人気ブログランキング |

竿屋の独白

kurirod.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2019年 05月 16日

邪魔なのよね・・・

シングルにしても2ハンドにしても、商品として出せると判断したモデルは必ずデモロッドを用意しておく事にしている。

な~んて言うと、ナニやら恰好よさげだけど、実は竿の調子を言葉で説明するのは至難の業、不可能に近いと思ってる。
ならば同じモデルをもう1本作っておけば説明するのに言葉は要らない。ハイって渡せばそれで済む。

工房を立ち上げた時にはシングルハンド2ピースのデモロッドが 30 本くらいになった。でも、そのなかで動きがいいのは数モデルに集中していて、中には作ったけど一度もよばれないなんてやつも・・・。
ちょうどテーパーについて「これでイイのかなぁ」なんて思い始めたこともあって、全部アウトレットで処分した。今は 7ft. 前後が数本あるだけ。

そのあと2ハンドモデルにハマって試作品が山になった。おりしも 30 本ほどのトンキンケーンをいただいたりなんかしたものだから、材料の心配をしなくて済んだ。多分ほとんどを試作に使ったと思う。勿体ないと言えばかなり勿体ないハナシだけど。

で、これらの試作はダメ出ししたのはどんどん壊してフェルールやガイドを使い回した。そのうち何とか満足できるものが作れるようになると、デモロッドがたまるようになった。だけど・・・こっちの考え方や色んなスキルも上がってくるわけで・・・。そうなると、作った時はベストだと思ってたものが気に喰わなくなってきて、テーパーを少しいじって作り直す。
d0287978_18165845.jpg
そうやってたまってきたデモロッドを工房の玄関先に何となく置いといた。だんだん数が増えてくると、おとなしく立てかかっててくれなくなる。ズルズル滑って2階に上がったり下りたりする度に立て掛け直す。邪魔なのよぉ~スッゴク。

初期の頃削ったやつは何度もテーパーを組み立てなおし、それでもイマイチの結果だったりするのがほとんどで、廃棄処分がツライ。が、それなりの結果は出てるみたい、これ!
d0287978_18170119.jpg
整理して並べてみた。9ft.~14ft. まで 16 本あった。もしかしたらシングルのやつより多いかも・・・・。
d0287978_18170561.jpg
これはスプライスジョイントのモデル。スペイキャストよりオーバーヘッドキャストの方が向いている頃のやつだけど、デキは悪くない。要はトップとバットの強さのバランスなんだけど、どこをどうすればイイのかハッキリしてるやつ。
d0287978_18170879.jpg
こんなサックまで作っちゃって・・・・ボツにはできないなぁ 137.png

デキのいい竹竿には難問が絡んでくる「何番の竿?」っていう質問。昔、パウウェルのグラスロッドで#3/4/5/6 とかいう番手指定の竿があった。キャストの仕方でそのくらい対応できちゃうということらしい。今更だけど、パウウェル爺さんの気持ちが分かるような気がする。

ローテクだけど、釣りに使うのなら充分に楽しめる 材料だと思う、竹は。
何よりも、どこをどうしたいという調整が自分でできてしまう、とういのが魅力だ 104.png

デモロッドはいつでも振れますので興味のある方は工房までご連絡下さい。
TEL:048-551-6350    E-mail:kurirod@topaz.ocn.ne.jp






by kurirod | 2019-05-16 19:46 | その他 | Comments(0)
2019年 05月 10日

チコちゃんに叱られる・・・かも

ボーッとしてる間に1カ月ほどが過ぎたらしい。

不思議なことに何かをしようという気がまったく起きない。
どうやら昨年暮れから今年始めにかけて、足掛け10年ほど熱が入っていた2ハンドロッドの構造のアレコレが、魔法でもかかったみたいにスルスルと解決した(と思える)せいのようだ。

トップから始まってミドル、バットと疑問を解決してきたつもりだったのが、バットの構造が納得できなくて試作三昧をしてた時にふと思いついて、自分なりに組み立てていたリクツを丸ごと再検討して試作をし直したら、これがどうやら正解!

試作をしながらYouTubeでイアン・ゴードン、サイモン・ゴースワース、スコット・マッケンジーなどがスペイキャストのレクチャーしている動画を探して何回も見直し、自分なりに解釈して荒川や利根川で練習。時々高崎あたりまで出張って人のキャスティングを観察。こんな事もナンだカンだと足掛け10年ほど・・・冷静になればどれだけ馬鹿よと思えるんだけど、熱が下がらないんだからしょーがないよね・・・・。自分なりに理解して、そのリクツにのっとった竹の2ハンドロッドを作りたい、という熱。

その熱が今年3月頃スルスルと下がった。12ft.3P の最終版を組んでた時。なかなか思い通りにならなかった色んな事がスンナリつながって、あ、そういう事なんだと腑に落ちた。下がったと同時に、だったらシングルハンドの調子もこんな風にできないものか?という気が起きたんだけど、いかんせんもう息切れ。
でも何故かこの考え方は間違ってない、という根拠の無い自信みたいな気持ちがコツンとあって・・・ただ、今まで作ってきたシングルハンドの量を思うと、そう簡単に次の一歩が踏み出せないでいる。

最近は風の様子を見ながら利根川もう出。ちゃんとフライを結んでね! まともにキャストができるようになってくると、ウィンドノットやクラッカーなんてのがウソみたいに少なくなるからね。
d0287978_20144497.jpg

ところがさ、ここ 3~4 年の異常気象で川の様子が激変。いい時間になってもライズが無い。いい時間になってもヒゲナガが飛ばない。以前は体中にまとわりついて襟の中まで入ったりして大騒ぎだったのに・・・。ほとんどみんな流された、魚と一緒に。
d0287978_20145005.jpg


こんな時間になってもせいぜい 5~6 匹くらいしか見かけない。川虫もほとんどいないんだから当たり前といえば当たり前なんだけど・・・・。魚はまったくいなくなった訳でもなく、週の半分以上は朝の仕事前とか仕事後のマズメ時に通ってる人には釣れているらしい、数は極端に少なくなったようだけど・・・。ま、川を知ってるヒトの勝ちだよね。

昨今はデキのいい 12ft.3P と 13ft.3P を持って行く。当然フライは付けるんだけど、イメージ先行で巻いてみたやつで、これに魚が反応するかどうかなんてほとんど考えていない 128.png

これとか
d0287978_20141946.jpg
d0287978_20142933.jpg
d0287978_20210741.jpg
こんなんとか
d0287978_20140878.jpg
d0287978_20141166.jpg
d0287978_20141510.jpg
できるだけ安い材料でたくさん作れるヤツ。

はて、どうなることやら 105.png







by kurirod | 2019-05-10 22:01 | その他 | Comments(0)