っ張り出したのがコレ。9’6” 3P #4/5/6 。
d0287978_12392535.jpg
ここまでくるのに 2 本分くらい削って 3 回くらいガイド位置をいじってるハズなんだけど、誤解や思い違いでイマイチのヤツ。コルクグリップとリールシートを外して補強、調子が変わってるはずだからガイド位置も取り直し。
d0287978_12391951.jpg
d0287978_12391566.jpg
元々がオーバーヘッドキャストに向いている調子だから、グリップ周りだけいじっても " スペイロッド " にはならない。が、も少しナンとかならないモノか・・・。で、チカラいっぱい挑戦してみた。

シャフトのテーパーはどうにもならないが、それでもグリップ周りを補強して、ガイド位置でできる限りの修正をかけて、これ以上はムリというところまでやってみた。
写真のリールは右から 330gr.・360gr.・390gr.・420gr. どれもスカンジヘッド。前は 360gr. が限界だったのに・・・。でもナンかモタつくような感じがして面白くない。ハタと思いついてOPSTのコマンドヘッドを引っ張り出した。300gr. のボディーに 10ft. 90gr. のモウティップ。軽快!

ヘッドの長さはスカンジが 31ft. 、コマンドヘッドが全長で 25ft. 。スカンジの 400gr. が妙に重く感じたのでチェックしたら、これだけが 36ft. あった。竿とラインの相性って探し出すのがタイヘン!

この日はコマンドヘッドにたどり着いたところでタイムアップ。次は手持ちのスカジットヘッドを総動員して試してやろうと思う。





by kurirod | 2018-12-18 15:06 | 竿 | Comments(0)
2018年 11月 13日

今さら?

最近、5~6 年前(多分)にハマってたスプライスジョイントを引っ張り出していじくり回している。
作り散らかしたヤツをかなり整理して、目ぼしいのだけ残しておいた。12ft.3P が 4 本、10ft.3P が 2本、9ft.2P が 1本。

プレーニングフォームでスプライスジョイントを削る時に、フォームにかなり無理をかけてしまうのと色々な計算が面倒なので、ある程度コツというかいわゆる " 押えどころ " が理解できた時点で作るのをやめた。
この時、3P・2 ハンドロッドのトップとミドルのバランスについてはかなり理解できたつもりだったが、バットだけが詰めきれないでいた。
その後、フェルールのモデルで対処法を見つけ出し、やっと3P・2 ハンドロッドのレシピが完成した(とりあえず)。
余談だけど、テーパーのとり方やガイド位置の調整やキャストのし方などの相関関係がおぼろげながら見えてきた今は、ゼロから立ち上げるのもかなり楽になった101.png

で、もしかして、なんて軽く思い付いて引っ張り出してきたのが 12ft.3P 。
d0287978_10082428.jpg
まずは一番最後に作ったヤツを1本。これはバットをかなり強めにしてあるので、どういじっても限界が・・・。それでもかなり良くはなった(と思う)。でもスペイロッドというよりはオーバーヘッドキャスト向き。しからば、ほかのは?
グリップ周りに若干難ありだけど、ガイド位置の調整でかなり修正できそう! シャフトのバランスは悪くない。
d0287978_10081382.jpg
最近はスペイキャストもそれなりに上達してるようなので、竿に無理な力がかからなくなってるのかも? あんまり大仕事にしたくないのでグリップはいじらないどこ・・・・144.png

これを作った頃はスペイキャストがままならなくて、だからアクションにもイマイチ自信が持てなくて、おまけにプライベートではやたらにストレスがたまるような状況になっていて(後々振り返ると、どうやら鬱になってたようだ。あ、家庭崩壊じゃないよ! 念のため)・・・・。
そんなこんなで作る竿もちょっと観念的になってたのかも。ちゃんとしたコンセプトが無いものは、竿に限らず説得力に欠ける。が、コンセプトだけでは現実的に使いやすいモノにはならない。アタマだけが先行しても、感覚だけに頼っても、あまりイイ事は無さそうだ。
バランスって大事なのねと思い知らされた出来事なのだった119.png



by kurirod | 2018-11-13 13:12 | 竿 | Comments(0)
2018年 10月 23日

これ楽しい!

あまり気乗りがしなかったんだけど、偶然 " 節切れ " を見つけちゃったもんだから作り直した 10ft.#6 。
ガイドを仮止めして位置を決め、適合ラインも検討をつけて本組みをした。バーニッシュをかけてる間、硬化待ちの時間が手持ち無沙汰だったけど、リールシートの金具が届いていたのでスペーサーを削る事にした。塗装が終わった頃、バラバラに頼んでいたフェルールや合成コルクがまとめて届き、「あれま、ナンか作らなくちゃ」と頭の隅で貧乏神の声。
d0287978_13013856.jpg
ま、ま、今じゃなくても・・・もうすぐ 10ft. のバーニッシュがかけ終わるからさ、と声をいなして河原へ。

改めて試投してみると、ん? あれ? なんか随分調子いい? 短めで少し取り回しが良くなったから? 11ft. もかなりデキが良かったと思うけどそれ以上? 使えるラインの重さは仮止めで設定したのと変わらないけど、振った感じが少しだけ違う。
d0287978_13404309.jpg
300~400gr. のスカンジヘッドを試してみたけど、どれも同じような感じ・・・?? 工房に戻って確認すると 300gr. 代のやつはみんな 31ft.(9.5m)。重さより長さか?

日を改めてもう一度やり直してみた。メインに使ったラインは 360gr. 。
d0287978_13012501.jpg
左から 11ft.#6/7 12ft.#7/8 10ft.#5/6 13ft.#8/9 。期せずしてそれぞれの長さで一押しのヤツばかり。
無理なくそこそこの距離が出ちゃうので、ほかのと比べてたらこうなった。ジャンピングロールでもアンダーハンドでもスペイでも飛んじゃう。突然キャスティングテクニックが上がった? まさかね・・・・。
これ、楽しい  
調子に乗って投げまくってたら背中で声がしたので振り向くと、知り合いのトーナメンターが。早速竿を渡すと、いやあ・・・さすがのキャスト! 手加減しないからね、このヒト。ちゃんと観察させてもらいました、竿のカーブ。自分で振ると見えないからね。グリップの形がトーションかけにくいとか言ってたけど、そもそも竹竿はトーションかけにくいんだからこれでイイのダ。10ft. でこれだけ飛ばせれば釣りに使えるって・・・これ釣り竿だよ。

ISAKU シリーズが 1 本増えた?




by kurirod | 2018-10-23 17:29 | 竿 | Comments(0)
2018年 10月 12日

10ft. #6 エクステンションバット

相変わらず2ハンドロッドが面白くていじくり回している。

出発はシングルハンドの 8ft. くらいだったと思う。それがだんだん長くなって、スペイキャストの流行もあったりして「竹だってできるよ、スペイロッド」なんて手を出したのが運の尽き。
あんなガサツな竿、なんて軽く見たのが大マチガイ。それに「自分で作った竿、ちゃんと振れなくてどーすんの!」なんていう声もあり・・・・ドツボにはまったのが、何年前だ?
あーだこーだと試作するうちに竿は 14ft. まで伸び、キャスティングも少しずつ理解できるようになって竿作りとリンクするようになってきた(と思う)。シングルハンドの竿まで影響が出たらしく、今年、久しぶりに遊びに来たショップの店主には「みんなスペイロッドになっちゃいましたね」と言われる始末。
そうこうしているうちにスペイフィーバーは落ち着き、マイクロスカジットなんていうイージーなシステムが登場してキャストの距離が飛躍的に伸び、ラインのティップを交換するだけで探れるタナの範囲が広くなった。おかげでフライフィッシングの敷居が少し低くなったんじゃないか、という印象が・・・。もろ手を挙げて賛成はしないけど、悪い傾向じゃないんじゃない?

で、ここまでが今回のハナシの枕。

一応今まで作り散らかしてきた色んな長さの竿を振り返って整理をしてみると、ま、竹だし・・・重いし・・・そんな長くなくても・・・実釣に差し支えなく楽しく使えればイイんじゃね? なんて、少し肩の力が抜けて気持が楽になったような気が・・・・・。
そんなこんなで作る竿がどんどん長くなってきた頃のやつを引っ張り出して見直してみた。
最初に手を付けたのは 9ft. で長目のファイティングバットを付けたやつ。低番手のヘッドで " スイッチロッド " として使えそう。前に書いたと思うけど、これ。2バット!
d0287978_20514415.jpg
ガイド位置を調整し直して何とかまとめてはみたものの・・・ナンか物足りない。
で、次に目を付けたのがこれ。
d0287978_19352947.jpg
10ft. の2ハンドロッド。グラファイトだとスイッチロッドはほとんど 11ft. だけど、竹だと片手で振れるのは 9ft. まで(個人差あり)。両手で振れば、この長さでもラインシステムの工夫でそこそこの距離は出せる、とふんだ。ちょっとズルしてねじ込み式のエクステンションバット。4in. 長くなる。
左がオリジナルで、オーバーヘッドキャスト用のテーパーなのでガイド位置を調整してヘッドを使うとトップセクションに少しクセが付きやすい。ちょっと前に霧雨の中で使ったらバット側のフェルールの少し下に節切れを発見したのでテーパーも少し変えて作り直した。
d0287978_19353262.jpg
バットなんてかなり細くなったのにライン番手は変わらず #6(スタンダードラインだと #7 くらい)。
ストリッピングガイドの位置を少し修正して、スカンジヘッドだと 360 か 390gr. が使いやすい。コマンドヘッドでも 300gr. のボディーに 10ft. 90gr. のモウティップが良かったから #6 。スカンジでも 400gr. になると若干ラインが上がりにくくなるから不思議。散々投げ倒してから、ふとSAのデリバランスキットがあったのを思い出して入れてみた。記憶では420gr.くらいだからちょっと重いかなぁと思いつつ。ところが、あれっ?感覚ではスカンジの 400gr. よりかなり重いのに竿が負けてない!
はぁ??? 
工房に戻って確認したら 440gr. だった。
はぁ???
d0287978_19354047.jpg
左に少し顔を出してる岩くらいまでが実釣でよく投げる距離(目測で 20m くらい?)なんだけど無理なく届くから、充分使える。できるだけ軽い竹竿で本流を楽しみたい 102.png



by kurirod | 2018-10-12 21:56 | 竿 | Comments(0)
2018年 09月 27日

スイッチロッド

もう何年前になるだろう? 初めてYouTubeでエド・ワードのコマンドヘッドのデモを見たのは。

9ft.#5 のシングルハンドを 2 ハンドに仕立て直して使っていたような記憶がある。時期的には " スペイフィーバー " がひと段落して、管釣りや湖でヒンシュクを買っているという話が聞こえてくるようになった頃だと思う。
見よう見まねで 15ft. や 18ft. の長竿に、太いスペイラインをバシャバシャ振り回すんだから(おまけに腰まで立ち込んで)、白い目で見られてもしょうがない状況だったのかも知れない。でも、カッコ良よかったのよね、あの姿が。それに、キャスティング自体は面白いし、きれいなループが作れた時は素直にウレシイし・・・・。
冷静に考えれば、ターゲットの魚種も川の環境も日本とはまるで違う土地の釣り方をそのまま持ち込んだって・・・どうなの? というところなんだけどね(あくまでも個人の意見です、念のため)。

そんな状況の中で、エド・ワードのスカジットキャストは軽く衝撃的だった。そもそもスチールヘッダーと呼ばれるフリーク達が考え出した釣り方とシステムだけど、も少しライトにこじんまり(?)アレンジすれば日本の本流の鱒釣りでも通用するんじゃないかと思った。
この時はまだスカンジヘッドでのスペイキャストに入れ込んでいたのと、ヘッドにモノフィラのランニングラインというあまりにも合理的な組み合わせが、竹竿にはちょっとねという気持ちもあって本気で手を出す気にはならなかった。

これは多分その頃作った9ft.#5/6 と 10ft.#6 の 3P 。DTFラインでオーバーヘッドキャスト用。エクステンションバット
を装着して使うようにしてある。
             
d0287978_20133491.jpg

d0287978_20134086.jpg
そうこうしているうちに、マイクロスカジットと称して8ft.#3 くらいのロッドに合わせたヘッドが出て来たりして、「ああ、やっぱりな・・・」。実はそれまでヘッドを後ろ前にしてたらしい事にも気づかされて、にわかにコマンドヘッドが気になりだした。

で、ず~~っとお蔵入りしてたのを、やはりず~~っとお蔵入りしてたコマンドヘッドと一緒に引っ張り出してみた。( 9ft. はなんと 2 バット!)。トップセクションはヘッドの重さを背負いきれるように作り直してある。
d0287978_13433526.jpg
2ハンドロッドのコンセプトをシングルハンドのテーパーにフィードバックして起こし直した 8ft.6in. や 7ft.9in. にも入れてみた。具合がイイ! ロールキャストで必要充分な距離が出ちゃう。
ならば、
と 11ft.や 12ft. のスペイロッドにも・・・。遅ればせながら " スイッチロッド " 誕生 128.png
グラファイトだと 11ft. でも片手で振れちゃうけど竹のは無理。せいぜい 9ft. まで。そういう意味ではスイッチじゃないけどね。

こんな出来事があってから、改めてOPSTの動画を探してみたら・・・・随分数が増えてる。ショップが紹介してるのも含めるとかなりの数。中に、ゴルフボールを使ったエド・ワードのレクチャーがあった。日本語の訳付きまである。
が、ラインをどういうふうに動かして前に飛ばすか、という基本的な事はスペイキャストと同じで「横円を縦円につなげて方向転換させる」というところ。なんか太極拳みたいだなぁ・・・・。







by kurirod | 2018-09-27 14:14 | 竿 | Comments(0)
2018年 09月 03日

ISAKU

平成最後の夏が終わった。
今年の夏は温度計が壊れたんじゃないかと思うくらい暑かった(も少し続くらしいが)。

工房の2階(事務や巻きの作業をする)は 26℃ の設定で朝からエアコンを入れてるのに、昼を過ぎても 30℃ 以下にはならない日が続き、ヒトも塗料もダウン。シャフトの塗料やバーニッシュが水みたいにシャブシャブになり、いくら平らに塗っても硬化する前に角がみんな弾けてしまう。おまけに表面張力が働いて平らな部分に塗料が集まって丸くなる。とても仕事にならない。

が、ありがたい事にいくつかオーダーをいただいていたので何とかしなくては・・・という訳で、少しでも気温が下がった時をねらって大汗かきかき一件は何とかやっつけた。これ。11ft. #6/7 2P 2TOP。
d0287978_15525062.jpg
さて、お次。バットセクションの丸ごと作り直し。ここまでいっちゃうともう " 補修 " は無理!
d0287978_15593534.jpg
これまでにも修理や新規製作の件はいくつかあったけど、どれも容易に破損の原因が想像できた。が、今回のはどう考えても想像できる原因がイレギュラーなので、仕上がった時点で状況を詳しくお聞きしてみようと思う。

それにしても暑さが尋常じゃ無い・・・・。

ついでにこんなヤツも出てきて仕切り直し。
d0287978_15513942.jpg
バットセクションの 6 本目に出てきた虫食い。
なんとか外して・・・と削ったけどアウト。仕方がないのでこいつは予定してなかった 11ft. #6/7 2P のデモ用に回すことにした。で、フェルールを注文。が、ツイてない時はツイてない事が重なるもので、フェルールの仕入先の " 10日間の夏休み " に 2 回ぶち当たり、仕事は思うように進まず、えいクソッとこんなことで気分転換。(これを巻いてる時はエアコンの前に居られるノダ 102.png )。
d0287978_15503525.jpg
d0287978_15504162.jpg
d0287978_15510512.jpg
ま、これはこれで楽しめたけど、夜中に小人が出てくる訳もなく、竿の方は一向に進まず。とりあえずシャフトだけは仕上げておいてフェルール待ち。少しでも室温が下がる時間を見計らって新規製作分も。ついでに具合が良かった 7ft.9in.#5 2P のデモロッドも削った。ナンか知らないがスイッチが入ったみたいで、暑さも苦にならずポタポタ汗の滴を落としながら・・・どしたオレ?  でもやっぱり遊んでしまった。
d0287978_15521986.jpg
メス型回転センター。ボトムハンドルを削っている時「こんなのがあったら便利かも」と思ってしまい、思っちゃったもんだからすぐに製作。状況によってはそれなりに便利。それでもフェルールが届くまで時間があったので、グリップのコルク削りを済ませる。力は要らないけど噴き出た汗に削った粉がくっついて、手の甲から肘までがコルクまみれ! 何度も水で流し落としながらの作業になった。とりあえずできそうなこ事を全部やってしまって、見れば組み立てキットみたいになってて苦笑い。
そうこうしているうちにフェルールが届いたので打ち込み、まとめて塗装。先に 2TOP の巻きを済ませてからゆっくりデモロッドのガイドの位置出し。
d0287978_13433526.jpg
作業の都合上先に 7ft.9in. の方が仕上がったが、ガイド位置の取り直しには少し手こずった。しかしイメージ通りのアクションに仕上がって、コマンドヘッドの 175gr. と 200gr. のヘッドがドンピシャ! 実釣でキャストするくらいの距離は、タイミングさえ合えば飛ばそうとしなくても勝手に出ていく。もちろん力は要らない。へぇ~~、これがマイクロスカジットね!納得。
11ft. の方はスカンジの 390gr. がベスト。こっちは予想以上の仕上がりで、これならISAKUというネーミングで残しても恥ずかしくないかも・・・なんて密かに思う。やっとバットのテーパーと構造が確定した気がする。

あ、どのラインをキャストする時も、トップガイドが自分を中心にして円を描くように動かすのがミソ!






by kurirod | 2018-09-03 14:40 | 竿 | Comments(2)
2018年 07月 18日

やっと・・・

オーダーいただいてた竿を製作中、はからずもコンポーネントの到着に時間がかかってしまう事が判明し、工程を中断するハメになった。少なくとも 2 週間は手がつけられなくなってしまったので、その間に下ごしらえのストックでもと思い、始めたのだが・・・。
外的な理由で段取りを変更しなくちゃいけないのって、なんか面白くない。面白くないので気が入らない。気が入らないからなかなか進まない。進まないけど始めちゃったものは何とか片付けないと・・・。
d0287978_10302032.jpg
d0287978_10302969.jpg
ひたすらガマンでやっと片付けた(やれやれ)。終了間際にコンポーネントも到着。
まずはフェルールを打ってガイド位置の確認。
d0287978_10322081.jpg
色んな事情があってこの工程は飛ばす訳にはいかない。

で、やっとバーニッシュをかけるところまで来たら、今度は連日の猛暑でエポキシがしゃぶしゃぶに・・・。
水のようになったエポキシは、いくら平らに塗っても表面張力が強く働いて硬化するまでに真ん中に寄ってしまう。真ん中に集まった分、周辺は薄くなって地が露出しやすくなる。これは夏以外の季節でも、塗料を多めにかけると同じ現象が起きる。
d0287978_10304271.jpg
ぽってり丸くなったバーニッシュは好きじゃないので、そうならないように筆や塗り方を調整してみる。
d0287978_10303845.jpg
四苦八苦の挙句、なんとかまとめた(と思う)。11ft. #6/7 3P 2TOP 。
d0287978_10305401.jpg
d0287978_10310772.jpg
d0287978_10311488.jpg
d0287978_10310059.jpg
縞々のメノウガイドも悪くない(このサイズは国内じゃ入手困難なのよネ)。
こんなに手こずらされたのは初めてかも・・・・あ、迎え火も送り火も忘れてた!



by kurirod | 2018-07-18 11:40 | 竿 | Comments(0)