人気ブログランキング |

竿屋の独白

kurirod.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:その他( 60 )


2019年 05月 16日

邪魔なのよね・・・

シングルにしても2ハンドにしても、商品として出せると判断したモデルは必ずデモロッドを用意しておく事にしている。

な~んて言うと、ナニやら恰好よさげだけど、実は竿の調子を言葉で説明するのは至難の業、不可能に近いと思ってる。
ならば同じモデルをもう1本作っておけば説明するのに言葉は要らない。ハイって渡せばそれで済む。

工房を立ち上げた時にはシングルハンド2ピースのデモロッドが 30 本くらいになった。でも、そのなかで動きがいいのは数モデルに集中していて、中には作ったけど一度もよばれないなんてやつも・・・。
ちょうどテーパーについて「これでイイのかなぁ」なんて思い始めたこともあって、全部アウトレットで処分した。今は 7ft. 前後が数本あるだけ。

そのあと2ハンドモデルにハマって試作品が山になった。おりしも 30 本ほどのトンキンケーンをいただいたりなんかしたものだから、材料の心配をしなくて済んだ。多分ほとんどを試作に使ったと思う。勿体ないと言えばかなり勿体ないハナシだけど。

で、これらの試作はダメ出ししたのはどんどん壊してフェルールやガイドを使い回した。そのうち何とか満足できるものが作れるようになると、デモロッドがたまるようになった。だけど・・・こっちの考え方や色んなスキルも上がってくるわけで・・・。そうなると、作った時はベストだと思ってたものが気に喰わなくなってきて、テーパーを少しいじって作り直す。
d0287978_18165845.jpg
そうやってたまってきたデモロッドを工房の玄関先に何となく置いといた。だんだん数が増えてくると、おとなしく立てかかっててくれなくなる。ズルズル滑って2階に上がったり下りたりする度に立て掛け直す。邪魔なのよぉ~スッゴク。

初期の頃削ったやつは何度もテーパーを組み立てなおし、それでもイマイチの結果だったりするのがほとんどで、廃棄処分がツライ。が、それなりの結果は出てるみたい、これ!
d0287978_18170119.jpg
整理して並べてみた。9ft.~14ft. まで 16 本あった。もしかしたらシングルのやつより多いかも・・・・。
d0287978_18170561.jpg
これはスプライスジョイントのモデル。スペイキャストよりオーバーヘッドキャストの方が向いている頃のやつだけど、デキは悪くない。要はトップとバットの強さのバランスなんだけど、どこをどうすればイイのかハッキリしてるやつ。
d0287978_18170879.jpg
こんなサックまで作っちゃって・・・・ボツにはできないなぁ 137.png

デキのいい竹竿には難問が絡んでくる「何番の竿?」っていう質問。昔、パウウェルのグラスロッドで#3/4/5/6 とかいう番手指定の竿があった。キャストの仕方でそのくらい対応できちゃうということらしい。今更だけど、パウウェル爺さんの気持ちが分かるような気がする。

ローテクだけど、釣りに使うのなら充分に楽しめる 材料だと思う、竹は。
何よりも、どこをどうしたいという調整が自分でできてしまう、とういのが魅力だ 104.png

デモロッドはいつでも振れますので興味のある方は工房までご連絡下さい。
TEL:048-551-6350    E-mail:kurirod@topaz.ocn.ne.jp






by kurirod | 2019-05-16 19:46 | その他 | Comments(0)
2019年 05月 10日

チコちゃんに叱られる・・・かも

ボーッとしてる間に1カ月ほどが過ぎたらしい。

不思議なことに何かをしようという気がまったく起きない。
どうやら昨年暮れから今年始めにかけて、足掛け10年ほど熱が入っていた2ハンドロッドの構造のアレコレが、魔法でもかかったみたいにスルスルと解決した(と思える)せいのようだ。

トップから始まってミドル、バットと疑問を解決してきたつもりだったのが、バットの構造が納得できなくて試作三昧をしてた時にふと思いついて、自分なりに組み立てていたリクツを丸ごと再検討して試作をし直したら、これがどうやら正解!

試作をしながらYouTubeでイアン・ゴードン、サイモン・ゴースワース、スコット・マッケンジーなどがスペイキャストのレクチャーしている動画を探して何回も見直し、自分なりに解釈して荒川や利根川で練習。時々高崎あたりまで出張って人のキャスティングを観察。こんな事もナンだカンだと足掛け10年ほど・・・冷静になればどれだけ馬鹿よと思えるんだけど、熱が下がらないんだからしょーがないよね・・・・。自分なりに理解して、そのリクツにのっとった竹の2ハンドロッドを作りたい、という熱。

その熱が今年3月頃スルスルと下がった。12ft.3P の最終版を組んでた時。なかなか思い通りにならなかった色んな事がスンナリつながって、あ、そういう事なんだと腑に落ちた。下がったと同時に、だったらシングルハンドの調子もこんな風にできないものか?という気が起きたんだけど、いかんせんもう息切れ。
でも何故かこの考え方は間違ってない、という根拠の無い自信みたいな気持ちがコツンとあって・・・ただ、今まで作ってきたシングルハンドの量を思うと、そう簡単に次の一歩が踏み出せないでいる。

最近は風の様子を見ながら利根川もう出。ちゃんとフライを結んでね! まともにキャストができるようになってくると、ウィンドノットやクラッカーなんてのがウソみたいに少なくなるからね。
d0287978_20144497.jpg

ところがさ、ここ 3~4 年の異常気象で川の様子が激変。いい時間になってもライズが無い。いい時間になってもヒゲナガが飛ばない。以前は体中にまとわりついて襟の中まで入ったりして大騒ぎだったのに・・・。ほとんどみんな流された、魚と一緒に。
d0287978_20145005.jpg


こんな時間になってもせいぜい 5~6 匹くらいしか見かけない。川虫もほとんどいないんだから当たり前といえば当たり前なんだけど・・・・。魚はまったくいなくなった訳でもなく、週の半分以上は朝の仕事前とか仕事後のマズメ時に通ってる人には釣れているらしい、数は極端に少なくなったようだけど・・・。ま、川を知ってるヒトの勝ちだよね。

昨今はデキのいい 12ft.3P と 13ft.3P を持って行く。当然フライは付けるんだけど、イメージ先行で巻いてみたやつで、これに魚が反応するかどうかなんてほとんど考えていない 128.png

これとか
d0287978_20141946.jpg
d0287978_20142933.jpg
d0287978_20210741.jpg
こんなんとか
d0287978_20140878.jpg
d0287978_20141166.jpg
d0287978_20141510.jpg
できるだけ安い材料でたくさん作れるヤツ。

はて、どうなることやら 105.png







by kurirod | 2019-05-10 22:01 | その他 | Comments(0)
2019年 01月 02日

明けまして・・・

d0287978_15255065.jpg
時の流れを無視して、あーでもないこーでもないとやっていたらアッという間に1年が過ぎました。

ホームページもいじり直して更新しなければ、と思いつつもそのまんま・・・。
シングルハンドの竿だって作ってますよ! と思ってはいるものの声にはならず・・・。

居心地のイイ工房に閉じ籠って好きな事やってる間にまわりの状況はとんどん変わり(そのくらいは解ってるつもり)、気が付けばまるで世捨て人(笑)。

そんなこんなの竹竿屋ですが、今年もよろしくお願いいたします。




by kurirod | 2019-01-02 16:30 | その他 | Comments(0)
2018年 11月 29日

針仕事

今年の夏に e-bay の日本語版を見てたらけっこうな出物を見つけた。HARDY の UNIQUA 3 1/2” 。
刻印の入り方や仕上げの塗装から推測すると、多分 1900 年代の前半だと思う。人気の PERFECT とくらべると、うんと安い。
で、思わずポチった。フトコロ具合も考えずに・・・・144.png   こいつ。
d0287978_19064122.jpg
d0287978_19064485.jpg
写真から判断するとどうやらロングフットらしいが、それにしても本体と比較して長さが??
10 年くらい前に入手したロングフットは 90㎜ だからこんなバランスにはならないハズ。もしかしてそのまま使えるかも、なんて虫のいいことを考えてたらナンと 75㎜ だった。最悪は 66㎜ まで削ってしまおうと腹を決めてたのだけど、幅を測ったらこれまたナンと 16㎜ 。2 ハンドに付けてるリールシートは最大でも 14㎜ 幅までなので、すぐに削るのをあきらめた。
どっちにしても脚を作り直さないと、そのまま使えるのは 14ft.#9/10 しかないので以前ネットで見つけたヒトに製造交換を依頼することにした。こんな事するのは初めてだけど、せっかく今まできれいな状態で保存されてきたものなので、できるだけオリジナルの雰囲気を壊したくなかったのよネ。

話はとぶけど、あんなに暑かった夏はどこ行ったというくらい涼しくなってきて、夏用のパジャマを替えようかとタンスの抽斗を漁ってたら、多分 15 年くらい前に買って、ズボンが前開きじゃなかったので一度着ただけでそのままになっていたネルのパジャマを発見。すぐにリールポーチを作ろう!と思いついた。内張りにはハムスターに穴だらけにされたフリースを使って。
d0287978_19061017.jpg
こんなに作るつもりは無かった。以前 2 個作った経験があるので、今回は楽勝だろうとタカをくくってたらとんでもないことになって、終わってみたら満足のいくヤツを一つ作るのに、細かい部分の試行錯誤でこんなになった 106.png

おもな原因はフリースの厚さ。家庭用のミシンじゃニット用の太目の針じゃないと縫えないし、送っていく間にズレる。口のところなんかフリースにネル 3 枚の重ね縫いになるからデニム用の針じゃないと通らない! ネルの柄に合わせて平行に縫ってるつもりでも、終わってみると平行じゃない! しまいにはフリースをしつけ縫いしてなんとか捩じ伏せた。UNIQUA が戻ってきたらこいつに入れよう・・・・。
d0287978_19060701.jpg
いやはや・・・目はショボショボ、肩はコリコリ、頭はボ~~っとしてえらい目に合った。竿作る方がよっぽど楽だ 103.png

 


by kurirod | 2018-11-29 20:41 | その他 | Comments(0)
2018年 06月 25日

不運

このところ、どうも色んな事のタイミングが悪い。
たまには釣りでも・・・と川に行けば大減水。石をひっくり返しても虫がいない。

11ft.#6/7 のオーダーをいただいたので、すぐにフェルールとメノウガイドを発注したのだが、その後内容が変更。しょうがないので改めて注文の出し直し。ところがアメリカの注文先は 2 週間の夏休み!
d0287978_18521328.jpg
最初の注文は 1 週間後に届いたけど、この中で使えるのはメノウガイドだけ。
d0287978_18520834.jpg
製作は仮組みの状態であえなくストップ。相手が休みじゃ打つ手が無い。無いけど 2 週間ボ~っとしてる訳にもいかないので下ごしらえを始めた。ちょうどストックも少なくなってきたし・・・・。

比較的素性の良さそうな竹を選んだつもりだったけど、割いてみたらそれほどでも無かった 119.png
こんなのは可愛いほう。
d0287978_18522110.jpg
中にはこんなヤツもいたりして・・・。
d0287978_18521727.jpg
この工程はいつまで経っても好きになれない。曲がった竹と格闘するようなもので、あの手この手で曲がりや捻れををねじ伏せとかないと、後の工程で手こずる事になる。気を引き締めてかからないといけないので結構疲れる。

厭々で次の予定も無いからモチベーションも上がらず、2~3 本やっては一服するもんだからなかなかはかどらない。
どうも最近ツイてないなぁ。








by kurirod | 2018-06-25 19:57 | その他 | Comments(0)
2018年 06月 11日

老人力

こないだご無沙汰しているショップから問い合わせがあった。11’ で#6 くらいのデモロッドがあったらちょっと貸してと言う。願ってもない事なので二つ返事でお貸しした。該当するデモロッドは 3 本ある。

で、1 週刊後に返ってきたんだけど「これ作ってちょーだい、2 ティップでね!」と言われたのが、一番てこずって何とかまとめ上げたやつ。元は 4~5 年前に組んだもので、3 年前に引っ張り出していじり倒したやつ。勿論デキは一番イイ。

気を良くしてデータを探し始めたけど見つからない。そもそも 3 年前の記憶が無い!! データに記入しておいた日付で 3 年前だってわかったくらい。しょうがないので戻ってきたデモロッドを実測して、一番近い数字のものを使うことにしたが、そういう数字が見当たらない 149.png

なんとか探し出したのが 5 インチごとの実測値。ナンとピッタリ‼ 
そこでやっと思い出す。何度削り直しても思い通りにならないので、ヤレの中から使えそうなやつを選び、調子を見ながらシェイプしてやっとまとめたのだった。なのでデータとしてはきれいなカタチでは残っていない。日付もメモも添付しなかったので、見つけた時は「なんだこれ。エラく細かい実測値だけど・・・」くらいだった。完成した時はうれしいよりほっとした気持ちの方が強くて、とりあえず実測しておいて後で整理しようと思ったのを朧気ながら思い出した。
d0287978_19440133.jpg
まだきれいな数字に整理する作業は残っているが、とりあえず胸をなでおろした。せっかく声をかけてもらってデモロッドまで渡しといて「データが見つからないので同じのできません」なんて誰が言える?

最近固有名詞がなかなか出てこなかったり、的確な単語が出てこなかったりする事が多くなって・・・どんどん老人力が付いてくる。だいぶ前からデータには日付を入れるようにしてるんだけど、メモも付けるようにしないとダメかも。

手先のスキルは間違いなく上がっているが、脳ミソの方はどうやら逆に進行しているらしい、嗚呼・・・・・。



by kurirod | 2018-06-11 20:49 | その他 | Comments(0)
2018年 01月 26日

さ・む・いっ!

53 年ぶりの寒波だとか。
工房の暖房には業務用の石油ストーブを使ってる。もう 10 年選手で、さすがにこないだ様子がおかしくなった。この寒いのにカンベンしてくれ~、となかば諦めたが、もしやと思い分解掃除。分解といってもビスを 4 つ外して上部を外し、温度センサーやら火力の制御回路やらが組み込まれた基盤を剥き出しにして、まずはエアーで 10 年分のホコリを吹き、それからパーツクリーナーで洗浄。どうやらジェネレーターあたりがあやしいのだが、余計な事してホントに壊しちゃったら目も当てられないからそこまで。ジャブジャブのクリーナー液が飛ぶのを待って外した上部を戻し、祈るような気持ちでスイッチオン! 無事に点火。胸をなでおろした。
d0287978_18333703.jpg
このストーブ、火力が強くて真冬には頼りになるのだが、難点は大飯食らい。18Lのポリタンが 2 日でカラになる。

年末からガイド位置を直していた 12ft. (スプライス・ジョイント×2、フェルール×2)と 13ft. (フェルール×2)がやっと仕上がって、そろそろ試投したいと思ってたやさきにこの寒波。築 40 年以上のボロ家工房は毎朝冷蔵庫と化し、午前中はストーブとエアコンで温まるのをひたすら待つ始末。

今日も温まりきらないうちに最後の 1 本の塗りを済ませ、穏やかそうだから河原に行くかと考えてたら風がうなり始めた。作業場の室温はやっと 20 度まで上がったのに足元は冷たい。どうせ寒いなら行くか。風の様子を見てダメなら帰ろう、と出かけた。
d0287978_18332184.jpg
ここは山間部と平野部の境目。ここから上は上流部で下は中流部となる。風は断続的に強くなるようで、けっこう間がある。これならイケそうと振り始めたのだが、強くなった時の風がハンパじゃない。460gr. のスカンジヘッドが着水する前に足元まで吹き戻された(爆笑)。しからば、と手持ちの一番重いヤツ(540gr.)を試してみたが勝てず。
d0287978_18332696.jpg
風が弱くなった隙に、とにかく結果を確認したかったヤツを、鼻を拭きふきなんとか振り切ったところで陽が山陰に。まだ充分明るいが、陽が陰ると途端に気温が下がるので早々に撤収開始。
d0287978_18333260.jpg
案の定。水溜りに氷はなかったんだけどねぇ・・・・。




by kurirod | 2018-01-26 20:41 | その他 | Comments(0)
2018年 01月 10日

新年?

年が変わった。もう随分前から正月なんて気分は無い。

チョンマゲの時代には老いも若きも男も女も、大晦日に生まれた赤ん坊までいっせいに歳をとり、年神様を迎えてそれなりにめでたかった正月なんだろうけど・・・。気が付けば色々と面倒くさいのが先にたち、めでたいよりも鬱陶しい。

TVでは年末だ年始だと煽り立て、世間は忙しなく落ち着かず、家人はそれぞれ出かけて独身に戻る。家に居ても落ち着かないので工房へ。YouTubeでUKの鮭釣りやSpeyCastingに関する動画を見て過ごし、飽きると大掃除モドキをした。河原に行って竿振り三昧などと思ってたけど、何故か年末から鼻水が止まらず、おまけに外は木枯らしがうなる毎日で、河原に出たのは年が明けて4~5日してから。
d0287978_10350205.jpg
手持ち無沙汰なもんで日頃邪魔くさいヤレをまとめて使えそうなパーツを回収してみたり、作業台の上を整理してみたり・・・。
d0287978_10343771.jpg
何度か処分したのにけっこうな量があるので驚いた。作業台からはこんなのも。
d0287978_10345061.jpg
13ft. 3Pの作り直したバットセクションの裁ち落とし。右が最初で左が 2 本目。最初のは繊維も身の色もきれいで、デモロッドに使うにはもったいないくらいだったけど、微妙に腰が弱くて結局別の材料から削り直した。それが左のやつ。右のはどうやら若いやつらしく、丸の状態の外見はそこそこだったけど、裂いたら少し肉が薄かった。導管も細いが詰んでるからだいじょぶだろうと判断したのが大マチガイ。ま、売り物にするんじゃないからイイかと使ったのがアダとなった。

こんなのも出てきた。
d0287978_10344572.jpg
多分もう 1 本の 13ft. #8/9 のミドルセクションだろう。540gr. のヘッドを弾くだけのパワーがある。

7ft. #3 から始まった竿作りも 10・11・12・13ft. と長くなり、 14ft. まで作れるようになった。両手で振るにしても、1 日使えて距離もそこそこ出せて、取り回しもまぁまぁとなると 12ft. が限界かなと思っていたが、なんのなんの。バランス良く設計できれば 13ft. もけっこうイケるんじゃない? 現在のラインはグラファイトロッドを想定して作られているハズなので、竹竿と相性のいいラインを探すのは大変。じゃ、竿をラインに合わせる? それはそれでまた面白いかも。




by kurirod | 2018-01-10 12:27 | その他 | Comments(0)
2018年 01月 01日

年賀

d0287978_19343106.jpg
年末年始ってこんなに慌ただしかったっけ? 会社勤めの最後の2年は、31日まで店の正月の準備をして元旦から出勤。それが原因という訳ではないが、次の年には退社した。定年まで勤めるんだろうな、と思ってたんだけどね・・・ま、今となっては少しだけ懐かしいのかも。

竿屋になってからは自分で何とかしないと誰も助けてくれるわけじゃないので、それなりに気ぜわしくなった。(気持だけだけどね)。大掃除なんて「日付が変わるだけなのに、何でこんな寒い時期にやらにゃイカンのじゃ」と思ってたが、さすがにホコリだらけの工房が情けなく見えたので、少しだけ片付けた。
あちこちに立て掛けてあったヤレをまとめてみたら・・・・。
d0287978_19373531.jpg
最前列の5本がまともな(?)デモロッド。その後ろの一抱え(!)はパーツを回収した残骸。竿の調子はテーパーの取り方で決まるが、これは作ってみないと確認できない。作った時はそれなりに納得しても、暫くしてから引っ張り出してみると気に入らないところがあったりして作り直す。そんな事の繰り返しがこの結果。基礎的な研究には時間とカネがかかるもんだと認識はしてるが・・・・反省することしきり。竿の好みなんて十人十色だから、いくらやってもキリが無いのにね。

いつまで竿屋をやってられるかわからないが、これからもこんな調子でやっていくしかないのだろうと思うワタシなのだった。




by kurirod | 2018-01-01 20:19 | その他 | Comments(0)
2017年 11月 09日

本末転倒?

朝晩がめっきり寒くなってきた。
ここ数年どうも天候がヘンな感じで、降れば土砂降り晴れれば砂漠。

今年の夏は、あまりの暑さでバーニッシュのエポキシが言う事をきかなくなった。硬化が早くなるのは便利なんだけど、暑さで緩んで塗ったエポキシがシャブシャブになる。水のようになったエポキシは硬化する過程で平らな部分に集まって丸くなろうとする。すると、せっかく気を遣ってのせた角のところが引っ張られて糸目が出てきちゃう。あまり薄く塗ると緩んだ時にまだらになって悲惨な状態で硬化する。もうバンザイ、お手上げ。硬化する間は天井に設置したモーターで回転させるのだけど、いくらエアコンで室温を下げても焼けた屋根の輻射熱で天井が熱くなって、まるで効果が無い。真夏の屋根は160℃以上になるそうで、その時の天井板は多分50~60℃。いくら何でも暑すぎる。

そうこうしているうちに今度は台風。湿度計は80%あたりで止まったまんま。湿度が高いとエポキシが濁るので、これも困る。やっと天候が落ち着いてきたのはほとんど仕事が片付いた頃。

しかし、うまくしたもので仕事がうまく進まない → 時間に余裕が・・・ → 面白いことだけ考える → ああそうか、と閃く なんていうなりゆきで(ホントか?)、ず~~~っとモヤモヤしていた2ハンドロッドのバットの構造にアイデアが。
善は急げ、思い立ったが吉日、春に下ごしらえしておいた材料を取り崩して実行。3 本ほどムダにして完成! どこをどうしたかはナ・イ・ショ。
d0287978_10213358.jpg
うまくいった方法は長さが違っても応用可能なので、調子に乗って次々と・・・。
「2ハンドロッドというのは両手を使って振り回す竿の総称で、スペイキャストとオーバーヘッドキャストではキャストしやすい調子が違う」らしい。言われた時は はぁ? と思ったが、YouTube で海外発のスペイの動画を見まくったら納得。はじめはどれも同じように見えた動きが、数を重ねるうちに目が肥えてきて、何となくポイントらしきものが見えるようになってくる。ポイントが解れば後はやるだけ。ひたすら練習する。納得できないところは " これは " と思った人にシツコくつきまとって聞く。「師匠」とか「道場」とかいう言葉にはアレルギーがあるので随分遠回りをしたんだと思うが、そういう性分なんだからしょうがない。言われるままに動くのは会社と一緒に辞めたんだから・・・。

最近はもう早く振ってみたい一心で作ってるようなもんで・・・本末転倒!

でも、同じところに通い続けると顔馴染みなんかができてきて、時々こんな事も頼まれたりする。
d0287978_10213895.jpg
コルクグリップの交換。調子が気に入ってるんで使い続けたいんだって・・・断れないよね。
d0287978_10212051.jpg
こんなところ、あるヨ、と教えてもらった河原。夏はBBQの連中で賑やかだけど、キャス練にはうってつけ。行き始めた時からずぅ~っと気になってる岩がある。これ。
d0287978_10212732.jpg
増水で下の方が少し隠れてるけど、この角度から見ると何だかねぇ・・・・・・・。しめ縄掛けて祀ってあってもおかしくないと思う 126.png





by kurirod | 2017-11-09 11:48 | その他 | Comments(0)