人気ブログランキング |

竿屋の独白

kurirod.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2019年 01月 21日

10'0" 3P 顚末

昨年の暮れ、Eベイに出展しているショップの中古品を覗いていたら、1900年代初期・中期の竹竿が出ていた。そこそこの数で値段は高くても 60,000 円代。画像で判断するかぎりでは、どれも使えそうな状態。竿はいくらでも作れるので買うつもりは無いんだけど、グリップ周りのデザインで何かヒントにならないかと・・・。

で、気が付いたんだけどリールシートのスペーサーがみんな黒い。元祖プラスチック! 年代から推測するとベークライトかエボナイトのはず。加工性はエボの方がダントツにイイし、当時としてはかなりモダンな素材だったハズなので、ちょっとやってみるか・・・という事になった。
ネットで探してみたけど、今日びエボなんて " 静電棒 " とかいって10ミリ径の実験材料くらいしか出てこない。黒けりゃイイか、と見つけたのが " ポリペンコアセタール " なんて樹脂の丸棒。トボけた名前のわりに吸水性ゼロ、耐摩耗性良好で、歯車の材料に適しているらしい。早速ポチって削ってみた。
d0287978_16292720.jpg
ナルホド、加工性はかなりイイ。が、切り粉が最初から最後まで全部つながって出てくるのであちこちに絡んで、これを取るのが厄介! 自動送りで削り始めたら切り粉を手繰って絡まないようにしたら、1回の切削でこれだけ 135.png
3本削るとこれだけ !!
d0287978_16293223.jpg
サダコか・・・・なんか髪の毛みたいで気持ワリイ。おまけに特性がアダとなって仕上げのペーパーかけやバフ掛けが大変。
何とかやっつけたのがコレ。
d0287978_16282197.jpg
金具はオールアルミの既製品を切って、少し手を加えて使用。悪くないじゃん!と手前ミソ。気を良くしたんだけど、やっぱりリールシートは竿に付いてナンボでしょう。というワケで竿も削ることになった(えっ?)。どうせ削るなら以前組んだエクステンションバット付きの 10ft.3P をエクステンションじゃないカタチで・・・気にはなってたのよ
とりあえずこんなカンジで。
d0287978_16282527.jpg
シガーグリップのやつが前回製作のやつ。アソコが弱い、ココが強過ぎとテーパーを修正しながらの 3 本目(多分)。とても不思議な竿で 330~420gr.(#5~7 相当 )くらいで使いたいと思ってたのが、あれ、まだイケる? え、も少し?とラインを変えていったら結局 540gr. まで背負っちゃった。ま、竹竿ってそんなもんなのかも。
でも 10ft. の長さなので( プラス 4in.=100㎜ だけど )ホントはも少し低番手で使いたい。なのでテーパーはそのままで、全体に 0.1㎜ ( データ上 )落として削った。正解!なんだけど、今度はガイドスペーシングに悩まされた。
d0287978_16283112.jpg
使用時の長さが 4in. 短くなっただけなのに・・・・。
d0287978_16285234.jpg
結局ガイド数は前回が 11 個、今回は 10 個( トップを除く )で落ち着いた。使えるラインは 300~420gr. 。
ま、こんなもんでしょう 116.png  やっと本組み






by kurirod | 2019-01-21 18:42 | 竿 | Comments(0)
2019年 01月 02日

明けまして・・・

d0287978_15255065.jpg
時の流れを無視して、あーでもないこーでもないとやっていたらアッという間に1年が過ぎました。

ホームページもいじり直して更新しなければ、と思いつつもそのまんま・・・。
シングルハンドの竿だって作ってますよ! と思ってはいるものの声にはならず・・・。

居心地のイイ工房に閉じ籠って好きな事やってる間にまわりの状況はとんどん変わり(そのくらいは解ってるつもり)、気が付けばまるで世捨て人(笑)。

そんなこんなの竹竿屋ですが、今年もよろしくお願いいたします。




by kurirod | 2019-01-02 16:30 | その他 | Comments(0)