竿屋の独白

kurirod.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:その他( 54 )


2018年 01月 26日

さ・む・いっ!

53 年ぶりの寒波だとか。
工房の暖房には業務用の石油ストーブを使ってる。もう 10 年選手で、さすがにこないだ様子がおかしくなった。この寒いのにカンベンしてくれ~、となかば諦めたが、もしやと思い分解掃除。分解といってもビスを 4 つ外して上部を外し、温度センサーやら火力の制御回路やらが組み込まれた基盤を剥き出しにして、まずはエアーで 10 年分のホコリを吹き、それからパーツクリーナーで洗浄。どうやらジェネレーターあたりがあやしいのだが、余計な事してホントに壊しちゃったら目も当てられないからそこまで。ジャブジャブのクリーナー液が飛ぶのを待って外した上部を戻し、祈るような気持ちでスイッチオン! 無事に点火。胸をなでおろした。
d0287978_18333703.jpg
このストーブ、火力が強くて真冬には頼りになるのだが、難点は大飯食らい。18Lのポリタンが 2 日でカラになる。

年末からガイド位置を直していた 12ft. (スプライス・ジョイント×2、フェルール×2)と 13ft. (フェルール×2)がやっと仕上がって、そろそろ試投したいと思ってたやさきにこの寒波。築 40 年以上のボロ家工房は毎朝冷蔵庫と化し、午前中はストーブとエアコンで温まるのをひたすら待つ始末。

今日も温まりきらないうちに最後の 1 本の塗りを済ませ、穏やかそうだから河原に行くかと考えてたら風がうなり始めた。作業場の室温はやっと 20 度まで上がったのに足元は冷たい。どうせ寒いなら行くか。風の様子を見てダメなら帰ろう、と出かけた。
d0287978_18332184.jpg
ここは山間部と平野部の境目。ここから上は上流部で下は中流部となる。風は断続的に強くなるようで、けっこう間がある。これならイケそうと振り始めたのだが、強くなった時の風がハンパじゃない。460gr. のスカンジヘッドが着水する前に足元まで吹き戻された(爆笑)。しからば、と手持ちの一番重いヤツ(540gr.)を試してみたが勝てず。
d0287978_18332696.jpg
風が弱くなった隙に、とにかく結果を確認したかったヤツを、鼻を拭きふきなんとか振り切ったところで陽が山陰に。まだ充分明るいが、陽が陰ると途端に気温が下がるので早々に撤収開始。
d0287978_18333260.jpg
案の定。水溜りに氷はなかったんだけどねぇ・・・・。



[PR]

by kurirod | 2018-01-26 20:41 | その他 | Comments(0)
2018年 01月 10日

新年?

年が変わった。もう随分前から正月なんて気分は無い。

チョンマゲの時代には老いも若きも男も女も、大晦日に生まれた赤ん坊までいっせいに歳をとり、年神様を迎えてそれなりにめでたかった正月なんだろうけど・・・。気が付けば色々と面倒くさいのが先にたち、めでたいよりも鬱陶しい。

TVでは年末だ年始だと煽り立て、世間は忙しなく落ち着かず、家人はそれぞれ出かけて独身に戻る。家に居ても落ち着かないので工房へ。YouTubeでUKの鮭釣りやSpeyCastingに関する動画を見て過ごし、飽きると大掃除モドキをした。河原に行って竿振り三昧などと思ってたけど、何故か年末から鼻水が止まらず、おまけに外は木枯らしがうなる毎日で、河原に出たのは年が明けて4~5日してから。
d0287978_10350205.jpg
手持ち無沙汰なもんで日頃邪魔くさいヤレをまとめて使えそうなパーツを回収してみたり、作業台の上を整理してみたり・・・。
d0287978_10343771.jpg
何度か処分したのにけっこうな量があるので驚いた。作業台からはこんなのも。
d0287978_10345061.jpg
13ft. 3Pの作り直したバットセクションの裁ち落とし。右が最初で左が 2 本目。最初のは繊維も身の色もきれいで、デモロッドに使うにはもったいないくらいだったけど、微妙に腰が弱くて結局別の材料から削り直した。それが左のやつ。右のはどうやら若いやつらしく、丸の状態の外見はそこそこだったけど、裂いたら少し肉が薄かった。導管も細いが詰んでるからだいじょぶだろうと判断したのが大マチガイ。ま、売り物にするんじゃないからイイかと使ったのがアダとなった。

こんなのも出てきた。
d0287978_10344572.jpg
多分もう 1 本の 13ft. #8/9 のミドルセクションだろう。540gr. のヘッドを弾くだけのパワーがある。

7ft. #3 から始まった竿作りも 10・11・12・13ft. と長くなり、 14ft. まで作れるようになった。両手で振るにしても、1 日使えて距離もそこそこ出せて、取り回しもまぁまぁとなると 12ft. が限界かなと思っていたが、なんのなんの。バランス良く設計できれば 13ft. もけっこうイケるんじゃない? 現在のラインはグラファイトロッドを想定して作られているハズなので、竹竿と相性のいいラインを探すのは大変。じゃ、竿をラインに合わせる? それはそれでまた面白いかも。



[PR]

by kurirod | 2018-01-10 12:27 | その他 | Comments(0)
2018年 01月 01日

年賀

d0287978_19343106.jpg
年末年始ってこんなに慌ただしかったっけ? 会社勤めの最後の2年は、31日まで店の正月の準備をして元旦から出勤。それが原因という訳ではないが、次の年には退社した。定年まで勤めるんだろうな、と思ってたんだけどね・・・ま、今となっては少しだけ懐かしいのかも。

竿屋になってからは自分で何とかしないと誰も助けてくれるわけじゃないので、それなりに気ぜわしくなった。(気持だけだけどね)。大掃除なんて「日付が変わるだけなのに、何でこんな寒い時期にやらにゃイカンのじゃ」と思ってたが、さすがにホコリだらけの工房が情けなく見えたので、少しだけ片付けた。
あちこちに立て掛けてあったヤレをまとめてみたら・・・・。
d0287978_19373531.jpg
最前列の5本がまともな(?)デモロッド。その後ろの一抱え(!)はパーツを回収した残骸。竿の調子はテーパーの取り方で決まるが、これは作ってみないと確認できない。作った時はそれなりに納得しても、暫くしてから引っ張り出してみると気に入らないところがあったりして作り直す。そんな事の繰り返しがこの結果。基礎的な研究には時間とカネがかかるもんだと認識はしてるが・・・・反省することしきり。竿の好みなんて十人十色だから、いくらやってもキリが無いのにね。

いつまで竿屋をやってられるかわからないが、これからもこんな調子でやっていくしかないのだろうと思うワタシなのだった。



[PR]

by kurirod | 2018-01-01 20:19 | その他 | Comments(0)
2017年 11月 09日

本末転倒?

朝晩がめっきり寒くなってきた。
ここ数年どうも天候がヘンな感じで、降れば土砂降り晴れれば砂漠。

今年の夏は、あまりの暑さでバーニッシュのエポキシが言う事をきかなくなった。硬化が早くなるのは便利なんだけど、暑さで緩んで塗ったエポキシがシャブシャブになる。水のようになったエポキシは硬化する過程で平らな部分に集まって丸くなろうとする。すると、せっかく気を遣ってのせた角のところが引っ張られて糸目が出てきちゃう。あまり薄く塗ると緩んだ時にまだらになって悲惨な状態で硬化する。もうバンザイ、お手上げ。硬化する間は天井に設置したモーターで回転させるのだけど、いくらエアコンで室温を下げても焼けた屋根の輻射熱で天井が熱くなって、まるで効果が無い。真夏の屋根は160℃以上になるそうで、その時の天井板は多分50~60℃。いくら何でも暑すぎる。

そうこうしているうちに今度は台風。湿度計は80%あたりで止まったまんま。湿度が高いとエポキシが濁るので、これも困る。やっと天候が落ち着いてきたのはほとんど仕事が片付いた頃。

しかし、うまくしたもので仕事がうまく進まない → 時間に余裕が・・・ → 面白いことだけ考える → ああそうか、と閃く なんていうなりゆきで(ホントか?)、ず~~~っとモヤモヤしていた2ハンドロッドのバットの構造にアイデアが。
善は急げ、思い立ったが吉日、春に下ごしらえしておいた材料を取り崩して実行。3 本ほどムダにして完成! どこをどうしたかはナ・イ・ショ。
d0287978_10213358.jpg
うまくいった方法は長さが違っても応用可能なので、調子に乗って次々と・・・。
「2ハンドロッドというのは両手を使って振り回す竿の総称で、スペイキャストとオーバーヘッドキャストではキャストしやすい調子が違う」らしい。言われた時は はぁ? と思ったが、YouTube で海外発のスペイの動画を見まくったら納得。はじめはどれも同じように見えた動きが、数を重ねるうちに目が肥えてきて、何となくポイントらしきものが見えるようになってくる。ポイントが解れば後はやるだけ。ひたすら練習する。納得できないところは " これは " と思った人にシツコくつきまとって聞く。「師匠」とか「道場」とかいう言葉にはアレルギーがあるので随分遠回りをしたんだと思うが、そういう性分なんだからしょうがない。言われるままに動くのは会社と一緒に辞めたんだから・・・。

最近はもう早く振ってみたい一心で作ってるようなもんで・・・本末転倒!

でも、同じところに通い続けると顔馴染みなんかができてきて、時々こんな事も頼まれたりする。
d0287978_10213895.jpg
コルクグリップの交換。調子が気に入ってるんで使い続けたいんだって・・・断れないよね。
d0287978_10212051.jpg
こんなところ、あるヨ、と教えてもらった河原。夏はBBQの連中で賑やかだけど、キャス練にはうってつけ。行き始めた時からずぅ~っと気になってる岩がある。これ。
d0287978_10212732.jpg
増水で下の方が少し隠れてるけど、この角度から見ると何だかねぇ・・・・・・・。しめ縄掛けて祀ってあってもおかしくないと思う 126.png




[PR]

by kurirod | 2017-11-09 11:48 | その他 | Comments(0)
2017年 03月 14日

思えば遠くに・・・

深谷市内にある工房は、利根川と荒川が近い。ちょっと荒川寄り。
川の規模は利根の方が圧倒的に大きいので「ちょっと河原へ」と行くところは、利根では完全に中流域で荒川だと上流域の下部になる。水質やロケーションの良さは文句なしに荒川。利根は汚いが、それでも鮭やサクラが遡上したりヤマメやニジが居たりする。なので、竿のテストやキャス練は荒川、釣りは利根川と使い分けている。

河原で知り合ったトーナメンターの石材屋さんが「練習するならイイ所があるよ」と玉淀河原をおしえてくれた(いつもは玉淀大橋のあたりで、玉淀河原はその 1km ほど上流)。左岸から投げられるというので何度か探しに行ったのだが見つけられなかった。Yahooの地図検索でも河原に出る道が分からなかったのだが、ゲタ代わりに使っていた 17 歳の軽を新しい中古(ん?)にして最新版のナビを付けたら 1 発で行けた。ここ。
d0287978_11101099.jpg

d0287978_11103544.jpg

d0287978_11105974.jpg

竿を振っていると寄居町役場の軽トラが下りてきて、暫くするとわらわらと車が集まり人が下りてきて河原の清掃を始めた。竿を置いて役場のおっちゃんに話を聞くと、どうやら玉淀ダムができて川が死んでしまったらしい。減水は自然のものではない。
振り返って河原全体を眺めてみると妙なデジャブが・・・。河原に下りる道がどこかで見たような気がする。
d0287978_11291349.jpg

d0287978_11293158.jpg

さらに役場のおっちゃんから話を聞くとデジャブが確かな記憶となって甦った。ここ、来たことある! もともと、この玉淀河原と上流の長瀞は都心に近い行楽地だった。あと多摩川の上流。もう半世紀以上前になるが(!!)新宿区の端に居た頃、夏休みに何度か連れてきてもらってる。道の両脇にある玉石の石積みは、賑やかだった頃軒を連ねていた土産物屋や食事処の痕跡。上の方に見える 3 階建ての四角い建物は、当時は景勝地を見下ろす旅館だった。今は放置されているようだが。
川に向かって突き出た何本かの頑丈な出っ張りは船着き場だ。こんな物でも見つけなきゃ気が付くまでにちょっと時間がかかる。
d0287978_11503043.jpg

よく見れば、はるか対岸にも同じ構造物がいくつか見える。おぼろげな記憶では、夏には都内や近郊から涼を求める人で賑わっていたような・・・・・。今は長瀞だけになっちゃったけど。

川で竿を振ってると漁協が来たりしてメンドーなので、そのへんを役場のおっちゃんに確認すると、川が死んでから漁協も自然消滅したとか。それでも鮎は成魚放流しているので、季節によってはちょっとウルサくなるらしい。清掃作業をしていたかなり年配のおっちゃんの話では、数年前に倅がルアーで 60cm くらいの幅広イワナを上げたんだとか。細々とではあるけれどヤマメの遡上もあるらしい。「鯉とブラックバスなら沢山いるよ」だってさ。

子供の頃、オフクロが作った弁当を持って家族でバスと電車を乗り継ぎ、 2 時間以上かかって川遊びに来てた所が、今は車で 30 分だ。すっかり様子は変わっちゃったけど、ジジーになってまたここで " 川遊び " をするなんて想像もできなかった。玉淀の駅は今でもこじんまりと現役だ。
d0287978_12282740.jpg

[PR]

by kurirod | 2017-03-14 12:28 | その他 | Comments(0)
2016年 10月 31日

便利、か?

ロッドケースが十数年ぶりに復活したので、早速活用することにした。
d0287978_1110198.jpg

工房の玄関先に置いてある2ハンド・デモロッドの収納。今まではタオルケットを縫い合わせたこれ ↓ を使っていた。
長さが足りないので 12’ までのはこれに入れ、13’ と14’ は一緒に立て掛けただけ。で、よく使う竿は出しっ放し。
d0287978_1194585.jpg

ところが、見た目は片付いた感じでイイんだけど案外不便。
見た目ガサッと立て掛けただけの方がず~~っと便利なのだ! キャス練に行く時、連れてく竿を選んで持ってくんだけど、きっちり整理しちゃうと一々蓋を開けて中を覗かなきゃいけない。だらしが無いように見えるけど、あらかじめ使いそうなやつを別にしといて、出がけにこれとこれと・・・って選ぶ方がよっぽど便利。あ、たまにはこいつも、なんて事もあるのにケースに入れちゃうと、当たり前だけど中身が見えないのでそういうことができない。結果、河原に出てから、あれも持ってくれば良かったなんてことが増えたような気がする。
整理整頓された印象があってイイんだけど・・・戻そうかなぁ・・・。
[PR]

by kurirod | 2016-10-31 11:37 | その他 | Comments(0)
2016年 10月 18日

復活!

こいつを買ったのはずいぶん前になる(10年以上)。長さを調節してロックできるようになっているのだが、ロックの部分がプラスチックで常にテンションがかかっている状態なので、倒れると簡単に壊れた。
d0287978_17113253.jpg

何回か展示会に持って行ったのだけど、一応長さを固定できるようにはして工房での保管用になった。
d0287978_1716059.jpg

d0287978_17183613.jpg

自分で言うのもナンだけど、よくやったよなぁ・・・こんなこと。

最近になって誰かがシェアした FB の記事で、数量限定だけどパーツの別売りをしているのを知った。迷わず購入。パーツは頭とケツとロック機構の部分のセットなんだけど、使うのはロック機構の部分だけ。作業は簡単。交換する部分を切り落として、新しいやつをかぶせて接着するだけ。たった5分の作業で十数年ぶりに生き返った。しかし、何で今頃? 廃盤になって何年も経っているのに。

とまれ、完全に機能を回復できたので、今度は2ハンドのデモロッドでも入れようか。スプライスやフェルールのやつ、けっこう作っちゃったのよね・・・・。
[PR]

by kurirod | 2016-10-18 17:34 | その他 | Comments(2)
2016年 10月 09日

新規開拓

深谷に引っ越してきて 25 年ほどになる。東に荒川、北に利根川が流れ、利根川より少し近い荒川にはちょくちょく出かけた。当時は河原まで車を乗り入れられたので(今はダメ)、子供達が小学校低学年の頃には散歩や雑魚釣りに連れ出したり、元気だった両親を呼んでBBQをしたりしたものだ。

子供達が成長するにつれ荒川からは遠ざかり、休日にはオヤジだけが神流川の上野村に出かけるようになった。しかし、これもダム建設が始まるまで。山間の上空にパレットを下げたヘリが飛ぶようになるとウンザリ。ダムが完成すると、けっこうなサイズのヤマメが釣れた渓はほとんどがダメになり、上野村界隈は工事車両のため道路が整備され、ダムの補助金で色々な施設ができ始めてだんだん足が遠のいていった。

次に行くようになった川は利根川。隣町の熊谷でショップを見つけ、時々行くようになってポイントやら河原への下り口やらをおしえてもらってから。会社を早期退職し、竿屋になって数年が経っていた。
ちょうど 2 ハンドロッドに手を出した頃。あ~れ~か~ら~十ウン年!(きみまろ風に)。紆余曲折の末、何となく定番の練習場になったのが荒川と利根川の河原なんだけど、惜しいことにどちらも右岸。どこかにイイ左岸はないものか、と走り回って見つけたのがここ。
d0287978_11383739.jpg

d0287978_11385810.jpg

道路から河原へはコンクリートのスロープがついているが、下りるとすぐに草叢。今年の記録的な台風のせいで、雨が流れたところが車が通れるくらいの踏み跡のようになっている。しかし、本流に近づくにつれ溝が深くなってアウト。水辺までは 30m ほど。渇水になるとあと 10m くらいは遠くなりそう。
d0287978_11542921.jpg

テスト用や練習用の竿・リールはできるだけコンパクトにまとめて担がないと・・・・。

ここに下りたのは今回が初めてだけど、土曜だというのに半日居て見た人は 3 人。ロケーションは言う事無いけど、今まで行ってたところから 15 分ほど遠くなる。どうなることやら・・・。
[PR]

by kurirod | 2016-10-09 12:02 | その他 | Comments(0)
2016年 05月 03日

熱出そう

9年ほど使ってた PC が、いよいよ危なくなってきた。何かにつけてサポートを頼んでる若者に話したら、普通は5~6年もてばイイ方なのに9年は使い過ぎでしょ、と言われた。
そんなこと言ったって、まだフツーに使えるんだから・・・。ま、ぼちぼち兆候は出てたんだけどね。

6~7年目くらいに起動したときのファンの音が大きくなった。これは CPU と放熱板の間に入ってるグリスが劣化したからだということで、グリスを交換して解決。その次には電源が入らなくなった。電源関係は劣化が早いらしい。近所のPCショップにかついで行って診断してもらったら買い替え時だと。でも、起動してしまえば、あとは何の支障もないのだからと食い下がったら裏ワザをおしえてくれた。が、正しい対処の仕方ではないので、やるならご自分でどーぞ、だって。しょうがないから自分でやった。その後は順調。

その時はさすがに買い替えを考えたが、何事もなく使えるようになったのでズルズルと・・・・。のど元過ぎれば ── というやつ。しかし、昨年あたりから異変が。まず Outlook のメールの仕分けができなくなって、少しだけ不便になった。しばらくすると、今度は動画サイトがおかしくなった。いきなり音が出なくなり、そのうちエラーメッセージが表示されて動画が見れなくなった。Outlook では「削除済みアイテム」や「迷惑メール」フォルダを空にするとケースの中で警告音が鳴るようになった。前述の若者に話したら、とうとうマザボが限界らしい。やれやれ・・・・。
d0287978_10183239.jpg

そんな訳でとうとう買い替えた。イテテッテの大出費!

使い慣れた Vista から、いきなり Win.10 を使うハメになった。クラウドが当たり前になっちゃったもんだから、PC の環境が全く変わってて、モロ浦島太郎状態。32 ビットが 64 ビットになったり、当たり前に使ってたアプリが無くなっちゃったり、サーバーのアクセスを設定し直したり・・・・。

引っ越しはまだ半分も終わってない。熱出そうだぃっ!
[PR]

by kurirod | 2016-05-03 10:46 | その他 | Comments(2)
2016年 04月 19日

春!

ナニやら慌ただしくしているうちに、工房のスズランが芽を吹いた。
坊主頭の伸び始めみたいに枯葉の下からツンツンしてきたのを見つけたのは、まだ朝晩が寒い頃だった。
これからが伸びるの早いんだよなと思ったのだが、気がついたらもうこんな。
d0287978_9484391.jpg

去年の実が干乾びて残ってる・・・・世代交代?
工房には群れが二個所あるが、一つは午前中しか陽が当たらず、もう一つは午後しか当たらない。
午後組の方が成長が早い。正直なもんダ。
d0287978_955410.jpg

午前組はやっと蕾が付き始めたくらいなのに、午後組の方はもう咲き始めている。

書いていてちょっと教訓めいた事が浮かんだが、ジジーが人生の先輩ぶって言いそうな事だと気がついたので止めとく。
世間で何があっても、個人的にどんな状況でも、毎年判で押したようにちゃんと咲いてくれるのが単純に嬉しい(やっぱりジジーか・・・あはは)。
[PR]

by kurirod | 2016-04-19 10:07 | その他 | Comments(0)