竿屋の独白

kurirod.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2018年 01月 26日

さ・む・いっ!

53 年ぶりの寒波だとか。
工房の暖房には業務用の石油ストーブを使ってる。もう 10 年選手で、さすがにこないだ様子がおかしくなった。この寒いのにカンベンしてくれ~、となかば諦めたが、もしやと思い分解掃除。分解といってもビスを 4 つ外して上部を外し、温度センサーやら火力の制御回路やらが組み込まれた基盤を剥き出しにして、まずはエアーで 10 年分のホコリを吹き、それからパーツクリーナーで洗浄。どうやらジェネレーターあたりがあやしいのだが、余計な事してホントに壊しちゃったら目も当てられないからそこまで。ジャブジャブのクリーナー液が飛ぶのを待って外した上部を戻し、祈るような気持ちでスイッチオン! 無事に点火。胸をなでおろした。
d0287978_18333703.jpg
このストーブ、火力が強くて真冬には頼りになるのだが、難点は大飯食らい。18Lのポリタンが 2 日でカラになる。

年末からガイド位置を直していた 12ft. (スプライス・ジョイント×2、フェルール×2)と 13ft. (フェルール×2)がやっと仕上がって、そろそろ試投したいと思ってたやさきにこの寒波。築 40 年以上のボロ家工房は毎朝冷蔵庫と化し、午前中はストーブとエアコンで温まるのをひたすら待つ始末。

今日も温まりきらないうちに最後の 1 本の塗りを済ませ、穏やかそうだから河原に行くかと考えてたら風がうなり始めた。作業場の室温はやっと 20 度まで上がったのに足元は冷たい。どうせ寒いなら行くか。風の様子を見てダメなら帰ろう、と出かけた。
d0287978_18332184.jpg
ここは山間部と平野部の境目。ここから上は上流部で下は中流部となる。風は断続的に強くなるようで、けっこう間がある。これならイケそうと振り始めたのだが、強くなった時の風がハンパじゃない。460gr. のスカンジヘッドが着水する前に足元まで吹き戻された(爆笑)。しからば、と手持ちの一番重いヤツ(540gr.)を試してみたが勝てず。
d0287978_18332696.jpg
風が弱くなった隙に、とにかく結果を確認したかったヤツを、鼻を拭きふきなんとか振り切ったところで陽が山陰に。まだ充分明るいが、陽が陰ると途端に気温が下がるので早々に撤収開始。
d0287978_18333260.jpg
案の定。水溜りに氷はなかったんだけどねぇ・・・・。



[PR]

by kurirod | 2018-01-26 20:41 | その他 | Comments(0)
2018年 01月 10日

新年?

年が変わった。もう随分前から正月なんて気分は無い。

チョンマゲの時代には老いも若きも男も女も、大晦日に生まれた赤ん坊までいっせいに歳をとり、年神様を迎えてそれなりにめでたかった正月なんだろうけど・・・。気が付けば色々と面倒くさいのが先にたち、めでたいよりも鬱陶しい。

TVでは年末だ年始だと煽り立て、世間は忙しなく落ち着かず、家人はそれぞれ出かけて独身に戻る。家に居ても落ち着かないので工房へ。YouTubeでUKの鮭釣りやSpeyCastingに関する動画を見て過ごし、飽きると大掃除モドキをした。河原に行って竿振り三昧などと思ってたけど、何故か年末から鼻水が止まらず、おまけに外は木枯らしがうなる毎日で、河原に出たのは年が明けて4~5日してから。
d0287978_10350205.jpg
手持ち無沙汰なもんで日頃邪魔くさいヤレをまとめて使えそうなパーツを回収してみたり、作業台の上を整理してみたり・・・。
d0287978_10343771.jpg
何度か処分したのにけっこうな量があるので驚いた。作業台からはこんなのも。
d0287978_10345061.jpg
13ft. 3Pの作り直したバットセクションの裁ち落とし。右が最初で左が 2 本目。最初のは繊維も身の色もきれいで、デモロッドに使うにはもったいないくらいだったけど、微妙に腰が弱くて結局別の材料から削り直した。それが左のやつ。右のはどうやら若いやつらしく、丸の状態の外見はそこそこだったけど、裂いたら少し肉が薄かった。導管も細いが詰んでるからだいじょぶだろうと判断したのが大マチガイ。ま、売り物にするんじゃないからイイかと使ったのがアダとなった。

こんなのも出てきた。
d0287978_10344572.jpg
多分もう 1 本の 13ft. #8/9 のミドルセクションだろう。540gr. のヘッドを弾くだけのパワーがある。

7ft. #3 から始まった竿作りも 10・11・12・13ft. と長くなり、 14ft. まで作れるようになった。両手で振るにしても、1 日使えて距離もそこそこ出せて、取り回しもまぁまぁとなると 12ft. が限界かなと思っていたが、なんのなんの。バランス良く設計できれば 13ft. もけっこうイケるんじゃない? 現在のラインはグラファイトロッドを想定して作られているハズなので、竹竿と相性のいいラインを探すのは大変。じゃ、竿をラインに合わせる? それはそれでまた面白いかも。



[PR]

by kurirod | 2018-01-10 12:27 | その他 | Comments(0)
2018年 01月 01日

年賀

d0287978_19343106.jpg
年末年始ってこんなに慌ただしかったっけ? 会社勤めの最後の2年は、31日まで店の正月の準備をして元旦から出勤。それが原因という訳ではないが、次の年には退社した。定年まで勤めるんだろうな、と思ってたんだけどね・・・ま、今となっては少しだけ懐かしいのかも。

竿屋になってからは自分で何とかしないと誰も助けてくれるわけじゃないので、それなりに気ぜわしくなった。(気持だけだけどね)。大掃除なんて「日付が変わるだけなのに、何でこんな寒い時期にやらにゃイカンのじゃ」と思ってたが、さすがにホコリだらけの工房が情けなく見えたので、少しだけ片付けた。
あちこちに立て掛けてあったヤレをまとめてみたら・・・・。
d0287978_19373531.jpg
最前列の5本がまともな(?)デモロッド。その後ろの一抱え(!)はパーツを回収した残骸。竿の調子はテーパーの取り方で決まるが、これは作ってみないと確認できない。作った時はそれなりに納得しても、暫くしてから引っ張り出してみると気に入らないところがあったりして作り直す。そんな事の繰り返しがこの結果。基礎的な研究には時間とカネがかかるもんだと認識はしてるが・・・・反省することしきり。竿の好みなんて十人十色だから、いくらやってもキリが無いのにね。

いつまで竿屋をやってられるかわからないが、これからもこんな調子でやっていくしかないのだろうと思うワタシなのだった。



[PR]

by kurirod | 2018-01-01 20:19 | その他 | Comments(0)