竿屋の独白

kurirod.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2018年 11月 13日

今さら?

最近、5~6 年前(多分)にハマってたスプライスジョイントを引っ張り出していじくり回している。
作り散らかしたヤツをかなり整理して、目ぼしいのだけ残しておいた。12ft.3P が 4 本、10ft.3P が 2本、9ft.2P が 1本。

プレーニングフォームでスプライスジョイントを削る時に、フォームにかなり無理をかけてしまうのと色々な計算が面倒なので、ある程度コツというかいわゆる " 押えどころ " が理解できた時点で作るのをやめた。
この時、3P・2 ハンドロッドのトップとミドルのバランスについてはかなり理解できたつもりだったが、バットだけが詰めきれないでいた。
その後、フェルールのモデルで対処法を見つけ出し、やっと3P・2 ハンドロッドのレシピが完成した(とりあえず)。
余談だけど、テーパーのとり方やガイド位置の調整やキャストのし方などの相関関係がおぼろげながら見えてきた今は、ゼロから立ち上げるのもかなり楽になった101.png

で、もしかして、なんて軽く思い付いて引っ張り出してきたのが 12ft.3P 。
d0287978_10082428.jpg
まずは一番最後に作ったヤツを1本。これはバットをかなり強めにしてあるので、どういじっても限界が・・・。それでもかなり良くはなった(と思う)。でもスペイロッドというよりはオーバーヘッドキャスト向き。しからば、ほかのは?
グリップ周りに若干難ありだけど、ガイド位置の調整でかなり修正できそう! シャフトのバランスはかなりイイ。
d0287978_10081382.jpg
最近はスペイキャストもそれなりに上達してるようなので、竿に無理な力がかからなくなってるのかも? あんまり大仕事にしたくないのでグリップはいじらないどこ・・・・144.png

これを作った頃はスペイキャストがままならなくて、だからアクションにもイマイチ自信が持てなくて、おまけにプライベートではやたらにストレスがたまるような状況になっていて(後々振り返ると、どうやら鬱になってたようだ。あ、家庭崩壊じゃないよ! 念のため)・・・・。
そんなこんなで作る竿もちょっと観念的になってたのかも。ちゃんとしたコンセプトが無いものは、竿に限らず説得力に欠ける。が、コンセプトだけでは現実的に使いやすいモノにはならない。アタマだけが先行しても、感覚だけに頼っても、あまりイイ事は無さそうだ。
バランスって大事なのねと思い知らされた出来事なのだった119.png


[PR]

by kurirod | 2018-11-13 13:12 | 竿 | Comments(0)
2018年 11月 06日

イベント予定

業務連絡

毎年立川の昭和記念公園で開催していた「竹のフィッシング・クラフト展」、今年は会場が変わって名前も変えると連絡があった。
こう書くとナンか随分他人事みたいに見えるが、これまでも毎回世話役をしてくれる奇特なご仁がいて、声がかかればこちらは自分のブースの心配だけしてればイイような状態。ありがたい事です。

今までと大きく違うのは、① 試投ができない ② 大っぴらに販売できる という2点。
内容は以下の通り。
d0287978_10261742.jpg
当工房では 2ハンドロッドをメインに 8ft. 前後のシングルハンドを展示予定。即売品はただ今捜索中 106.png
展示品はすべてデモロッドなのでリールをセットしてタワタワするくらいなら問題ありません。
お待ちしています。



[PR]

by kurirod | 2018-11-06 11:11 | イベント | Comments(0)